筋膜リリースに行き詰まりを感じてるのか?!という現象とアプローチ方法への考察の大切さ

最近まで筋膜リリースって言葉が流行り続けていましたね。筋膜リリースはとても良い手技です。でも落とし穴もあるのですよ。

理学療法士さんがとてつもなく増加傾向にあり、その背景とからみ、筋膜リリースも増えたように感じます。理学療法士さんはどちらかというと西洋医学的な勉強がメイン、だから筋骨格系の知識は豊富です。なので、筋肉へのアプローチ療法が上手だったりします。ここに筋膜リリース増加も見受けられます。

しかし、筋膜リリースは効果も高いし痛くなくアプローチできて良い方法なのですが、経絡も盛り込んだ方がもっと効果が出せるのです。手の感覚に自信が無い方も、ツボを学び、筋膜リリースとまぜてやると効果が出やすいです。

足底筋膜のリリーステクニックもそうです。足は24個の骨から出来ている分、ツボや関節も多いので、ただ足底筋膜だけを意識するのはもったいない、リスフラン関節を緩める事、湧泉、失眠、大しょう、三陰交、然谷、水泉のツボへの指の沈み込み具合からも緩んだか考察出来ると良いですね。 

最近まで学びに行っていた筋膜リリースの所から、カッサ学びませんか?というDMが来ました。もちろん、もう私はそこには行きません。だって、筋膜リリースセミナーだって、この筋膜リリースのときに、経絡とベクトル、こういう症例の人にはここを注意してね、という補足があっても良い所の説明が乏しいから、質問しないと教えて貰えません。質問しても、それはこれの次のアドバンスやら上の段階に行かないと教えられないとか、夜のセミナーにも出てくださいとか言われちゃうから、そんな危険意識の低い所にはもう行けません。多くを学ばせて頂き感謝しています。多くの治療家と同じ時を学び共有できた事にも感謝しています。ただ、カッサは本当に腑に落ちないので。離れる決断をしました。

技も、道具も使い方や使う人次第では人を活かしも殺しもしてしまうのです。カッサは使い方を謝るとナックルをはめて整体をしているような物です。

整体での指導で、体重を名一杯かけろとか、自分の指が壊れてからが本物だと言われた事がありますが、私は自称まともな人間なので、そんな事は信じられません。

暴力やケンカは人を傷付けると同時に自分も、痛いです。強い力で殴った人の手や指はあざがありますね。殴られた人は殴られた場所に出血がある。でも、ナックルをはめて殴ったら、自分は痛くなくても相手はめちゃくちゃ痛いです。

私はホットストーンは寒い季節には提供します。でもカッサの様に入れ込んだりする使い方はしません。そして、カッサは温めても作りがホットストーンより薄いので、すぐに冷めてしまいます。逆に冷たくて私はお風呂の中や夏なら自分に使う事はあるけれど、お客様の施術には使いません。

これはカッサを父に使った時に頚椎症のシビレが翌日により酷くなったという反省点もあるからです。

カッサは気をつけないと、やった後や瞬間は楽になった気がしても、後で危険な事もあるのです。好転反応という言葉で誤魔化しては行けない現象です。頻繁に死ぬまでカッサをやり続けたいですか?なら、カッサを歯磨きをする様に日常習慣に取り入れて見てください。でも、辞めた途端に前より悪くなる傾向も出やすいですよ。

針、お灸、カッサは頻繁にやり続け無ければいけない手法である事を過去データや王朝時代の文献等からひも説いてください。

ツボの、位置は0.5mmのズレで効果も、持続性も変わるのですよ。針ほどピンポイントに狙えるものは当たれば最強ですが、外れれば毛穴と皮膚細胞を傷つけ、老化を促進するだけです。

どうかご自愛下さいませ。

台風19号からのメッセージ

こんな日に、不謹慎かも知れませんが、きょうは久々にチャネリングしてしまったので、メッセージをお伝えします。

最初に申し上げます、私は整体師であり、スピリチュアルで金儲けする気は全くないので勘違いはしないで下さい。

ただ時々チャネリングが来るだけです。

台風さんからのメッセージ

人はみな、目に見えるものばかりに追われている。

善悪はなく全てはただの出来事。

私たちにも意思があり動いているだけ。

人を傷つけたいのではない
気が付いてほしいだけだ

神、天使、など天空の存在に姿や形はない、人間が作り出した幻想にまどわされないでよい。

台風を否定するなら神や天を否定しているのと同じ。
あなたたちが表している姿はあなたちの想像でしかない。全て粒子でしかない。

あなた達が望んでいることが目の前に現れているだけ。
どうか気が付いてください。
あなたたちの表層でのイメージや思い込みが解除されなければ
どんどんと解除するために破壊が起こるだけ
破壊から修復しても、うわべだけの修復ならまた破壊が来る
本質に気が付いてほしいだけ
守りは本当の守りには繋がらない
手放してこそ真に大切なものが守られる
あなたが守ろうとしないでも、大切なものはすべて守られている。
全ては天界の守護のなかにある。
自分がもっている多くのギフトに気が付いていますか
何があっても盤石な愛の土台があなた方にはありますか

守りが必要な時は求め過ぎずとも必ず守ります。

あなた達が求めた事を私達は引き出し、おこすのです。

大きな力は大きな集合意識により生み出される。どうか恐れないでください。

そんな感じのメッセージでした。

自分なりに解釈したら
天使や神の姿が見えるとかいう人を信じてしまうところが自分にもあるけれど
高次の存在は姿かたちを求めないことがわかりました。
低級霊に脳が支配されると、そういった姿が見えてしまう危険性を感じ
欲得に溺れる低級波動に気をつけようと感じました。
宇宙にゆだねれば、ちゃんと必要な物事が起こると解釈しました。

みんなの意識が自分さえ良ければを越えれば守られる。

恐れは恐れを呼ぶ。求めているギフトがくる。そんな風に感じました。

千葉県が早く復興される事を祈ります。

また、宗教家発祥地とゆかりのある土地の地波の乱れの修復の加速が進んでいる事で、新興宗教からの洗脳が解ける人が増えて、何も罪のない人にまで土地のカルマ解消の被害を追わせないですむように、真実に気がついて新興宗教から目がさめて真実の愛と幸せに生きる人がでてくると良いです。

生みの苦しみ。膿出しの苦しみに巻き込まれる人が減るように、新興宗教にすがる人や変なスピリチュアル商法でカルマを出す人が減ると嬉しいです。

愛に溢れ、人との交流が正常である人は新興宗教からは離れられます。

嘘の仲間にすがらずとも、守り助けられる。嘘の神や天使を人に見せつけないで、全うに人とのご縁やお金や物質とのご縁にも感謝しましょう。

全て命あってこそです。

施術家には絶対必要だと思う、自分への自信と勇気

先日の日曜もセミナーに行ってきました。全6回を通して筋膜リリースを学ぶベーシックセミナーという事で。6回目の最終回でした。やはり、セミナーに来る方は、勉強熱心な方が多いです。でも本当に自分に自信がない方も多いです。施術家は、自信をもって望むほどにお客様のためにもなるから、自信を持つべきと聞かされている私は、なるべくセミナー中は自信をもって前に出られる時は出るようにしています。

でも、実際毎日、自分が仕事をするときは、そこまで自信満々な態度ではないのです。私は例えるなら、ふわーッとした風船みたいな人間です。だから、次回予約の声掛けも自分からしないし、吹かれると飛んで行っちゃうような雰囲気の人です。なので、母からはもっと堂々として、ここまでひどいとすぐ戻るからまた来た方が良いとか言ったら、と言われる事もあります。

でも、何故それを私が言わないかというと、ひどいという押しつけや洗脳をしたくないから、本人が気が付いて治したい、良くしたいと思わないと、本当には治らない事を知っているから。

でも、自分に自信はいつも持つようにしています。施術をするときは、私は世界一人を良い方向へ導ける、私は出来る。心の中でそれを描きます。だって、そうじゃないとお客様に失礼ですから、「すごいです。ありがとうございます。楽になりました。」と言われた時、私は、謙遜します。だって、本当に私は凄くないです。お客様の治りたい、楽になりたい、この人に見てもらえたら大丈夫という思いと、私が治したい、良くしたいという思いが同調して前に進めた結果だと思うから。でも、自信は絶対に持つようにしています。

先日のセミナーで講師が、大腰筋ほぐすのめちゃくちゃ得意ですって言う人、この中にいますか、と聞かれたので、私は迷わずに手をあげました。私以外誰も手をあげません。そして、対象者を解す事になったのですが、見た感じでその方は、大腰筋より股関節と臀部のほうをしっかり取り切ったほうが戻りが減り治りそうと思いました。でも、前に習っていた方法で大腰筋リリースを行ってみました。

そして、講師から、もっとこうしたほうが解れるよという方法を行ってもらい、私の大腰筋への思い込みも外せたので、本当に前に出てよかったです。

私は、大腰筋は深く入れ込まないほうが良いと思っていたから、そしてその方法を見て、やっぱりこの人は股関節と臀部からも来ているから、その方法は有効だな、との考察も出来てとても良かったです。

方法的には膝を曲げ、足をお腹近くに近づけて大腰筋に入れ込むという感じです。たしかに、ポジショナルリリース的に大腰筋が緩みやすい角度を作るので有効です。しかも、この時は、私は股関節の影響も考え、鼠径部近位部の大腰筋も最初ほぐしていたので、足がさらにその角度にもっていきやすくなっていた分良かったのだと思います。股関節の硬い人、坐骨神経痛のある人、恥骨結合に異常がある人には、いくら大腰筋が緩みやすいポジションだからといって、あまりお勧めできない方法ではあるので、その説明を講師がしていなかった点は少し残念に感じました。

ほかにも、猫背の治し方を教えて下さいましたが、ベクトルや振動のかけ方によっては、お年寄りなどにはとても肋骨に負担をかける方法なので、ちょっとそれもお口添え頂きたかったです。だって、OLや身体の仕組みを知らない人もテクニックを知りに来ている場所だから、本当に昨今増えつつある、3日の研修でデビューだったり、身体の勉強をしっかりしていない人が週末開業している事が増えていて。整体業界の事故やケガが心配なのです。

ただ、すごい私は疑問に思いました。なぜ、やってもらいたい人という時は手を上げるのに、やりたい人の時には手をあげない、受け身なだけで学びに来ると、進歩や成長が遅れるから、本当に学び、成長したいなら、姿勢や視線をもっと変えた方が良いのにな、と思いました。治せる思いや自信を持たずにこの人達は仕事をしているんだなと感じ、勿体ないのです。情熱が人を動かす様にセラピストに情熱があったほうが、患者様、お客様には良いものを伝搬できるのではないか、と考えているからです。

ただ、セミナーに学びに来ているのだから自信がないのは当たり前です。私だって、完全な自信がないし、もっと人を良くしたいと思うのだからセミナーに行くのです。でも、本当に残念です。人前で手を上げる勇気のない人が人の身体を触っている現状が、周りにどう思われたって良いではないですか。自信の無い人は、周りや誰かに支配され続ける人生をそこで約束されます。もしも、本当に人を治せるセラピストになりたいのなら、根拠がなくても良いから自信を持った方が良いです。

制御しにくい人間だな、どうしようと講師やペアになった人から思われるくらいのキャラが集まっているセミナーに私は行ってみたいです。それってアメリカにでも行かないと難しいのかもしれませんね。だからこそ、アメリカで講師をやっている先生はすごい先生が多いのかもしれません。型にはまりたがり、右向け右、な気質の日本人は、テクニックや、型があるととても安心ですものね。

セミナーは勉強をする場所だから、失敗したって何度でも取り返せるし、むしろ失敗してなんぼです。だって、教えている講師より自分が上手に出来ちゃったら、それこそセミナーに行く意味がなくなりますからね。

もっと、自己肯定感と自信をセラピストは身に着けると良いのかな、と思います。そういった内容の授業もセミナーの中に盛り込んでいる講師を見つけられた良いと思います。

私は見つけたのですが、タイミング的に自分が先日までのセミナーに行ってしまっている日にちとかぶっていたので、行けませんでした。でもその講師とお会いして、とても雰囲気が穏やかで、愛が溢れる方でしたので、ここで少し紹介します。ALLアプローチ協会の山口講師です。まだ27歳でとてもお若いですが、穏やかで威圧感のない良い方です。発言もしやすいですし、聴くと熱心に教えてくださいます。自信なさそうに一見すると感じられる講師ですが、芯にある情熱と自信は強い方なので、学べる機会のある方は、山口講師の元で学ぶと良いと思います。全6回を通して、筋膜リリース、内臓アプローチ、頭蓋、エネルギー療法、栄養学とおしみなく教えて下さいますよ。会場も毎回変わるって事もないので、行くのも安心です。でもね、OLさんとかは身体の基礎をしっかり学んだ上で参加して下さい。ここは特に本気の方が集まっています。臨床でしっかり結果を出したくて来ている理学療法士さんや柔道整復師さんなどに失礼に当たりますから。

回数券って実は勿体ないという真実と徒手業界にありがちな集客の闇

もう10月です。早いもので、2019年も残り3か月、あっという間でした。そろそろ年末調整の提出資料をつくらなければと今更になって思っています。売上管理は毎日コツコツしているものの、材料、光熱費などの出費の管理は自分のメンタルを保つために毎日はまだ行っていないのです。収支のバランスに落ち込む自分を想像するとまとめて落ち込んでぱっと盛り上がろうなんてせこい事を考えてしまいます。

さて、サービス業界では、以前までは2月8月が売り上げが落ち込む時期と言われてきましたが、今は、秋冬が落ち込むよと変わり始めているそうです。しかも、今年は消費税の増税もあり、さらに落ち込むのではないか、という見通しが立っています。

そう、お客様の足がお店から遠のくのです。だから秋冬はキャンペーンが増えます。セールが増えます。お客様の足が遠のくシーズンはセールやキャンペーンをする場所が増えるのです。それが、集客には大切だから、あと、回数券を導入する。SNSを使って情報を拡散する。グーグルショップのコメントを手あたり次第、同業の仲間なりにお願いして書いてもらう、これをやっておけば、お客様の足は遠のきにくくなるそうです。でもね、回数券買ったって天災や事故に巻き込まれたら結局使えなくなるのが落ちですね…

騙された経験をもつ私は、先払いシステムとか先の事がわからない約束をするのはあまり好きではありません。だから、巷のコンサルタントがいうSNSを使えとか回数券とか、口コミを書いてってお願いしまくれとか、苦手なのです。SNSで拡散しても、自分のお店と相性の合うお客様に結び付くとは限らない。本当に興味のある人は、ちゃんと目利きなので、簡単に手に入る情報にパッとは飛びつきません。知り合いでもない人の口コミは信じません。自分で吟味して探して、見つけて、見つけにくいほど見つけた喜びでずっと気に入って下さるのが流れです。グーグルショップにコメントを書いて下さると、私自身すごいテンション上がるし、嬉しいし、書いてくれた人にはいつも以上に頑張っちゃおっかなってなるのは心理的にあります。人間だもの。でもね、グーグルショップのコメントも同業の仲間にお願いして書いてもらい、自分も書いてくれたお店にも書いているという拡散方法が最近出回っているそうですが、それってどうなのでしょう?技術の向上に力を入れる人は、そういう事は行いません。同業者と馴れ合いはせず、辛口でも休みの日にお互いに都合が合えば会い、指摘を求め切磋琢磨します。私は、そういう高め合う事ができる同業者とならぜひともお友達になりたいです。この年にして、こんな場所で友達募集です。

回数券についてですが、お客様には不利ですが、お店には有利です。これは、本当に取り入れておくと、集客が減る時期には困りにくくなります。買っちゃったから、行かなきゃという心理が働き、継続課金のようなシステムに繋がるからです。もっと言うと、回数券よりも、月会員制度にして、毎月勝手にお金が入ってくるシステムを作り上げるとずっと続きます。でも、これって店舗側にとってはとても都合が良い事で、お客様の都合を考えていません。WINWINのシステムだなんていう人もいますが、まったくもってそんな事は無いのです。電車なら、回数券や定期券の方がお得ですが、身体のメンテナンスをする場所にそれを運用するのは、お客様目線ではありません。回数券で通う事ほど、メンタル的にしんどくなり、身体の改善がどんどん遅れていくのです。でも、もっと通えば良くなるとお口の上手な人に先導されて居心地も良くないのに通ってしまう。楽しくて通うのならすごく心の栄養にもなって良いとは思います。人の身体と心のメカニズムを学べば学ぶほど、集客技法とお客様に本当に良い事をする事とはイコールではない事がわかってきます。

スポーツクラブだって月会員制度ってあるけれど、ちゃんと通っていないお客様が多くいらっしゃいます。英会話教材でも、健康グッズでも、お金を払った事に満足して先が続かない人がたくさんいます。その時、その時に支払ったほうが、意識が高まりその意識が身体にも向きやすくなり、自分の身体をもっと良くするのです。会員になったから行かなきゃ、回数券があるから行かなきゃ、それは、あまり良い作用を生み出しません。それをちゃんと知ってお客様目線に立っているお店が本物だと私は思います。

ビジネスコンサルタントとかを頼むのはあまり好きではないので、頼んでいません。良いサービスを提供すれば、値段や立地関係なく人が来る商売だと思っているからです。集客のコンサルタントのいう事はほとんど同じです。だから、似たようなホームページやチラシが増えるのです。そもそも似たような内容の事を載せている時点で、腕に自信がない証拠ではないでしょうか???自信があり過ぎもどうかとは思いますが。自分でちゃんと努力する事も自分で学ぶことも必要だと思います。

自分でこうやるとお客様に響くかな、とか自分の考えはこうだとかひらめきや芯をしっかり持ってこそ、そういう人の手技は伸びるのではないでしょうか?セミナーに参加しても、習った事を会場では実践し、持ち帰って吟味してこれはここまで響かせられそう、もうちょっとベクトルを工夫しよう、イメージはこうかな、こういう身体の人にはこれくらいの圧だな、と習ったまんまではなく、お客様に合わせて自分の手の感覚を生かして調整する様にするとか工夫をする。技術職なので、習ったままでは生き詰まる業界です。少しの力加減や関節の位置、圧を向ける方向の本当に少しの違いで、結果が大きく変わるのが徒手業界です。

秋冬の集客の落ち込む時期、気持ち迄落ち込むのではなく、自分の知識や足りない部分の見直しを図るのにとても適した時期だと思います。コンサルタントや巷の集客テクニックの通り真似して、一時的に集客できたとしても、集客できてお店側は得をした事とお客様を幸せに導けたかは別問題なのです。お客様からエネルギーを奪うのではなく、エネルギーの循環を良くしてあげられるのが、この業界に今後求められてくる大きなポイントともなります。お客様の身体や気象、運氣の流れ等、時々刻々と変化の目まぐるしい時代になりました。今まで通りのただ気持ち良いだけの手技や、ツボがこうだからといった、昔ながらの体系通りの手技では人の身体を良くすることが難しくなってきています。

だからこそ、技に自信がなくて回数券を取り入れるのかもしれませんが、回数券は本当にお店側もお客様側も萎えさせます。回数券は馴れ合いを作ってしまうシステムでもあるからです。回数券を買ってくれたからあの人はまた来てくれる。来なかったとしても、お金はこちら側には入っているからお店はお金の心配をせずに安心。他者との向き合い方が良い状態なら、回数券は導入しません。無理な繋ぎとめはしません。回数券は、本当はお得ではなかったのです。お店側がお金が入らない心配をせずに済むメンタルを保つための手段にあなたは利用されていませんか?これからの時代、何が起こるか分からない状態です。異常気象です。回数券を買ったって、天災に巻き込まれたら、回数券は使えなくなるのですよ。もっと、自分の身体や心、生活を大切に!そして、それを支えるお手伝いをするのが本物のセラピストのお仕事です。

内臓治療で周波数を合わせるってどういうこと?学び続けているセラピストへ南足柄のセラピストより

どうも、上から目線のタイトルで失礼しています。私も学び続けているセラピストの1人です。

  • 今日は文章が長いので目次を作ります。
  • 1.私の身体の勉強の始まりから現在
  • 2.セミナー講師が増えたよねって考察
  • 3.内臓治療をするときに知っておくこと
  • 4.周波数とか言ってるけど、どうなの
  • 5.周波数よくわからないならどうすれば良い
  • 6.実はエネルギーとか周波数とか誰でも使える
  • 7.とにかく自分を大切にしよう
  • 8.足るを知る勇気も大切
  • 9.自分を見失う落とし穴
  • 10.周波数や波動にも種類がある
  • 11.周波数より何より大切なこと

1.私が整体を学んだのは約14年前、経絡を使ったり、ツボの位置を押圧するとか、そんな方法からのスタートでした。内臓や骨、血液はそれこそ資料で自習をするという感じ、内臓アプローチとか、骨格アプローチ何て手法は、整体業界では無かったですね。骨を学びたいならカイロプラクティック、針治療をしたいなら鍼灸学校、骨接ぎなら柔道整復師の学校みたいなそんな感じ、そして、小泉総理の改革により鍼灸学校や柔道整復師の学校がめちゃくちゃ増えて、微妙なポジションの国家資格保持者が増え、最近は、理学療法士、作業療法士が増え、治療業界、身体を癒す業界は人であふれています。

2.だからみんな結果を出さないと生き残れないと躍起になりセミナーが増えています。そして、最近の方は、ここを触ると一瞬で治るとか、テクニックを求め、テクニックに偏っている人が多くなっている様に感じます。で、治療家だった人も、治療家で食べていくよりコンサルタントやセミナー開催者になったほうが儲けられると気が付き始めて施術をするよりも施術家からお金を頂く方に流れている方たちも増えていますね。素敵な指導者が増えれば、素敵な施術家も増えて健康長寿な大国になるはずなので、素敵な指導者に出会えた人はとてもラッキーです。

そこで、今日は内臓治療に対しての考え方、指導者選びの考察を私なりに記述しました。

3.内臓治療は、イメージ力と触診力と知識力と、その人の症状からどの内臓から初めてどの内臓で終わらせるかの流れの組み立てで結果が大きく変わります。なので、考え方としては最近の体調はどうなのか、便は硬いか柔らかいか便秘気味か下痢気味か、趣向品があるか、血圧の状態、そういう所を聞いておくことも必要になります。実は、腎臓についてなのですが、左の腎臓が弱い人は低血圧気味、右の腎臓が弱い人は高血圧気味との統計が出ています。だから、高血圧気味の人は、右側に意識しようかな、という考えも必要です。また、静脈と動脈が左右で流れ方が違うので、そこを考察する事も必要です。

4.周波数を合わせるとかいっているセミナーもあるそうですが、周波数を合わせるとか正直わけわからんですよね。解る人には解る世界です。私はどちらかというとエンパス体質気味なので、こういうわけわからん世界が解ってしまう方です。気を付けないと業界の人たちが言う もらった とか受けたとかいうあれにはまってしまいます。簡単に言うとラジオは周波数を合わせないと自分の聞きたいチャンネルは聞けないから、どんなチャンネルを見たいのか、お腹の中はどんな状態かなとチャンネルを自分から合わせていくことが必要。患者様なりお客様なりの内臓に自分が合わせるという事になります。合わせて、不調を取り除いてあげる。これ上手に出来ると、自分の不調も一緒に取り除かれるので、上手に出来る人には周波数を合わせるという定義は身に着けるのは良いのですが、出来ない場合は思い込みの手技に終わり指導者を崇拝するセミナー講師信奉者になってしまうのでお気を付けください。また、病は気からの通り、悪い人の状態に合わせすぎても自分も悪くなってしまう。悪すぎる人は1回では取り除けないので、合わせすぎると自分も不調になるから自分をちゃんとプロテクトする方法も身につけるか、受けてもすぐ流せる自分づくりも必要です。

5.もらいやすいのに、上手に流せない感覚は実感するんだけれど、じゃあどうすれば良いのってなりますよね。確かにもらうってあります。でも、内臓治療ならエネルギー療法よりも実はもらいにくいのです。オタクの様に内臓の画像を見まくる、人それぞれの内臓の重さを想像する。そして、内臓周囲の角膜の状態も見る、血管の流れも見る、大網小網も見る、色も見る、ネット検索で今は無料で色々とみる事が出来ます。とにかく現実を受け止める。良い内臓の状態と悪い内臓の状態をビジュアル化しておかないと悪い状態から良い状態にも導きにくいし、周波数がオカルトやスピリチュアル的な世界のモヤっとした感覚派人間だけが使う定義で終わってしまいます。だからもらっても抜けないし、周波数を合わせるとか触る感度がどうとかだけだと結果が出にくいのです。五感を磨く前にビジュアル化が大切。

6.レイキや気功のエネルギー治療で人は癒せます。誰でもそれは使えます。それはもう簡単に癒せます。ですが、レイキや気功に頼りすぎていると、自分の体調を悪化させてしまう時が来るのも事実です。高エネルギー体に自分を慣らせるには柔軟な肉体が必要です。悪い物も良い物も両方が抜けやすい身体をもたなければ、ずっと雷に打たれっぱなしの様にビリビリして自分の身が持たなくなるのです。私は敏感な人には私のそばにいるとビリビリするとか、眠くなると言われます。ですが、私は身体はどちらかというと柔らかい方なので、自助と自浄が出来ている方だと感じます。グラウディングや宇宙瞑想も大好きです。それでもいまだに人の多くいる場所にいると、手が急に冷たくなったり、呼吸が浅くなりそうな感覚に落ちる時があるので、まだまだなのです。ヒーラー体質だよね、とかヒーラー向きと言われますが、ヒーラーとは孤独な人生がつきもので、浮世離れしているので、あまり言われても嬉しくないのは事実です。頭が良くないのがコンプレックスなので、現実的な賢い人に見られるととても気分が上がり嬉しいです。そういう風に自分を見せる努力も実は少ししちゃうときもあります。

7.周波数を合わせたり、スピリチュアルを意識するのも大切な事とは思いますが、そこを見つめすぎてせっかく学んだ基礎をないがしろにするってすごく勿体ないです。理学療法士さんなら、解剖学がめちゃくちゃ頭に入っていて、それが強みだと私は思います。だからこそ足りない所を補いたくなりすぎてテクニックや見えない世界に魅了されるのだと思いますが、人は個性を伸ばした後に足りない所を補ったほうがうまく行くのです。

8.作業療法士さんなら、NLP的な考え方や、心理的な事に強いように思います。柔道整復師さんなら、筋骨格系、鍼灸師さんなら、経絡や東洋医学と、数百万かけて学校行って、資格試験も合格したのだから、人を健康にしたくて、愛が合って勉強をして、みんな秀才な良い持ち味を持っている人が多いのではないでしょうか。自己肯定感が低いだけなのではないでしょうか???そして、セミナーでしっかり学ぼうとする人ほど、エンパス体質の人が多いような気もします。だって、取り切れない痛みを取りたい、治したいそういう思いで学ぶのだから、それって患者様の痛みを解ってあげているって事ですよね。その時点でもう周波数があっているから、それ以上合わせて自分の身体疲れさせてどうするの?とも思ってしまうのです。周波数とかから入るより、もう一度、健康な内臓と不健康な内臓の画像データなり視覚化をしたほうが素晴らしく精度があがり、腕が上がるのではないでしょうか?セミナーに行った満足感と精度が上がる事は別物なんだな、と最近私はつくづく感じます。

9.そして、勉強熱心だったり、エンパス体質が強いセラピストさんが気を付けなければいけない事は、カリスマ性が高すぎる講師につくと、飲みこまれて自分の良さを自分で引き出せなくなります。エンパスの人は講師の求める事がわかるから、講師を喜ばせてしまうのです。先生凄い凄いと崇拝する。すると、先生は自信が付き、どんどん先生の腕があがります。でも、凄い凄い、なのに自分は先生のようにはなれないだろうなとか自己肯定感をさげてしまうという罠に落ちる事もあるか、その先生についていけば大丈夫だろうと依存を生んでしまい、先生に上納金をずっと払い続けるという新興宗教の様なセミナー団体を作り上げてしまうのです。これは、身体の業界だけでなく、スピリチュアル業界や色々な業界で生まれています。私も経験者なのでわかります。師を持つのはとても良い事です。支えができるから。ただし、自分を見失ってしまったら人生が勿体ないです。

10.周波数の話が出たので、良い周波数、や波動の種類もさらっと書きます。良い周波数と波動は、強くて綺麗 これです。逆に悪いのは強くて雑、分類的に4つに分けられるのです。強くて綺麗・強くて雑・弱くて綺麗・弱くて雑、の4つでは、人に影響力を与える、カリスマ的な波動の人はどれかというと強くて雑、ここ注意です。強くて雑な人ほど金魚のふんやメンヘラ発生装置として活躍するのです。強くて綺麗なカリスマもいますが、そういう人ってお金に執着がないので、人の指導をすることが好きでも、団体や企業を立ち上げたりするのが嫌いだったりします。マザーテレサまで行くと、強くて綺麗だからテレサはあまり団体を作る事を賛成しなかったし、最終的には解散しましたね。

11.人に周波数を合わせすぎずに自分軸をもつ、ブレない軸があってこそ、強く良い波動が出せて、良い波動の元には、本当の幸せや満ち足りた幸せが来て真に人を救えるのではないでしょうか??? 私は凡人なので、慈善事業はできませんが、普通に平和に健康なら良いです。私の近くの人が幸せに、私に出会った人が悪口言ってても、喧嘩していたとしても、最終的には本音を隠さず自分らしく幸せならそれで良いです。綺麗ごとや決めつけや制約が多すぎる人、良い人でいようとしすぎる人ほど、偏りが出来て病気になりやすいのです。善悪両方あってこそ人間、どちらかが強すぎるのではなく、程よくてこそ愛がそこには溢れています。テレサだってヨガナンダだって悪口言ってたし、喧嘩も時にはしていましたよ。

小田原のヘッドスパで夏に髪を痛めちゃったあなた

台風の影響で千葉県が大変な事になっていますね。私も最近はメンタル的に少し落ちていましたが、まいっかを思い出しながら徐々に回復の兆しです。完全元気な人間はいないのでそれも良しなのです。もう少ししたら、千葉県に整体のボランティアに行こうかなと妄想しています。

それにしても今年の夏は暑かった、暑くて暑くて、身体も頭も汗でベッタベタで気持ち悪くて、シャワー浴びまくってたよ、なんて人もいるのではと思います。で、ここで気を付けなければいけない事があったのです。今更かよって話ですが、暑いさなかに気を付けなきゃいけない事言われたって守れないのが人の常って事だし、失敗から学んだ方が、人は成長するから、今更も大切。と自己正当しました。では夏にやってはいけなかった事をこれから箇条書きしていきます。

  • 夏の朝シャン
  • 夏の間はシャワーだけ
  • 日中にプールで遊び帽子をかぶらず帰る
  • ヘッドスパを日中に受けた
  • 美容院に日中に行った後に帽子をかぶらず帰った
  • 毎日朝晩髪を洗った
  • 頭をスースーさせたくてフェノキシエタノールなど揮発性の高い成分のはいったヘアトニックなりヘアローションを毎日使っていた
  • 夏の日中にヘアカラーをしてから外に出た

ざっとこんな感じで夏にダメージを与え、そのダメージを増強させてしまうやってはいけない事を上げました。では、やっちゃった人はもうダメなのか?というとまだ取り返しがつきます。そして、来年の夏は気を付ければ良いのだから別に良いでしょう。

夏の朝シャンや日中のヘッドスパ、美容院はなぜ良くないのか、それは、髪の毛や頭皮は自分の体内の分泌物で外部の悪影響から守っているからなのです。夜シャンプーをすることで、寝ている間にシャンプーで剥がれすぎてしまった油分や水分を補い、翌日の強い日差しから守ってくれます。しかし、朝シャンプーをしたり日中にヘッドスパをすると、頭皮の自己防衛本能が下がっている状態で外にでてしまうので、ダメージをいつも以上に受けやすくなってしまうのです。毛髪が薄くなってしまう原因にもつながります。

プールや海などで遊んだ後に帽子をかぶらずに帰るのも同様に、水気を吸って、キューティクルがはがれやすい状態の髪の毛を無防備にさらしてしまうので、傷みを早める原因になってしまいます。洗い流さないトリートメントのクリームタイプなり、オイルタイプなりを持ち歩いていれば打開策につながるのですが、持ち歩いていて、それを髪にぬったとしても、帽子をかぶる事はさらに大切なことなのです。髪の毛は、乾く瞬間が一番傷みやすいのです。そして、その乾く瞬間に日光に当たりすぎていると、さらに痛みやすくなるのです。蒸発する瞬間は毛穴や髪の毛の繊維が開きやすくなります。開いて乾かすから、だから、要注意。

これらをみれば、フェノキシエタノールといった揮発性の高いものを使う時の注意や、ヘアカラーといった髪の毛の傷みやすいものを使った後の外出も気を付ける必要がある事がみえてくるでしょう。

そして、これらをやってしまった人へ、今からしっかりと髪の毛を保湿する事を心掛けましょう。ヘアトリートメントを使う、ゴシゴシ洗いすぎないようにする。シャンプーの頻度を少しだけ減らしてみる。例えば週末お出かけや用事がなく、部屋のお片付けに専念しょうかなという時は、金曜の夜は髪を洗わず、土曜日の部屋のお片付け後に髪を洗うとかそういう工夫を取り入れます。洗い流さないトリートメントもお勧めです。オイルタイプかクリームタイプかで使用感や髪質の変化まで違いが出るので、自分に合うものを見つけてみましょう。

夏にちゃんと湯船に沈まないのも、汗をしっかり自分の力で出す能力を抑えてしまい、秋の疲れに繋がります。お風呂で汗を出さないと頭皮の奥の汚れも取れにくくなっているのでどんなに髪を洗っても髪と頭皮を結局は痛めるだけ傷めて終わりになり、毛穴詰まりの原因になるので要注意です。

最後に宣伝になりますが、当店のよもぎ蒸しを夏利用した方は、夏バテしなかった、身体がスッキリしていた、デトックスしておいた分、嫌な汗をかかなかったというお声を今年も頂けました。私自身も、今年は身体に湿疹ができてしまい、痒すぎてかきむしって荒れまくり、よもぎ蒸しを自分にご褒美で行いました。やはり、普通のよもぎ蒸しよりも麦飯石の岩盤浴も味わえるよもぎ蒸しは効果が高く、痒みがひきました。今後は月に1度は必ずよもぎ蒸しを行い自分をケアしようと心に決めた出来事です。体調はもともと良い方なので、ヨモギのお鍋の中身もサラっとした見た目で痒みはメンタルからきた様子でしたが、よもぎ蒸しの癒し効果とデトックス効果にさらに惚れました。

また、当店のヘッドスパは、夏は夜のご利用をお勧めします。日中にどうしても行いたい方は、帽子を忘れずにお持ちください。マイクロナノバブルシャワーのため、細かく、粒子の小さい水が頭皮を優しく清潔にしてくれます。

健康の事を考え続けたセラピストのお店だからこそ、美容メニューもあるけれど、表面だけのケアだけではなく、一歩奥まで踏み込んだケアが出来るようにいつもお客様と共に歩み続けさせて頂いております。本当の美しさは自分を大切にする心と身体から生まれます。見せかけだけではない芯の美しさと健康をこれからも提供していきたいです。

南足柄で最高なよもぎ蒸しが出来た

今日は、久しぶりに自分にご褒美でよもぎ蒸しを行いました。最高に気持ち良い、

よもぎ蒸しのお客様がいらっしゃり、とても気持ちよさそうで、前回よもぎ蒸しを受けてから夏バテ知らずで過ごしたとの事で、お客様の嬉しそうなお顔と、終わってからの肌艶の良さ、キラキラした感じ、どう表現したら伝わるか、なんというかオーラの輝いた感じがたまらなく羨ましくなってしまい、片づけをして、夕方の予約がなかったので、よもぎ蒸しを行いました。

私が今日やったよもぎ蒸しは、シナモン、ヨモギ、オレガノの混合ハーブ、お客様は、シナモン、ヨモギ、オリーブの混合ハーブにしました。オレガノはヒーリング効果が高いので、私の様な毎日人の身体に触らせて頂く事が職業の人間は、自分自身の癒しとデトックスが本当に重要。お客様は、高血圧の症状があるので、高血圧にお勧めのオリーブでデトックスという事にしたのです。

終わってからの感想、白目がめちゃくちゃ綺麗になりました。自分でもびっくり、最近目がよどんでいたのかなと思うくらいに目の透明感が増して、感動、肌もワントーン明るくなり、夏休みに海水浴やら外遊びをしたお肌を癒してあげられました。大満足です。

私は、よもぎ蒸しのあるサロンで働いたことがありますが、そのサロンではここまでの満足を得る事が出来なかったので、自分のお店は、自分が満足するよもぎ蒸しになるように、改良をどんどん重ねています。そして、今日は満足、でも、しいて言うなら、少しお尻が熱いので、もう少しお鍋とお尻の距離の最適化をもっと工夫して、夏もタップリ気持ち良いよもぎ蒸しにもっと改良します。

なちゅらるさろんゆうのよもぎ蒸しは、世界中探しても当店にしかないオリジナルです。だって、座椅子が麦飯石で出来ているから、木でできたよもぎ蒸しを以前まで使っていましたが、2人同時で行いたい人向けに木製座椅子は置いておき、麦飯石を今はメインにしています。

麦飯石の特徴は、空間浄化作用、水の状態を綺麗にする、遠赤外線効果があります。パワーストーンでは、運気の停滞を浄化し、良い流れにする。ネガティブを排出し、良いエネルギーを入りやすくしてくれる、というパワーアップ効果もあります。どうりで、麦飯石でのよもぎ蒸しをした後は、いつもよりも眠くなったりするんだなと感じました。エネルギーの高いものに触れる、エネルギーの高い人といると、とても眠くなります。眠くなるという事は、浄化しているサイン、浄化されると、良いエネルギーが入りやすくなり、運気があがります。

でも、よもぎ蒸し後すぐに寝ころがる事はお勧めできません。最低でも30分は開けてから横になる方が、体温調整機能的には安全です。身体を横たわらせてしまうと、血流が一番重力のかかっている個所へと流れていくからです。のぼせてしまった場合は、その作用を利用して、身体を横たわらせるのはとても良いのですが、のぼせるほどよもぎ蒸しをやるのはNGです。

よもぎ蒸し後に、整体やアロマを受けるのは流れがよくなり大いに良いのですが、横たわってじっとすると血流の偏りがでるので、私は眠くても、すぐには横にならない様にしています。健康知識が低いとこういったところで躓いて、余計に低血圧や高血圧、体質の悪化を助長してしまいます。このブログを見られた人は知識をゲットでラッキーですね。

という事で、よもぎ蒸しとっても気持ち良いし、波動も上がるし良い事づくめ、だけれど、衛生面と健康面に気を付けながら行いましょう。

一番人をダメにするSNSはどれか

8月もあと残りわずかです。私は毎年8月がとてもとても大好きです。それは、家族で過ごせる時間が増えるから、甥っ子にいっぱい会えるから、ワクワクウキウキな夏休み気分が自分にも伝わってくるからです。家族旅行最高

では、今日は人を一番ダメにするSNSは何か、というデータが出たという情報を入手したのでそのSNSが何なのかをこのブログでも発表します。

  • ブログの目次
  • 1.人をダメにするSNSナンバー1はこれ
  • 2.何故ダメにするのか
  • 3.人が欲求を満たす社会的意義
  • 4.メンヘラ増強中な先進国

1.ずばり、人をだめにするSNSは写真投稿で楽ちんハッシュタグを付けるのが拡散させるルール そんなインスタグラムなのです。インスタ映えとかいろいろですね。壁に羽を書けば、ハエを集めてくれる接着テープのように人が集まってくるという、インスタ映えスポットもある、あれです。

2.何故、インスタは人をダメにするのでしょうか???それは、真実のコミュニケーションが成立しにくくなるからです。承認欲求が強くなりすぎて、ネットやスマホにかじりつきすぎて、現実を直視できない危険な若者が増えてしまいます。でも、Instagramがある事で、マーケットがとてもうまく行くのでそんな事はお構いなしに商売人等は上手に活用していますね。食うか食われるか、そんな世の中、Instagramの写真は加工をしたり、嘘も真実のように載せられます。情報に踊らされ、自分の大切な時間が奪われ、脳機能が衰退してしまします。そこを気を付けましょう、とのデータ発表がありました。

3.人は欲求を持ってこそ生きていけます。食欲がないと、餓死します。寝ないと過労死します。子供を作らないと、子孫が反映せずに人類が滅亡します。生存のために欲求は必要なのです。ですが、承認欲求は、そこまで必要ではありません。自分で自分を認め、家族や周囲を大切にできれば、心は満たされ、日々を幸せに生活できるからです。

4.心に傷を抱えた人をや、些細な事で傷つきやすい人がとても増えている反面、平気で人を傷つける行為をする人、煽り運転や、無差別なナイフでの暴行のニュースを見ます。どちらも、承認欲求の強すぎる人にでる事が多いです。SNSは、使いかたを間違えるとメンヘラ増強ツールになってしまうのです。Facebookは、オワコンと言われているようですね。終わりかけのコンテンツ、使う人がどんどん減っているそうです。何のために、ツールを使うのか、ネットを使うのか、吟味しなければ、自分の大切な時間を台無しにしてしまいます。この世で限りあるものと言えば、時間です。どうでも良い情報収集をして時間を割くよりも、心や体が快適になる、自分を大切にできる時間を持つことが、私達にはとても必要と感じます。もっと自分を大切にできれば、SNSをやる時間はへります。本当に調べたいことのある時だけ、ネットを使うようになります。そういう事の出来る人が、もっと家族や周囲を大切にし、大切にされるのではないでしょうか???コミュニケーションを大切に、タイムマネージメントを大切に残り僅かな夏を楽しみましょう。

親と子供は鏡 親子関係と不登校

先日まで、大阪にいました。天気予報では私のいる間は雷雨との予報、少しテンションが下がり気味での出発でしたが、私が外にいる間は不思議な様に全く雨に降られませんでした。毎日が奇跡の連続です。でも奇跡というより当たり前の結果なのよ、と大阪講習の先生は言っていました。努力しないと結果もつかないと頑張っていましたが、あなたは天才だから努力しないでももともとうまく行くのに、努力したから逆行したこともあるんじゃないの、との意見も、確かに、運だけで生きている感がムカツクと若い時に言われたことがあり、それが気にかかりすぎて努力を始めましたが、若いころの方が色々スムーズだった気がします。思考って不思議です。ポジティブに私がラッキーで天才なのは当たり前と捉えようと思います。根深い思考癖はまだありますが、少しづづブロックがはずれています。心の断捨離って気持ち良いな。

では、今日は不登校について、また新たに学んできた点をここでシェアしていきます。

  • ~今日のテーマへの目次~
  • 1不登校っていけない事なの
  • 2なんで不登校になるんだろ
  • 3親子関係(保護者関係)と不登校
  • 4周囲との関係性からの不登校
  • 5どうすれば不登校はなくなるのか
  • 6現実への向き合いと鏡の法則

1.不登校って夏休みやGWなど長期連休明けがもっとも発生するらしいです。で、ニュースや色々な場所でのコミュニティでは不登校を解消しようとか、不登校は悪みたいな言い方をします。義務教育だと余計ですね。教育の義務があるから子供が行きやすい学校運営を学校側はしなければいけないと教育者も最近は大変なようです。学校は行きたくないなら行かなきゃいいと私は思います。義務教育なら、学校に行かないでも勉強ができれば良いのだと私は思うのです。その場所が学校じゃなくてもフリースクールでも地域のコミュニティでも、決めつけすぎなければ良いと思います。メディアや周囲の思考の刷り込みで不登校はいけない事という定義づけがあります。いけないという定義づけをすると、人はいけない事をやりたくなるか、いけない事は悪だからちゃんとしなきゃと定義づけの方向性で行動を決めてしまいます。何かをいけない、悪だとするのではなく、どっちでも良いんじゃないで良いのではないでしょうか?行きたくないなら行かない、行きたくなったら行く。ただそれだけの事。大人が刷り込むのではなく、子供が決めることが大切です。毎日学校が大好きで行く子もいるのですから。

2.なぜ不登校になるんだろうって考えたことありますか?考え出すと人って自己防衛で人のせいに考える癖があります。だから、不登校の原因を学校側や、学校にいる児童、自分の大切な子供以外に原因を見出そうとします。でも、よく考えて下さい。学校に行きたくても行けなかった子供がいた時代もありますし、体罰教師やいじめっ子が多くいて、体中ケガだらけでも学校に行きたいと言ってちゃんと学校に行っていた子供がいた時代もあった事を、確かに今は、それを見過ごすと自殺や他殺になってしまう事もあります。でも、本当に子供も大人も強く生き、人との絆がとても強かった時代には、不登校は病弱すぎて学校にいけないとか、働かないといけないとか本当に事情がある子供にしか起こっていませんでした。今は、時代が変わりすぎてメディアで自殺を取り上げたり、それを見て自分の子供を守りたくて不登校に導く親もいます。私は現在40歳ですが、不登校になってもおかしくないような小学生時代を過ごしましたが、不登校ではありませんでした。ずる休みは時々しましたけれどね。義務教育や集団教育をちゃんと受けられたのは恵まれていたからだと今では思えます。親が過保護すぎて「学校いくの辞める?」と言っていたら、私は学校には行かず、関われれた人が少ない過去を持ち、周りの気持ちを今より考えてあげられない人間になっていたと思います。不登校のほとんどの原因は、子供側ではなく、大人側にあるのです。いじめっ子がいる、ならいじめっ子の親に原因があります。教師が悪い、それは無視するのが得策です。私の小学校時代の担任は、私を嘘つき扱いして、みんなの前で嫌がらせをしたことがあります。女子生徒は優しい子が多かったので救われましたが、担任と一部の男子生徒で一緒になって私に嫌がらせをしてくることもありました。でも、学校には行っていました。女子より当時は精神年齢の低い男子児童や無知な教職免許をふりかざしているだけの大人にどう思われようと私は私です。また、今になって思うと、育った場所で知り合う人とは何らかの因縁がある前世がもしもあるとするなら、カルマの解消カモしれない、なのに学校に行くのを避けたら、せっかく集団で一気に解消できるカルマの解消をするチャンスを逃してしまう、魂レベルでの成長を避ける、それは勿体ない事だとも考えられます。不登校の原因のほとんどは、大人の無知さにあります。自分の子供だけが特別と思いすぎています。または、自分たち親子だけが特別だとか、みんな人は特別な存在です。教師が悪くても良いクラスはあります。逆に、学級崩壊していたクラスが担任が変わったことで良いクラスになる事もあります。すべての人を特別と思えて、愛のアルパワーの強い人が集団の中に一人でもいれば、集団は変わるのです。不登校の原因は他者理解の無さ、孤立と自立を勘違いしている所にあるのです。

3.不登校をからませて鏡の法則を教えてくれている野口嘉則さんの本がありますが、あの中では、母親の心がクリアに変わったことで、子供も変わり、学校に元気に子供がいくというストーリーがあります。親子はとても強い絆で結ばれています。親が変わると子供はとても変わります。子供が大人になった時に、子供の方から変わると親が変わるという事もあります。子供の頃は大人が主体の事が多いので、まずは親から変わってあげる事が大切なのです。親の思考癖、ネガティブすぎる思考癖や、自分を特別視してほしすぎる承認欲求癖など、強すぎると子供を追い詰めているのです。子供は親の喜ぶことをしようとします。愛を強く求めているのです。最近はSNSの普及から、承認欲求の強すぎる人が増えています。自分で自分を承認して肯定していないのに、他人からの承認を求めても、心の空しさは拭えないのです。子供が自分から自立していくのが不安で学校どう???と聞きすぎる親もいます。自分の子供を特別視してほしすぎて、学校側に、うちの子はこういう所があるので気にかけて下さいと言いすぎる親が増えています。良い教師にとってはすべての児童が特別なのです。質の悪い教師にとってはすべての児童が面倒くさい親の子供でしかありません。子供は、ちゃんと本当の親友を見つけたり、自分の居心地の良い場所を学校内で見つけています。それを親や周囲が奪ってどうするのでしょうか???全ての児童を特別な存在クリスタルの輝きある児童としてクリスタルチルドレンとして見て下さる教師がいるかもしれないのに、親が先生にいろいろ言いすぎて、先生のメンタルを落としてどうするのでしょう。良い担任にするか、悪い担任にするかも、保護者にかかっている場合もあるのです。親子、大人と子供との関係はとても大切です。

4.親が周囲との人間関係が嫌で、子供が学校に行かなくなれば、PTAやらママ友の付き合いから離れられると、子供を不登校にしてしまう人もいます。今は、SNS友達で嘘のイイネ押し合いゴッコで承認してもらえる世界や自分の世界を築けるから、リアルな近所付き合いや、面と向かって付き合う世界から逃げてしまう人もいるのです。善悪まるっと個人なのです。自分に必要な人が自分の目の前に現れるのです。そこから逃げてどうするのでしょう?逃げるとずっと追いかけられます。だから、痛みや苦しみを自分から招いているのです。そこから逃げたくて子供まで引き合いにだすと、子供がとても可哀想です。親の思考が子供の現実を作っている可能性を考えてあげて下さい。周囲に攻撃的な親は、いじめっ子を作る可能性があります。親の攻撃的な行動を止めたくて、自分がいじめっ子になって目立つことで、親の目を自分にひかせて、親のめんどくさい性格を子供が自分への注意関心で引き留めるパターンもあります。子供は親に見て欲しいのです。気にかけて欲しいだけなのです。それこそ承認欲求の強すぎる親の子供は自立している親の子供よりもその傾向が強いです。自分の行動や、スマホにかじりついている、周りの目を気にしすぎている時間配分がどうなのかを考え直してみましょう。

5.では、そういった親が減れば不登校はなくなるのでしょうか???親が変われば子供は変わります。ですが、世の中から完全に不登校を無くすことは出来ません。親がいない児童や、無国籍児童も世の中にはいます。日本経済が発展して、良くなっている様に見える反面、貧富の差が激しくなっています。最低賃金を上げて行く事で、人を雇える職場が減る可能性もあります。最低賃金に準じた働きぶりを出せる人しか雇わなくなるでしょう。使用期間を設けて、能力の発揮できない人は使用期間内で切り捨てだしたら、働く場所が無くなってしまうでしょう。そんな未来も予想できるのです。消費税を上げるから、最低賃金を上げる考えは、打開策にはなりません。すぐれた人しか残れないようなシステムに移行している背景には承認欲求の強すぎる人を生み出し、自己肯定感を下げてしまう人を作り出してしまうであろう未来も見えてしまします。政府改革がもっと人の心の奥まで考えた改革作りをしなければ、世の中の根本の本当に変わって欲しい側面は変わりません。ですが、もっと我がままに私たちの心が変われれば、変わった人から素晴らしい未来が築けることは想像できます。(注:我儘と自分勝手は違います。我欲を捨てられた時が裸の心の本当の自分、我のままになり、捨てられないと自分勝手です。)

6.一人1人が現実と向き合い、現実を否定しすぎない事がこれからの世の中には必要になってきます。自分に出会う人は、自分に必要な人、自分と向き合えた時に、鏡が綺麗に曇りがなくなり、曇りない人と出会えて、周りも曇りなく変わっていく、鏡の法則を活用するには、まずはしっかりと自分と向き合う事が大切なのです。人は、否定を否定するから、余計ネガティブになるのです。否定を全て受け止めて、自分の考え方も肯定できたときに、どんな人との出会いも、現状の自分も全て必要で必然だから起きていると思えます。嫌だーとのたうち回っても良いのです。みっともない事から逃げたり、みっともないと思う人を否定したり、あの人は波動が高いとか、低いとか、善悪付けたりするから、苦しくなるのです。善悪つけるから、そういう人が周りによって来るだけです。みんな自分が生きやすいポジションで生きているだけです。心や意識は安心、安全を求めているだけなのです。今の生活を否定しながらも、実は今の生活が安心で安全であるから今の生活がなり立っている可能性もあります。だって、シンデレラのように一夜にして現実が変わってしまったら、逆に怖くないですか???多分慣れ浸しんだボロ屋を恋しがってしまう時も出そうです。その心の動きのメカニズムをちゃんと理解していないから、人は揺れ動くのです。周りを気にしすぎるから、揺れるのです。今の生活にあった人が周りにいて安心、でも変わりたい、でも変わってしまったら、今の周りとの関係も崩れるのではないか、とか思うだから人って謙遜するのですよね。太って肌あれブツブツだった自分が痩せて綺麗になったら友達が変わっちゃう、友達にひがまれちゃう、それが怖いから、今のぽっちゃり肌荒れでも愛されキャラな自分でいようとする人もいます。それを肯定できているなら良いのです。健康のために痩せて肌荒れも解消したいなら、そうすれば良いだけ。変われた後に、せっかく変われた自分を否定するからリバウンドしたり苦しくなる。それだけ。ただ、自分の問題は自分の事だから自由です。すべての事には理由があるのですから。不登校も、不登校に子供がなる事で、どこか安心している自分自身はいませんか?もしかしたら、お子さんは、学校に本当は行きたいのかもしれません。でも、親が行きたくないという自分を愛してくれるなら、不登校ネタを親が持ちたいなら、子供は不登校でいる事を選ぶのですよ。不登校は親子の問題、社会環境、周囲や大人との問題、子供だけの問題ではないのです。もしも、不登校カウンセリングを受けるなら、親か、保護者がしっかりと自分自身と向き合う覚悟を決めてからにする事が大切です。

人のせいにしていると幸せだけれど愚かなんだって事

台風の影響で雨風が強いです。で、窓が開けられません…暑いです。店舗にいるとき以外はクーラーを使わないので、こうやってブログを書いている間はノンクーラーな私なのです。セミナーやら経費やらお店のサービス提供に使うお金が出まくっているのに、単価が安すぎな当店は、自分の生活を切り詰めるしかないのです。しょうがない、田舎だから物価安いし、目立たない場所でひっそりやっているからね。って、これって環境や周りのせいにしてる、私の潜在意識がこの状況に幸せを感じている、愚かな私発見

ってことで、今日は思考が現実を作るから、現状維持も考え物ってお話です。

  • ~今日のブログの目次~
  • 1.思考は現実化する の落とし穴
  • 2.西洋思考と東洋思考で使い分けるメソッド
  • 3.イエスキリストって本当にいたの?
  • 4.人のせいにするってどうなんだろう
  • 5.良い意味の他力本願は本当に必要な事
  • 6.ずっと同じはあり得ない
  • 7.メンタルブロック解除もできるセラピスト

1.思考は現実化する、という言葉を聞いた事がある方は多いと思います。私は今から約十数年前にナポレオンヒルの書籍を読みました。また、引き寄せの法則や能力開発に興味を持ち、速聴をしながら引き寄せを学ぶという教材を250万近くで購入したことがあります。効果は、言えないです。言えないくらいの効果ですって事で、スルーして下さい。若いのにオレオレ詐欺にあっちゃった気分の出費でした。思考は現実化しますが、それは善悪関わらず現実化します。そして、現実化するまでにタイムラグがあります。考えていても心まで届き、現実の様に感じたときに目の前に現状として現れます。だから良い思考をもっても打ち消したり否定したら消えるって事です。だから、悪い事を思ってもすぐに悪い事が起こらないでいてくれるからとても良い法則だと私は思います。

2.そして、思考は現実化するを書いたナポレオンヒルさんですが、あの本の中にある事は、ほぼ作り話も含まれているんだよって事が最近は知られ始めてきました。西洋思想はポジティブにポジティブにって考えです。悔い改めて罪を償えば神が助けてくれます。誤って隣人を銃殺してしまっても、救われるのです。的な考えが西洋思想にはあります。私が聞いた教材の物語の中にも悪い事をしても思考の書き換えで救われるというお話がありました。日本人思考が強い私には腑に落ちず、逆にモンモンとしてしまいました。東洋思考は、インドから伝わった釈迦の教えが強いので、悪い事をしたら悪い事が自分に返ってくる、カルマがあるそういった内容の教えです。だから、思考が違う文化の内容を西洋では良い立証が取れていたからと言って、東洋でも良い結果が出るとは限らないとなるのです。

3.神が助けてくれる。確かに神は助けてくれます。でも、自分の考え次第であることは大いにあるのです。イエスキリストですが、聖書に登場してきますね。実在はしていたとは思いますが、私が短大でちょろっと学習した西洋キリスト文学では、マリアがたくさんいました。色々な地域にマリアがいたと記されています。だから、キリストも色々な地域にいたとも考えられるのです。奇跡を起こせる人が多くいた、今より文明が発達していないのだから、自分たちで問題解決をしないといけない事も多くあったのでしょう。五感をフル活用しやすい潜在能力の高い人が多く存在していたのでは、と考えられます。日本でも、刀を上手に使える人は現在は武術家ぐらいですが、昔は五感が発達した剣豪が多くいましたからね。自然豊かな時代は五感も発達しやすいのでしょう。で、キリストもあちこちにいて多くの人を助けていた。でも、代表的な1人がはりつけになってしまった、そういう風にも考えられます。出過ぎる杭は抜かれるか打たれる、それが世の定めでしたから。

4.キリストに救われた人は、信じる物は救われるの通り、自分は良くなる、良くなる価値のある人間だと信じている人です。救われなかった人たちが、人のせいにして、嘘つきだとか、罵声をあびてキリストを処刑した。処刑をした本人たちは幸せだったでしょうね。力で人の命を支配し、愛がないのに、自分の思い通りに色々な事が当時は出来ていたのだから。でも、愚かでしかないです。キリストを処刑しても、第二のキリストが現れてもそのキリストを否定する、自分たちの願いが叶わない事を嘘つきだとののしる、そういうスパイラルが出来るのでしょう。願いをかなえてくれる方法や、願いをかなえてくれる人は確かに存在します。会うだけで良い気分になれる人も存在します。湘南の風の方が、今では歩くパワースポットなんて有名になっていますね。でも、もちろん、その人で幸運が発動する人もいれば、しない人もいるのです。

5.人のせいになんでもすると、楽だし幸せですよ。自力より他力の方が楽だし、良い事も人のおかげ、悪い事も人のおかげ、そうしていると幸せかもしれません。最近は先が読みにくく、異常気象や不可解な事件の多い世の中ですから、自力で生きるのは大変です。でも、人のせいにしすぎると本当はおろかなのです。だったら、良い事だけを人のおかげにしませんか???他力メソッドです。自分で頑張ったと思いすぎると、頑張ってうまく行った結果をつかんだ時、頑張り続けないとうまく行かないという原因も思考の中に埋めつけてしまいがちです。頑張らないでもうまく行く時もある、おかげさまで世の中廻っている。悪い事は人のせいではない、廻っている結果なだけ。そんな心持でいられたらもっと、みんな仲良く自分らしく生きられるのにな、と最近は感じています。

6.日々目まぐるしく変化しています。私も昔より出かける事が嫌ではなくなりました。地球の波動が上がっていることを実感しています。都会が大嫌いで、都会の邪気に飲まれてぐったり疲れてしまう、波動を吸われてしまう、なんて感じていた時もありましたから、でも、今は都内に行くほど自由な人がいて、自由なファッションや自由な表現、女性よりもめちゃくちゃ綺麗な男性がいたりして、でもそういう人を否定したりする人も昔よりいなくて、とても居心地が良くなっているのです。オフィス街に行かないのもあるかもしれませんが、みんな何だか自由で、心の喜ぶことを人に迷惑をかけずに波動高く行っている感じです。自己肯定感の高い人が近くにいると本当に気持ちが良いです。自己肯定感の高い、人を否定しない、承認欲求で生きていない人たちを見るととてもオーラが綺麗なのです。そういう人が年々増えている様に感じます。未来は私も週に数回は活動の場所を自然豊かな今の土地以外にしても良いかな、なんて思い始めています。執着や思い込みを手放して、人のせいではなく、おかげさま、これが心身の健康の秘訣だったりするのですね。メンタルブロックをどんどん解除できている実感がします。

そして、私のメンタルブロック解除は9月よりメニューに導入します。今よりおかげさまで自分をもっとよりよくしたい人、思い込みや過去のトラウマのブロックを解除したい方は、どうぞお申込み下さいませ。

クヨクヨする事の大切さと自己肯定の必要性

8月は自分で勝手にメンタル月間と決定し、メンタル的な事をブログにしています。

しかし暑い、なのにクーラーは自分一人で過ごす時は付けないという私の頑固さの徹底で、仕事や両親がいる時以外はクーラーは付けておりません。自然豊かな良い環境に住めているおかげで、朝晩は涼しく快適に睡眠させて頂いております。

  • ~今日のテーマの目次~
  • 1.脳と心を活用した様々な法則
  • 2.引き寄せの法則とその落とし穴
  • 3.原因と結果の法則ってどうなの?
  • 4.ホオポノポノって何?効果はどうなの?
  • 5.クヨクヨする事も大切
  • 6.自己肯定をちゃんとしよう。

1.引き寄せの法則とかって一時期流行りましたね。今も流行っているのかな?原因と結果の法則とか、色々法則があるようで、私も色々な書籍を読み、良い事ばかり考えるようにしたり、ポジティブにって自分を奮い立たせたり、いろいろと試したことはあります。ホオポノポノとか、色々ハッピーになれる事の実践、でもそれらに効果があったのかというと、裏側まで知るまでは全く効果なしでした。本に書いてあることに正解はないという事を目の当たりにしました。ホオポノポノに関しては、ブログの過去記事にも少し書きましたが、今日も少し説明します。

2.引き寄せの法則はご存知の方も多いかと思いますが、思っていることが現実になるから、良い事を思いましょうとかそういうやつです。プロゼクションマッピング→なりたい姿や理想を紙に書き、写真を貼ったりして、それを毎日見続ける事で現実が叶っていくというあれです。ただし、落とし穴としては、自分に叶うわけがないと思いすぎる事をイメージすると、心が葛藤を起こし、余計叶わなくなる。綺麗なモデルの写真を貼ってガッカリしちゃうとか、逆にこんなに願っているのに何でかなわないの、嘘じゃん、私ポジティブシンキングしているのにって余計逆行しちゃう事があります。あと、夢見がちなメンヘラちゃん増強の法則とも言い換えられます…実は、引き寄せの法則は法則を意識しなくなった時に叶っていたりするのです。良い人に良い事が起こるとは限らない、それが現実です。起こる事は必然なだけ。

3.原因と結果の法則は、なぜそうなったかの原因があるから結果がある。オカルト的に言うと過去生で人を殺したから罪亡ぼしに殺された、とか殺した過去が浄化出来ないから殺したくないのに事故で人をまた殺してしまうとか、そういうの、これってある意味脅しですけどね。カルマ療法とか言って、心の根深い闇を浄化しますとかで金もうけする輩の手口です。引き寄せの法則でどんなに良い事を思っても原因と結果の法則があるから、良い事が起きないのよ、私が浄化してあげるわよっていうスピリチュアルヒーラーってどうなんでしょうね。人を依存させたり、脅す人、怖い事を言う人は拝金主義者の偽物です。

4.ホオポノポノはハワイの幸せになる魔法の言霊として伝わっています。ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています、という4つの言葉を使って自分のカルマや潜在意識の深い部分をクリーニングする手法です。クリーニングしていくと心が軽くなり、良い現実を引き寄せやすくなり、一度綺麗にしてネガティブをとことん洗い出す事で、常に心や魂が綺麗な状態でいられるからオーラも美しくなり、美しい雰囲気の人のそばにいると周りも心地よくなる、人間空気清浄機みたい感じです。イライラしている人のそばにいるとイライラします。でも、いつも穏やかで心に曇りのない心の綺麗な人といると、自然と周りも勝手に良くなるのです。だから、この法則が合わない人もいるのです。嫌な事があるとすぐ人のせいにする、嫌な事の原因追及をしたがる人には向いていません。自分に起こる事は全て自分の責任と受け入れられる人、人のせいにしないと決断できる素敵な人には有効な方法です。ホオポノポノの実践で素敵ライフが叶っている人は、元々が人間的に成長している人なのではないでしょうか?だから自然豊かで、生命力の強いパワーあふれるハワイが発生の法則なのでしょうね。そんなに意思の強い人はそうそういないと思います。他者依存や他者意識の強い人がごめんなさい、許してくださいを乱用しすぎると、人に謝らなければいけない出来事を引き寄せてしまうのです。自分自身に、ごめんね、辛かったよね、今まで自分を大切にしなかったね、これからは大切にするから許してね、ができるかどうかで全く結果が違うのです。愛しています、だって、他人に向けすぎたら、一方的な愛で暑苦しくて嫌がられますからね、愛しているのに何故あなたは愛してくれないのって方向性が間違っちゃう。もっと自分自身を愛しましょうって事なのですよ。

5.そこで、メンタル的にクヨクヨする事も大切っていう結論が出て来ます。人はそこまで強くはありません。愛や安定感に包まれている時は強いメンタルを保てますが、現実が傾いたり、予期せぬ出来事が起きたときに不動心でいられるのは、メンタルトレーニングをしている人や、悟っている人ではないでしょうか?赤ちゃん何て、おしめ変えて~~~お腹空いた~~~っていつも泣いていますからね、人は生まれてからは誰かに助けてもらいながら、快適を求めて生きていくのです。だから、クヨクヨしたって良いのです。ただ、年中クヨクヨは自分が疲れちゃうので、気分転換を見つけるのも大切です。クヨクヨが続きすぎると鬱病になっちゃうので、クヨクヨは自分の心を見つめるきっかけづくりには大切なのです。鬱病にはいくつかパターンありますよね。鬱病、躁鬱病、躁鬱混合状態、極端に何もやりたくなさすぎるか、極端に活動的すぎるか、って状態、その両方を極端に行ったり来たりするのが混合状態、うつ病診断をすっごい細かくしたら、ぶっちゃけ世の中の殆どの人がうつ病ですよ。誰だってクヨクヨする時もあるし、よっしゃーやってやるーって時もある。鬱病になりたくないなら極論、悟りを開けって事?!淡々と生きろって事になっちゃいます。個性無しです状態。私はまともですって生きている人こそちゃんと生きている人とも言えます。辛いですってお医者様に診て貰うと、お薬でかたづけようとされたり、ずっとクヨクヨにされたりしてしまいます。遺伝的にセロトニンという物質が少なく生まれてしまうとかで鬱病もあります。くよくよしたり考え事をしやすい腸と脳の環境をもっているという事です。薬は、飲みすぎると腸の環境を悪化させます。腸の環境が悪化すると病気になりやすくなるのです。

6.クヨクヨする事は大切だと受け止めて、クヨクヨする自分を責めない事、周りの幸せそうな人をひがまない事、自分を責めない事が大切です。世の中にある幸せになれる法則を上手に活用するのも手です。上手に活用できれば、だいたい、何とかなると受け入れられやすくなります。人のせいにする頻度も減っていきます。甘えられる人には甘える、人のせいにする事で心が少しでも楽になるなら、人のせいにしちゃうのもあり、でも、他人も自分も責めすぎないでいる事。自己肯定を常にする、自己肯定が高まるとだいたいの事は受け入れられます。ネガティブになった自分を責めなる頻度もへります。人を責める頻度も減ります。人を責めるのは、自分に自信がない事の現れだから、自分で解決できない問題を誰かに頼った、でもその人も解決できなかった、すると他人を責める。でも頼ったという選択を出来た自分は凄いと認めませんか?頼る事さえできない人もいるのですよ。結局、最後に幸せになるのは、自分をしっかり肯定できた人です。

ヒプノセラピーを学び始めて知った危険性

8月になりました。令和初の夏!! 暑いです。涼しいのは朝夕って事で、早寝早起き三昧です。

  • ~今日のブログの目次紹介~
  • 1.私のプチ情報
  • 2.三昧の意味
  • 3.ヒプノセラピーに再度興味をもった理由
  • 4.ヒプノセラピーが正直怖かった過去の私
  • 5.ヒプノセラピーの簡単な説明と学ぶ理由
  • 6.本題の、ヒプノセラピーにもある危険性
  • 7.ヒプノセラピストを選ぶには直観も必要
  • 8.偉大な人の格言

1. ちなみに、この三昧って言葉、仏教用語なのはご存知ですか?日本語って仏教用語からの派生が多いなと年を重ねるほどに感じます。私の最終学歴は日本文学専攻で、中学校の国語教員免許を持っているのですが、なにぶん漢字がすこぶる苦手です。ごつごつ、ゴリゴリした形は特に苦手、マッチョも実は苦手、私の好みはどうでも良いとして、言葉の持つ心を動かす力や、魅力、歴史文化は好きです。なので、漢字がダメな私は教員になれなくて今は正解だったと自分で自分を日々納得させています。何かになれなかった世界があるからこそ、今があるのも素敵。

2. おっと忘れる前に、三昧の意味も少し説明、心を一つに集中する事。雑念を去る事で、対象を正しくとらえる事。心の動揺がない事。瞑想状態に近いですね。

3. 言葉や心に興味が高い私は、最近やはり身体の痛みも心から来ている事への深みに益々はまり、ヒプノセラピーも学び始めているのです。そして、学び始めて色々な事を感じ、知りはじめ、自分の変化も少しずつ実感しています。だからこそ、師をみつけ学ぼうと決意しました。

4. ヒプノセラピーって何だ???って方もまだ多い世の中です。ヒプノセラピーは簡単に行ってしまうと催眠療法です。そう聞くと何か怖い感じしますよね。私もそうでした。とても怖かったです。催眠?!いかがわしいと20年前からこのカウンセリング技法を知っていたのですが、私のこだわりの強さから、ずっと避けていました。催眠かけて、人を洗脳して誘導して、その人の主体性を無くして、危険じゃないかー変な人に導かれたら、それこそ新興宗教被害にあった気分じゃん、と新興宗教に騙されてさんざんな思いをしていた20年前の私はそう感じたのです。でも、そう感じていて正解だったな、と思う事もあります。まだまだ正しい技法が広まっていなかった20年前は、わざと人を深みにはまらせて、洗脳して依存させるヒプノセラピストが正直にいましたから…今でも、数名いるのは確かです…見分け方に気をつけましょう。また、心理カウンセリング資格はずっと国家資格なるものは存在していなかったのです。やっと2017年から公認心理士という国家資格ができました。なので、いままでのカウンセラーは選び方を間違えると余計ドツボにはまって鬱病がさらにひどくなってしまうという事もありました。鬱病を治すために総額100万なんて人もざらにいます。でも、国家資格だから安心とも言い切れないのが世の常ですけれどね…医療事故が無くならないし、医療事故のもみ消しだってまだあるのですから。

5. 私がなぜこんなにもいまヒプノセラピーを見直し始めたのか、それは、人の思い込みから来る辛さや、躰、心の痛みを開放するのには効果の高いアプローチであると分かって来たからです。ヒプノセラピーの中には、退行催眠(幼少期や前世まで遡り過去の傷を癒す)、イメージング療法(成功しているイメージへと誘導しパフォーマンスを上げる手法でスポーツ選手が良く利用している手法)暗示療法(プラスの言葉を脳の深い所に植え付け、行動をプラスにする)と色々なアプローチがあります。その、アプローチの中で、その人の特性に合わせたものをセラピーしていきます。すると、心にブロックの無い状態でそのセラピーを行われたクライアントは、スッキリし、未来への行動が明るくなり、痛みが和らいだり、日々の思考、行動が変わるので、痛みがなくなるという結果が出せる技法なのです。だからこそ、しっかり学び、その手法を私も取り入れられれば、鬱病やリウマチ、ガンなどでメンタル的にも悩んでいる人の手助けに繋がると考え、学ぶことにしたのです。ただ、本当に変わりたいという人に効果のある技法ではあります。何しろ、潜在意識にダイレクトに働きかけるので、実は治らない事で病気でいる自分を構ってほしいかまってちゃんや、病気が実は好きだったりする人もいるのも事実だからです。本当に治したい人はちゃんと治るのです。だから、潜在意識で治りたいと切に望む状態まで導く忍耐力もセラピスト側には必要ではあります。

6. ヒプノセラピスト自身もクライアント側も気を付けなければいけない事があります。それは、思い込みを植え付けられて、それによりさらにトラウマを増やして生きにくくしたり、依存的な、逃げ腰の自己否定の強い人に導かない事、またセラピスト選びを失敗して、そういう自分に導かれてしまわない事が本当に大切です。世の中にはいろいろな出来事があります。自分の知っている世界は本当に氷山の一角です。よく、顕在意識と潜在意識のたとえで出て来ますが、私たちは顕在意識である氷山の一角で行動し、その奥の潜在意識は自分でコントロールしきれていなかったりするのです。ヒプノセラピストに退行催眠をしてもらった事で、スッキリと前向きに未来が良くなる人もいれば、自己否定の心が強く、思い込みの前世を掘り起こされて、私の前世が悪い奴だったから、今ダメなんだ、この世の中では前世の罪を償って生きて行かないといけないから苦しいんだと、自己否定を始めてしまい、スピリチュアルや、オカルトにはまり込んで、さらに悪くなってしまう人もいます。インナーチャイルドへの癒しで退行催眠を行った事で、愛されていなかったという思い込みを植え付けられてしまい、愛に飢えて自己否定をしたり、嫌な事があると何かや誰かにせいにする癖を逆につけてしまう人もいます。それは、とても残念な事だと私は思うのです。ヒプノセピーをすることで知らなかった自分自身を見つけ出せますし、良い方向に導く事も出来ます。ただし、マイナス思考なセラピストにあたったり、人の愚痴を聞き出して癒してあげる事もカウンセリングの手段ではありますが、愚痴を聞き出すのが好きなだけのセラピストにあたってしまうと、前には進みにくくなってしまうのです…すべてを認め、受け入れ、愛で包み込むことは、セラピストにとってとても大切です。包み込んだ後に開放が始まるからです。ヒプノセラピスト選びも、ヒプノセラピストになるための師を選ぶ方法も気を付けるに越したことがないという事ははっきりと言い切れます。

7. 選ぶときには、全米認定を持っているとか、凄い人に会って学んできた、ブライアン・ワイスやタッド・ジェームスから学んだ、とかそういう事で師を選ぶのも間違っています。だって、その人自身は、ブライアン博士やジェームス博士ではないし、資格だって後付けの肩書きでしかないのだから、人の名前や資格を盾にする人ほど、実は自分に自信がないという事もあります。個が確立されていれば、その人自身が正しい手法を編み出したり、人を導けるのではないでしょうか?資格に頼りすぎないのではないでしょうか。本当に凄い人ほど、肩書に頼ったりしないでも結果をだしているのは事実です。愛がある人なのか、自分と合う人なのかで選ぶ事。直観に従ってみるのも手、それが大切だと私は思います。

8.最後に私のすきな言葉の中の一つをのせます。アブラハム・マズローの名言:権力を求める人間というのは、だいたいにおいて、そんな権力を持つ資格のないものだけである。(アメリカ合衆国心理学者:1970年没)マズローは人がシンプルに生きる事のすばらしさを教えてくれます。マズローの欲求のピラミッドが代表的。欲求は人間成長に繋がるのです。幸せになる自己肯定の欲求を持つことで、良くなるための行動を起こし、幸せになる人が増えますように。

なぜ過去は医療産業が儲かっていたの?!

年々、同業者が増えているようです。私は、他店の調査とかは全然していないのでわかりませんが、セミナーに行くと、これだけの人たちが資格取得後も私の様に勉強に行くのだな、と実感するのと、中には、無資格やOL、主婦といった、身体に興味があるという方の参加も見受けられます。

ただ、私の様に身体の業界に参入する人の中には、2つのパターンの人に分かれるのです。お金が稼ぎたいだけの人と、本当に人のケアをしたいという人、お金が稼ぎたいだけの人の場合、テクニックに走りすぎて、手に職をつけていれば食べていけるからと方法ばかりを身に着けて行こうとします。ちゃんと人のケアを出来る人になりたいという人は、テクニックの先を超えた世界も見始めます。

最近はIT化が進み、人がいなくても良い仕事が増えました。で、手に職で整体やらアロマを始めようとする人がいます。だから、教える人のほうが稼ぎ始めているのも事実です。誰かがカモになり、誰かが稼ぐそういうピラミッド構造は資本主義には永遠に付きまとうのでしょうね。学ぶのはとても良い事です。私も学び続けています。でも、本当に自分が何をしたいのかを念頭において習い事は始めましょう。ジプシーで終わる人生ですよ…また、儲かっていたの?というタイトルの様に、同業者が増えていく産業はいつか下火を迎えます。整体、アロマ、治療院系はもう昔の様には儲かりませんよ。儲けたいなら、人のやっていないアイデアを浮かべて実践してみましょう。

テクニックを習得すれば、それなりにお店は開けるでしょう、少し結果を出せばよいのだから、結果をだす、でもまた再発して1週間後なりにまた来てくれる、リピートしてくれればずっと稼ぎ続けられる産業です。

だから、医療産業が儲かるのです。

病気にならない人間がいれば医療は必要ないでしょう。体調管理をしっかりできれば、病院に行く必要はないのだから。

ガンだってそう、毎日全人類の身体の中に癌細胞は生まれ、死滅し、それを生きている限り繰り返しているのです。免疫システムや心のシステムが健康に活動していれば、病気にはならないのです。

でも、みんなストレスや痛みや色々な事を抱えるから、病気になる。私も以前は3カ月に1回は必ず風邪をひいていました。今は風邪はめったにひかなくなりました。風邪を頻繁にひいていた頃は、すぐに病院に行く、薬を飲む、毎日健康になれると信じてサプリメントを常用する。ストレスがあればアロマを嗅ぐ、という自分の力を信じずに何かに依存し続ける日々を送っていました。負のスパイラルです。

アロマ依存は危険です。脳のメカニズム的に好きな香りや自分にあう香りを嗅ぐことは心を充実させてくれてとても良いのですが、薬、サプリ、アロマの効能効果は結局は統計学でしかないのです。アロマを嗅いだからリラックスできた。よく眠れた、そういう効果もありますが、その裏には深い呼吸を繰り返し取り入れたから、という呼吸の大切さが隠れています。だから、アロマやお香をたく事で、良い香り~と息を大きく吸い込み吐き出すきっかけづくりには適しています。嫌いな香りを使うと呼吸か浅くなるので、注意です。効果効能よりも好きな香りで選ぶ方が良い場合もあります。

アロマは猫には危険と言われています。猫は嗅覚が優れています。ドッグフードよりもキャットフードの方が味付けや香りづけが凝っています。また、猫はグルメなので、フンもとても匂います…そういう繊細な動物にたいして危険と言われるアロマを使い続ける事に私を疑問視をすることがあります。

ただし、施術でオイルでリンパを流し体内の水のバランスを整えた方が良い方にはアロマの施術はします。そういった手段で取り入れるだけです。私自身アロマには依存していません。

何かに依存させると商売は繁盛します。だから医療産業が儲かるのです。自分で治せない所を治して貰えると依存が始まる事もあるから。

保険適用が出来る事で、安く診て貰えるし、依存しやすいのも大いにあります。アメリカは日本のようにそういう制度がないので、お医者様は外科医や歯科医がメインです。日本の様に内科だらけではありません。ドラッグストアはあっても、調剤薬局はめったに見ないですね。ドラッグストアでも結構強めの薬が医師の処方なしに手に入ったりします。ガンが致命傷だから、アメリカはガン保険が充実していますね。日本だって、ガン保険が入ってきたのは外資系からですし。

だから、日本では医療産業が流行り、アメリカでは保険や弁護士業が流行るのです。

ヨガやパーソナルトレーニングもアメリカで流行ってから日本にブームが来ました。理由は、アメリカ人は、日本のように国民健康保険制度がないから自分の身体を自分でケアする方法を知り、身に着ける事が得策だからです。

また、アメリカでは、メンタル系のクリニックやホメオパシーなどを取り入れる事で、自己免疫力や自然治癒力を高め、問題の改善に努めています。心が病気を招く事をしっかりと知っている国なのですね。値段は高くても、しっかり治れば、ちょこちょこ病院に行くよりも、時間やお金の無駄使いも減りますから。

最近甥っ子に、お医者様って儲かるの???と質問されました。儲かる医者もいれば、儲かっていない医者もいるよ。最近はお医者様も大変だから。と答えたばかりです。国民の何割かが真実に気が付き始めています。通い続けても気休めにしかならない医療に対して、他の方法がないのかと、そして自分で健康法を取り入れて、ちゃんとしたアドバイスやカウンセリングをしてくれる場所に出向くようになってきています。選ぶのは最後は自分なのですね。お医者様へのアンケートで自分がガンになっても抗がん剤や放射線は使いたくないとの結果も出ているのです。お医者様でさえ、薬の怖さに気が付き始めているのです。でも、日本の保険制度の中では、薬を出したり、通院してもらわないと稼げない事を知っているので、完治させることよりも、少しでも楽にさせる事に目を向けています。

病気で居続けたいのか、良い行動を選んでいくのか、人間は変化するのは怖いです。我が強い人ほど、治りたい、治りたいと言いつつも治らない答え探しばかりをするのです。治る答えもあるのに…

この真実に気が付く人がもっと増えて行ったら、医療産業や私のような整体師、アロマセラピストのお仕事はもっと下火を迎えていくのではないでしょうか??? 整体やアロマ、その他身体に良い事は色々あります。ちゃんとした方法と知識があれば、人を改善する事は可能です。でも、儲けたい、稼ぎたいだけでテクニックや方法、マーケティングやトークを身に着けても、心がこもってなければ、嘘の押し売りではないのでしょうか???本当に人を心身ともに改善できる方法が広まる未来を臨みます。

もどりが早いと悩む施術家さんへ

最近、勉強会に参加して周りから耳にする意見で、すごく多いな、と思うのが、戻りが早いという意見です…特に、治療院系や、時短を売りにしている、部位別治療をしている、身体全体を見ていない感じの方にこの戻りへの悩みが多い様に感じます。

では、戻りへの悩みを解消するにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、3つの事を念頭に考えて対処していくことが必要になってきます。

1つ目は、現在の生活様式を読み解く事です。その人の痛みの原因はどういう生活習慣から来るかを知る、よく使う足や手は?職場での座席の位置は?エアコンがどんな位置から身体にあたるか?移動手段は?まだまだ聞き足りないですが、カウンセリングをじっくりとする事。動きを見る事も大切です。カウンセリングをしている最中にも、顔の左右差を見る事、ほとんどの人はどちらかの顔が下がっています。鼻の穴の大きさも微妙に違います。見すぎずに見る訓練も必要です。

2つ目は、子供の頃からの習慣、考え方、努力の仕方、逆に怠け方を聞ければ聞き出す、これにより、プライドの高さや負けず嫌いか、優しすぎる人なのか、自分を責めるタイプか、他人を責めるタイプか、そこまでリーディングできればリーディングします。これで、心から来る痛みを開放できる場合があります。

3つ目は、今後どう過ごせればその人にとって良いのかの方針を決められれば決めていきます。戻りが早い人は、変化に対して怖さを感じる人もいるから、時間をかけて治療してほしい人の場合は、急に良くなった事への身体の拒否反応で、自分で変な動きをして悪くしてしまう人もいるのは事実です。

簡単に言うと、過去、現在、未来を見つめて繋げていく事。これも私達セラピストにとっては必要なツールであります。

この三つをしっかり聞き出すために、初回はカウンセリングだけという先生も最近はいます。初回にしっかり聞きだして、その人にあったセルフケアや生活様式、心のカウンセリングが必要な人にはカウンセリングをして、自助努力も勧めて、身体のメンテナンスをしていく、2回目の来店時にセルフケアでの改善や気持ちの変化を聞きだせば、さらに自然治癒力を自分で発動できる土台をちゃんと作ってあげているので、実際に2回目から治療をするという流れは私的には、治療院にはとても適していると考えます。

リラクゼーションサロンは空間演出やおもてなしで癒してあげつづ、非日常体験での心身解放効果を狙い、全身を見られるという利点を生かして、しっかりと初回ではお客様の身体の情報をキャッチしましょう。

リラクゼーションサロンでは出来ない事が治療院では出来る。逆もありますが、その場所に適したことをやって行く事が世の中にはとても良いと私は考えます。ライバル店なんて存在しないのだから。すべてのお店に全て良さがあるし、個性がある、悪い事をしていなければ、全てよいお店だし良い治療院です。選ぶのはお客様、ただそれだけの事。悪い事をしている治療院はお客様も一緒に悪人にしてしまうので、偽装保険請求はやめましょうね。

1つ目の現在の見立てに対する施術方針ですが、身体の使いかたの癖や顔の左右差をしっかり読み取ったのなら、頭蓋までちゃんとケアするべきか、痛い方側だけを解すのではなく、痛くなる原因を発する身体の使いかたが楽になれる筋肉をほぐしてあげるのか、導きだせます。右ひざが痛くても、左足腰に体重をかける事の積み重ねで、右ひざが痛くなることだってあるのです。

2つ目の過去の習慣にたいする見立てができれば、力加減も対応できます。強くやりすぎない方が良い人、逆にツボにしっかり入れてあげて、刺激で呼び覚ましたほうが良い人までも判断できます。繊細な性格、芸術家タイプの方は、優しい方が効果が出る事もあります。スポーツマンタイプ、痛い思いをするほど効果が出るタイプの人は、ツボ刺激も取り入れるのも手です。ただし、力任せだけの手技は絶対にやめましょう。ツボや凝りがあり流れを邪魔している場所は、力に頼らずに施術しても、痛いのです…骨を操作するのも力任せではなく、骨と繋がる筋・筋膜も同時に操作しながら行います。骨だけをなんとかしようなんて、身体がかわいそうです。

3つ目の未来に対して、人は、変化を恐れる性質の強い生き物です。だから入学式に対してのタイプが3通りに分かれるのです。楽しみになりすぎてハイテンションか、不安になってローテンション、何も感じない様に自分でセーブをかけて通常通りに振る舞う、これらは、変化する事に対して、自分で自分の心を個性にわけて順応させて変化から来るショックを回避しようとするから。だから、効果的な施術でも、その効果を不快に感じる人がいるのです。効果があった事を怖がって、施術を遠ざける人もいます。今までの自分が急にいなくなるのが寂しいから、病気でいる自分を愛しちゃう人もいるから、このタイプの方は、口では治りたいと言いつつも、奥が頑固だったりするので、見極めはとても難しいです。見極められたのなら、急にだと危ないので、少しずつ一緒に変化していきましょうね。との声掛けも必要なのです。見極められなかった場合は、自分を責めすぎずに、本人の意思に委ねましょう。本人が治りたいと決断しない限りは、踏み込んではいけない領域もあります。ハイテンションタイプの人は、良くなると、もっと無理のある動きや運動をしたがることもあります。よっしゃー身体の可動域が上がったから、階段猛ダッシュしてやるーみたいに。たとえ身体が楽になっても、昨日まで痛かった体を急に動かしてはいけません、それも伝えておいてあげましょう。戻りより悪化もあり得ますから…

もどりを防ぎたくて色々なテクニックを習得しようと頑張るのでしょうが、テクニックを習得しても、身体がなぜその痛みを発するのか、どういう生活習慣なのか、性格は?どっちが本当の利き足なのか、利き手なのかを判断しないとずっと戻りに悩み続けないといけないって事です。

勉強会に高額を払って参加すれば、テクニックや評価方法は教えてくれます。そして、それを試すとすぐに効果がでます。でも、痛い場所の評価と痛い場所の治し方を習ったところで、その人がなぜ痛くなるのかまでを見つめ切らないと、すぐに戻るのです。これが、どんなに上のランクまで目指して学んでも、凄腕にはなりきれないというオチなのです。お金を積めば、資格や免許、認定は簡単に手に入りますよ。その先が本当は大切です。習っても、本質が解らなければ、実情は認定書を貰い、自分の承認欲求を満たし自分を安心させてあげただけに過ぎないのです。

信頼関係を築く、心の奥も見る、カルマも見る、そこまで考えて人と接した時、かなり戻りを防げます。だからこそ相性も大切なお仕事なのです。相性や波長が合わないと、心の奥やトラウマ、カルマを私達セラピストに見せて解放させてくれませんから…信頼関係は何よりもすごく大切なお仕事です。

でも、勉強会に参加する方は、意志力高いな、と戻りに悩むことでは感心します。完全自費診療にするために勉強している先生に、私は尊敬の念を浮かべます。だって、うちの近所の治療院は、毎日通ってくれてなんぼって先生がまだまだいますからね。偽装カルテを毎日セコセコ作り、保険でやってはいけない事を保険でやるための、嘘ばかり並べたカルテ、保健所は無駄な仕事は増やしたくないから、田舎のそんな治療院は放置です。別にちゃんと見ていないんですよ。取り締まりが厳しくない時点で、まだまだ、日本にはお金があるらしいって事なんでしょうね。本当に、税金や保険のお金の使いかたが忖度だらけでも世の中動くって日本って平和で安全だなと思うけれど、保険の使い込みにより、保険料上がったらどうしようとか、将来の事を勝手に考えてしまう私もいます。

何より、そんな世の中にいても、セミナーに行って会話をする方は、人を憂い、自分も人も大切に出来る愛のある方とのご縁が強いので、素敵な同業者さんと一緒に学べる事では有り難い場だなと感じています。

藤井省吾先生に会って学べたこと。

昨日はJPR協会主催のサミットという集まりに参加しました。ものすごい数の人が集まっていて、YouTubeの威力や藤井先生のカリスマ性、指導力、テクニックに圧倒される充実した1日を過ごさせていただきました。

そこで、とても感じた事、見立ての大切さ、この人のここを開放してあげれば、可動域があがり、身体が楽になるという事、テクニックよりも深い裏の世界がある、何を当てはめて施術するかで結果も世界も変わる、まだまだだな、もっと磨いていきたいな、と実感しました。

また、勇気をもって、みんなの前に出てみた事で、もっともっとうまくなってたくさんの人の身体をより過ごしやすくできるセラピストになりたいとの意思も強くなってきました。

藤井先生は見立てもできる、エネルギー的にも開放できる、ラポールもできているから、効果が出るのだな、との実感もありました。

藤井先生の事を信じていない人が先生の手技を受けても、そこまで効果がでないか、出てもすぐに戻りがでます。

そもそも、施術事態の値段も高いので、信じていないと受けないと思います。全く信じていない人は、その先生の場所には行かないから、人と人が良くなり、向上していく事って信頼関係の上に成り立っているのだな、という事もとても痛感しました。

今、治療院業界やリラクゼーション、エステなどの産業がどんどん人が増えてきています。技術があればなんとかなる、技術があれば、会社がなくなっても自分の腕で出来ると考える人がいるから、でも、それで学んでいても、結局は最後は自分次第なのだなと痛感しました。どこまで自分が辿り着きたいか、人の痛みや悩みを取り切りたいか、でもそこに捉われすぎずに生きて行けるか、そういう所にも目指す道や見る道はあるんだとも考える1日でした。

経済的に見ていくと、こんなに人が介入してくる産業は時代的流れで長くは続かない場合もあります…

最近知った経済の流れをみてうまく行った人の状態は、はやり始めたものからは手を引き、人がやらないようなこと、周りがえっ何それ、知らない、わけわからないという事にいち早く着目し行動した人がお金を丸っともっていくという流れがあります。

お金が儲けたくて藤井先生の真似をしても、それは違うのです…自分がセラピストとしてどう生きたいか、本当に仕事が好きか、どんなことがあっても落ち込みすぎないメンタルを持てるか、にもセラピストの生き方はかかっているし、変わってくる、だから、心から仕事を愛して、人と向き合える自分でいたいとも思える1日を持つことができました。

セミナーに出る、高額を投資して学ぶ、それも必要だけれどもお客様と信頼関係を築く、でも自分に依存させすぎない、出来る最善をつくす、それを重ねて行く事に効果や人を癒せる力を出していける自分が出て来るのだと感じました。お金があれば、お金をつぎ込めば色々な情報は手に入ります。でも、人から習うばかりではなく、挑戦し続け、失敗も成功も色々な引出しを人生の中でたくさん積み重ねて行く事が本当は何よりも大切な財産だし、人に寄り添えるセラピストとして生きていける道なのではないかと私は考えました。

JPRサミットに参加してとても良かったです。でも、のめりこむかどうかとお客様を良くしていきたいために起こす学び方や動き方は人それぞれなので

捉われない、拘らない、偏らない、水の様な心でこれからもセラピストとして一人でも多くの人と向き合い、自分のメンタルを日々強められたら良いな

誰かにのめりこみすぎたり、依存しすぎると、自分がなくなり、何のために生きているのかわからなくなります・・・人と自分を比べすぎない、あの人みたいになりたいと思いすぎない、出来る事を真面目にコツコツやる、それが生きるコツだと私は思うのです。

でも最後にぶっちゃけ、私は前野先生に会えるのを期待してサミットに行ったのは事実です。ダメですね、のめりこみですね。気を付けます。

小田原市の整体に行きましたか?

梅雨入りしたようで、身体がじめっとします。さて、整体サロンを探しているけれど、しっくりこなかったり、ま安いしここでいっか、なんて安易にお店に行き続けている人がまだいるようで、勿体ない事をしているな・・・と正直感じています。

現在、治療院もサロンも増え続けています。そのため近くにあって便利になったり、おしゃべりが楽しいとか縁故関係で行くとかそういった理由で選んでいる人もいるようですが、これだけ増えたのだから、選び放題なのだからしっかり選んだ方が身のためだと私は思うのです。

安いだけのお店はやはり技術はそれなりです。なぜなら、安いからこれくらいのサービスでも良いだろうと慢心していたり、技術を磨くために勉強をしていない事が多いからです。お小遣い稼ぎ感覚で経営しているサロンもそれこそ増えております。

人の身体は刻刻と変化しています。携帯だって5G時代に変化しています。昔のままの手技や昔のサロンワークの経験を活かしての手技では現代人を癒しきれないです。人柄や相性だけではダメなのです。人柄、技術力、氣、全てが満たされたセラピストに施術されてこそ、人はより健康になれるのです。

相性で選んでいる方へ、あなたと相性が合うという事は、あなたと似た性質の人である可能性は高いです。あなたはどの様な食生活や考え、習慣をもっていますか?お酒やジャンクフード、お菓子など健康に悪いものは好きですか?お酒が好きな人は、お酒好きなセラピストを知らずに選んでいるかもしれません・・・まず断言できます。お酒が好きなセラピストは健康の事をちゃんと考えていません。我欲を満たす思考が強い人が多いですのでお気を付けください。近寄りがたいと感じても、自分より少し違う人を選ぶのも手です。どうせなら健康な人に躰を触られましょう。

セラピストは好きで選ぶ仕事ですから、ストレスがあってもお酒や食べ物には頼らないのが筋です。好きでもない仕事をやる、人間関係に悩みお酒でも飲まないとストレス解消できない、そういう状況の人に躰を触られて波動が下がっても平気という方は、酒飲みや肉好きさんにどんどん触られても良いとは思います。

そしてチェーン店は安いけれども担当者のバラつきが激しく、腕の良い担当者程、独立開業していく時代です。値段だけでお店を選び続けていると、逆に無駄使いをしていた事実を目の当たりにします。

また、ヒーリングサロンなど、手かざしやエネルギーで身体を治して貰ったという方はいますか?本当に身体が治ったら、そういった事をしてくれたお店へは年1度くらいしか行かないか、もう行きませんよね…治っているのだから。行かないと不安になると思い、不思議なお店に行くのは、あなたはもう信者になっている証拠です。本物のヒーラーは人を依存させません。自分で生き抜く力、未来への希望を与えてくれます。だから、自慢話もしませんし依存されること自体を嫌がります。

私の住む南足柄よりも小田原の方が圧倒的に店舗数は多いです。ですが、噂を聞くと都内や大阪、京都といった激戦区の先生よりも私が行きたいと思える場所はまだないのは実情です。行くのならやっぱり自分と波長の合う一流の先生に診て欲しいから、私は先生の実態をしっかり把握して選びます。

身体を解せる、内臓の調整も出来る、頭骸骨の状態も感じ取ってくれる。身体全ての繋がりを感性や感度の高い指先で感じ取り、しっかりと調整してくれる先生に私なら見て欲しいと望むのです。

いまだにやみくもにグリグリ押す先生がいるようです…身体は大正生まれ昭和初期生まれの激動の時代を生き抜いた人たちとはもう作りが違うのです。そういった人でさえ、高齢者で強く揉んだら危険です。ツボはポイントを捉えて強く入れ込むと効く場合もあります。しかし、ツボは5㎜でもズレたらそれはもうツボではないのです。ツボのコリと筋の凝りと骨のコリの違いを判断できる先生が増えてくれることが私の願いです。

先日行ったセミナーでは女性だからそれほど強くはないから大丈夫だろうと安心したら、勘所を間違えられて、めちゃくちゃ痛く、痛い痛いと言っているのに、痛いですよねと平然と続ける方に身体を触られ、翌日は身体が痛くて寝起きがたまったもんじゃありませんでした…第一印象も、この人に触られたら波動が下がり危険と感じたのですが、嫌な思いもするのも勉強と仕方なく受けました…小耳にはさんだ会話では、その方の休日の過ごし方は、飲み会だそうです…とても残念です。身体を触る仕事とスポーツインストラクターと兼業しているそうなので、インストラクター一本に絞って欲しいと感じました。酒好きな時点でそもそも健康産業には向いていませんが

痛いのが気持ちの良い人は身体がマヒしてしまっている証拠です。悪い所は痛い場合もありますが、ほぐれれば、痛いコリのポイントも凝っていたツボの地点も痛くなくなるのです。ただし、痛いと感じる感じ方は強く押されて痛いのとは違い、それほど力がない人に押されても痛いと感じる場合の本当のピンポイントの凝りです。強く押されれば、誰でも痛いのは当たり前です。その見極めは本当に大切です。

お店選びは慎重に、あなたの大切な身体が強く揉まれないと気持ち良いと感じられない、強いグリグリでないとやってもらった感がないと感じてしまうほどの酷い身体にならない様に気をつけて下さい。特に、首、肩と背中は身体の中で一番強く押してはいけない場所なので、どうかご自愛くださいませ。

サプリメントが効く人と効かない人

もう1年の半分が経過し、歳月の経過の速さを感じます。甥っ子の身長も久しぶりに会ったら伸びていて、たまたま見た写真も同級生よりも背が低かったのに、同級生と同じくらいになっていました。

成長って嬉しい でも衰えって切ない、で、衰えに抵抗してサプリメントを飲む人もいますね。または、成長したくて背が伸びるサプリとか、筋肉が付く、Fカップになれるとか、色々ありますね。実情はいかにです。実は私は若い時Fカップになれるサプリ試してみましたよ1年かな 実態は変化なしです。

昨年の冬からはシミの消えるクリームを試しました。商品名は伏せますが、半年で効果が出ると聞き、半年しっかり試しましたが効果なしです。消えません、むしろ増えた!!! 日焼け止めを塗らない私も悪いのです。そんなこんなでうたい文句で購入しても効果なしってよくあります。でも逆に効果ありの人もいます。その実態が最近分かってきました。

そして、半年試してみたクリームよりも施術している一番最上のフェイシャルエステを自分にも施してみる事で、即効変化して驚きました。お店で使っているものは高いのであまり自分には使いたくないのですが、あまりにもクリームに効果がないことに嫌気がさし、時間をかけてちゃんと自分をケアしてあげました。ちゃんとしたケアって違うと実感、塗るだけ、飲むだけってやっぱり効果は少ないです。

そこで、サプリメントなのですが、サプリって飲むと体内で成分が変わってしまうって知っていましたか?アミノ酸系とか特に顕著です。その人それぞれの体内の状態によって合成が変わるのです。ほとんどの物質は塩基配列があります。そしてその塩基配列の並びや繋がりが崩れると栄養にならないし、配列が良く体内で結合すると栄養にもなるそういう事もおきます。

だから、プラシーボがかなり高いのがサプリメントです。最近話題のBCAAなんて特にそうです。体内で合成できないからサプリで取りましょうと勧めていますが、効く人と効かない人が本当に顕著です。

そして、効果ありなしの実態なのですが、それは脳の機能にあります。人間って脳が司令塔です。排便も疲労感も、痛みも、脳からの指令により発動する。

効く人に多い特徴は、そのサプリの説明や効果をものすごく読み解く人、そして、この合成でなりたっているから、こういう効果が起きるのか、とか、これは自分にものすごく合う、効果が出ないわけがないと思い込めるまで信じられる人の場合効果が出る事もあります。それは、自分の脳にスイッチを入れているから、何日後に私はこの状態になれると自分を導けると人は変化が起こりやすいのです。

あと、凄腕の超能力者なら、サプリメントの塩基配列を書き出してその配列のまま身体に入ったと出来ればそれはもう飲まなくても効果を出せてしまうのです。私はサプリメントは好きではないので、超能力者に会いたいです。

塩基配列とは、六角形とか棒線とかアルファベットが繋がった、高校の化学で習った元素記号の配列図です。大人は知っているあれです。薬も、サプリも、調べるとそれぞれ塩基配列があります。ただし、この方法はやれる人がたとえいたとしても、絶対に秘密にしなければいけない方法です。

とんでもな話だし、信じる信じないにかかわらず体内の合成や配列を超能力で変えられたら、ガンも治せてしまうので、大変な事になってしまいます。DNAまでも操作できてしまうので、ダウン症までも改善に導いてしまうのです。

なので、マスコミは絶対にそんな能力者は取りあげないし、隠されてしまうし、裏で情報操作されてしまいますから。その能力者の身を守るためにも秘密にしなければいけないのです。口コミなんてしてはいけない世界なのです。口コミで来た人は逆にわざと治さない様にしたり、バレないようにしないといけない能力なのです。

でも、そんな能力がなくても重大すぎる病気じゃないのなら、自分の脳のメカニズムを大いに活用して、サプリを飲まないでも飲んだ気になって朝ご飯を食べるなりをすると人って変わるのです。信じる物は本当に救われちゃうってこういう事です。

サプリメントはあまり人体に良いものではありません、サプリを作る過程で合成したり、固めたりして本来の姿から離れているので、肝機能に障害が出てしまいます。肝臓は解毒担当の内臓さんです。

なので、体内に異物が入ったと意識をすると、解毒しようと頑張り始めます。サプリメントは異物として意識されるのが人体のメカニズムです。これも本当はあまり明かしてはいけないお話です。

サプリ業界で日本産業は成り立っているので、やばいのです。ドラッグストアが年々増える、サプリを売る治療院が年々増える、アロマオイルを売る治療院やサロンが増える、だから日本に必要な産業です。不健康な人がいてこそお金が流れるので、不健康万歳なのです。サプリやアロマに依存してくれた方が有難いのです。

私のブログは本当にやばいのです。多分検索上位には出ないでしょうね。だってばれたらヤバイ事ばかり書いているから、でも書いちゃうのが私っていう人間です。サプリメントの事も、ちゃんとお話させていただきます。

検索上位に出た方が店舗運営に優位だって重々承知ですよ。グーグルさん、わかってますよ、でもね、自分が子供の頃から薬依存症と20代になったらサプリ大好きな日々を過ごして、気が付けば肝臓に疲れがたまり、37歳位までは不健康、うつ病、突発性難聴、花粉症、顔面麻痺、等々あらゆる病気になっていたから、そういう辛い思いをする人は一人でも減って欲しいのです。

体内に不要なものをため込んでいると解毒に時間がかかってしまいます。自分がやっていた、健康オタクなのに不健康だった間違いを伝えるためにも記述しているのです。サプリには飲み方と選び方に本当に注意を払ってください。私がサプリを飲むとしたら、疲れすぎてビタミン不足を感じ風邪をひきそうな時だけです。でもそれもここ1年はないです。

体内に不要なものが蓄積されすぎていると、栄養も取り込まれにくくなるし、サプリや薬は身体が不純物として認識し余計に病が治りにくい身体になってしまいます。

私の聞いた事のある話で北海道の治療院の先生の事例では、免疫機能や解毒力も高められる血流やリンパの流れを良くする施術をしている中で、ガンの方に、お薬を辞めて下さい、辞めると最初は辛い事もありますが、ちゃんと流れを良くする施術をしているので、どんどん流れるので、今まで悪いものを溜めていた分ドロドロの鼻水や色々なものが出てきて辛いですが、薬で抑え込まずに、どんどん出して健康になりましょうと指導していました。

そして、色々出てきて回復に向かおうとしていた時に家族に薬を飲んでいなかったことを知られてしまい、薬を飲まされた翌日にその方が亡くなってしまったんだ、というエピソードを聞いた事があります。私が病院までつき切りでいられれば、もっと守れればと悔やんでいました。本当に薬やサプリを飲み続けて体内に蓄積してしまう事の恐ろしさを実感しています。

でも、飲んだ方が良い薬もある事は確かです。飲むことで症状を緩和できること、完治に導ける事もある事例もあります。ただし、薬を飲み続けなければいけない状態になってしまうとそれは危険ではあります。なので、日頃から高血圧にならない様に気を付けるとか、そういう生活態度も必要なのです。

まだまだ依存している人、サプリや薬への依存から卒業しませんか、自己免疫力を高める、内臓や体内も温める、基礎代謝を高める、平熱を36.5くらいにはしておく、暑い時でも身体を冷やしすぎない様に気を付ける、気血水の体内循環を改良していくことが健康に繋がるのです。

どうかご自愛くださいませ。

お金を払って身体を壊していませんか。

思い出してください子供の頃の事を、あなたの身体は今より元気でしたか?それとも、大人になってからの方が元氣ですか?

私達は日々、悩み、痛み、不安と共に過ごしながらも、幸せを感じながら生活しています。実は、悩み、痛みといったマイナスがあるからこそ、幸せを感じられるように出来ているのが現実です。

だからと言って、身体を壊して痛い時と痛くない時を実感しながら生活するのが幸せかというと疑問なところでもあります…

で、最近感じている事、アロマや整体、治療院が年々増加傾向にあるけれどほとんどのセラピストが身体の構造を本気で理解していないという事、臓器の名前や場所が解る、筋肉や骨の事も解る、なのに身体の本当の事を解っていない、だから身体に無理な事をお客様や患者様にやり続けているという現実を目の当たりにします。

最近久しぶりに見たユウチューブでのアロマの施術の動画、施術者が身体を手のひらを使ってポンポン叩いていました…何故叩く、ダメよ人の身体をそんな叩き方をしたらと悲しくなりました…

また、整体では痛い痛いと言っている人にずっと同じ強さで揉み続けている事、痛いのはコリのサインでもありますが、痛いと言っている場所をずっと強く揉み続けると細胞が傷つき、脳の痛みセンサーもマヒしてしまします…

痛いと言われた場所は少し揉む強さを弱めてみるのも手です。人間関係と同じです。押しすぎると逃げられますよね。弱めてほぐして再度最初と同じ強さで揉んでみたときに、痛くない、それがほぐれたサインです。

躰にずっと痛い事をし続けると、麻痺したり慣れたりして痛く感じなくなることがあります。それはとても危険な事なのです…10年くらい前までの整体やマッサージの手法はそういった事も取り入れていました。痛い痛いと言っている人に、ほぐれると楽になるからと言って、ずっと強く揉み続ける、そしてやられている人は麻痺をして、あっ本当だ楽になってきたと錯覚する。

そして翌日揉まれた箇所が揉み返しになる、痛くなる、でも好転反応だからなどと誤魔化されて、楽になった時の脳の記憶が忘れられずに強く揉まれた方が効くという変な中毒になって、どんどん自分の身体を痛めつけていくのです。タバコやお酒と一緒です…何故、健康になりたくて行っていることで不健康になろうとするのでしょうか。

本当の好転反応は翌日痛くなるとしても、筋肉痛の様な痛みです。使っていなかった筋肉までもしっかりほぐしてもらえると、姿勢が整い、正しい歩き方が出来るようになります。で、今まで正しい歩き方や姿勢をしていなかったのだから、筋肉の使いかたにむらやギャップがおこり筋肉痛の様な痛みがでるのです。強く揉まれていないのにこういった事が起こるのは正しい方法を行ってもらえた結果です。

私も最近都内のちゃんとした先生に身体を触ってもらえたおかげで、本当の好転反応を産まれて初めて実感できました。

バレリーナやスポーツ選手も見ている先生でした、たまたまセミナーでペアを組ませていただけて幸運でした。性格もとても謙虚で勉強熱心で雰囲気も清潔感があり、手も柔らかく温かく男性の先生でしたが、安心感のある包み込むオーラの素敵な方でした。お店の名前を聞いておけば良かったと今になって後悔しています。ガツガツしていない感じの方で、集客に悩んでいるとおっしゃっていました。次回予約の声掛けをそんなにしないようです、セルフケアもちゃんと伝えてくれる先生なので、自分で治せるようになればもう来なくても良いんだよと言ってしまう感じの方です。欲がない、でも人を健康に良くしたいという欲はある、うん、素敵です。また会えると嬉しいのです。

話が私の感動体験にそれましたが、都内ならお店や治療院も多いし激戦区なのでちゃんとした先生を見つけやすいかもしれませんが、田舎に住んでいるとそうも行かないですよね…整形外科が近くにないから、打撲や骨折でずさんな整骨院に行って、わかってんだかわかってないんだかの先生に毎日来た方が良いなんて言われてしまう…毎日行っても行かなくても、治る時期は正直言って変わりありませんよ。

打撲や骨折は初期の処置が本当に大切なのだから、初期に処置をちゃんとしていないのにずっと通ったって健康保険の無駄使い、私達の負担しているお金を搾取されていくだけ、でも痛い人は不安だから言われたとおりに通うのです。で、治るとおかげさまで治りましたなんて言う、でも打撲や骨折は日柄者だから治るのですよ、治った後にちゃんとした先生に診て貰えた人は、ずっと調子が良いけれど、先生選びを失敗した人は、打撲や骨折は治っても、筋肉や繊維異常が後々になって起こるのです…老化だけが問題ではありませんので、毎日通わせすぎる拝金主義の先生にはご注意ください。しかも、テナントを借りてやっている先生なんて問題が起きたらすぐに店をたたんで逃げていくのが実情で、そんなの最近しょっちゅう起きていることです。

接骨院や柔道整復師は3年勉強して400万近くの学費なんです。打撲や骨折は整形外科をお勧めします。6年勉強してるし、1千万くらいの学費、全然違う、接骨院は病院ではないのです。医者の補助です。

でも接骨院とかでもエコーを取り入れてちゃんと見てくれる、家でのケアも教えてくれて、毎日通わせすぎない、周りの事を考えてくれている先生は本物です。そういう先生は、あまり保険を使いたがらないので、値段は高いです。真剣に身体の事を考えてちゃんと治したいのなら、お店や治療院選びは慎重になるべきです。

もうこの世に赤ひげ先生はいないのではないでしょうか???仕事を頑張る、勉強を頑張る、で稼げるようになって良い先生に巡り合うしかないのかもしれません…

私達は、繊細なのです。だから、ぶつけたり、負荷が強いと躰を壊してしまうのです。人の身体を食べ物で例えるのならバームクーヘンをプリンで覆っているような状態です。どちらも、落としたり指を強く押しこめば潰れてしまいますよね。

皮膚には表皮、真皮、皮下組織があり、筋膜は大一層から第六層まであり、筋肉があり、内臓があり、骨があります、人の身体は内臓や骨にたどり着くまでに何層にも織りなされて出来ているのです。バームクーヘンの様です。で、バームクーヘンは硬いので、肌の弾力をプリンに見立ててプリンに覆われたバームクーヘンと表現します。

プリンは優しく揺らすとプルプル震えます。お皿にのせれば強く揺らしても崩れません。でも、カップに入っている状態で揺らすと壊れます。人間もそう、障害物にぶつかれば壊れる、だから叩くなんて事をしたら身体を壊します。では、バームクーヘンはどうでしょうか、指でむぎゅなんて押しすぎたら、何層にも織りなした美しい層が崩れますよね、断裂しますよね。

そういうイメージや意識をもって人の身体も触る事が大切なのです。だから、骨にすぐ届きやすい肋骨周辺や背中、肩などは特に強く揉んでは行けません。首も繊細なので、男性は特に力で揉んでは行けません。手が大きい人も、手の重みだけでも負荷がかかっている状態なのだから、押し込んでは行けません。私達セラピストはそろそろ人の身体を傷つけた施術をしてしまっていたことを反省しなければいけないのです。

今までと同じ施術のままではもう人の身体を傷つけ続けてしまいます。お金儲けだけがしたくてセラピストになったのですか?痛がっている人を一人でも癒したくてセラピストになったのですか?両方望んでセラピストになったのですか?まず、お金儲けだけがしたい人はセラピストに向いていません。身体にはもう触らないでください。とっとと辞めて下さい。人間の身体は神々しく尊厳があるのです。もっと人を敬ってください。お願いします。

ちゃんと癒したいセラピストさん、力を抜く事を覚えて下さい、また、自分の握力測定をしておくと良いですね。指針にはなります。手の大きいセラピストさんは、手の重さも量ると、手のどの部分を使うと良いかが見えてきます。やみくもに学校で習った手技や本に載っている手技を参考にしすぎて、この手技は手根部で、とか親指で、とか行う事がどれだけお客様の負担になっているかを考えてあげて下さい。

お客様は、痛いと感じたら遠慮なく施術者に伝えて下さい、力が強いから痛い場合と、こっているから痛い場合と二通りあります。強くやっていないのに痛い場合は、何故痛いのか、痛い原因を教えてもらい、ちゃんとほぐしてもらいましょう、

強く揉まれるのが好きな人がいまだにいるから、強く揉んで間違った事をまだやっているセラピストがいるのです。好き嫌いよりも自分の身体が良くなるか悪くなるかを考えられた方が、自分をよりよく出来ますよ。相性だけを超えたものが見えてくるから。

日本人は特に似た者同士で集まりたがります。承認欲求が強いから、自分と価値観の違う事を言われると否定された気になりやすいから、否定なのか、正しい意見なのか、助言なのかを見極めて生きないとせっかくの人生が台無しです。

安心する所にとどまり、相性が合う事ばかりに気を取られると真実が見えにくくなります。原理原則、理論が宇宙の法則です。正しい事は全て科学的根拠で解き明かせます。世の中の物事の法則性を見ていくと、人の身体の使いかた、触れかた、この部位はこういうアプローチやベクトルが合うという事もだんだんと見えてきます。何が間違っていたのかも反省できます。

相性だけをみてずっと自分を向上させない環境に身を置くよりも、向上できる環境に身を置き、自分を変化させると正しくよりよくなれる人との出会いや環境と相性が合っていきます。強く揉まれるのが好きな人でさえも、その間違えに気が付く事が現象として現れれば、シフトチェンジするでしょう。間違いに気が付くのが早いに越したことはないので、早めにお気づきください。

春に身体の右側が痛い時

5月は、10連休や気象の変動でアップダウンが激しかった様子です。

そして、当店でも あ~この季節特有の症状か…という方が多く見受けられました。

私のお店はリラクゼーションサロンであり、治療院ではないのでそこまで深いアドバイスをする必要がないので、開業当初はそこまで深くは伝えていない所があったのですが、

最近では病院も治療院でさえもあまりアドバイスをしていないらしき実情を目の当たりにし、このままじゃいかんと愛を伝搬するライトワーカーの役割を果たすべく、伝えられることは伝えるようにしています。

ライトワーカーというとスピリチュアルな感じですが、私の言う愛とライトワーカーの定義は、スピリチュアル特有のふんわり柔らかくあいまいに包んで結局キャバ嬢的な儲け方をしている拝金的な感覚とは違います。

正しい事を言うと人は離れる事もあるかもしれません、耳障りの良い事が人は好きなので、人は孤独や不安に弱い生き物です。私もそうです人間なので、だからこそ、愛と強さを持ちたいと日々生活しているのです。

話がかなりそれましたが、この季節特有の症状、それは肝臓の疲れから来る身体の痛さや肝臓の解毒作用が正常ではなくなった事による、アレルギー反応、風邪がうつったりひきやすくなる反応です。隠れ脂肪肝にも注意です。

風邪をひく事で、不摂生に気が付かせてくれてとても良い場合もあります。風邪は身体から不要物を出す反応でもあるので、日頃無理をしている人、睡眠不足の人が急に健康になろうとして疲れたり、よい事をすると解毒作用として風邪をひく場合もあります。なので、必要な反応でもあります。

最近の医療は、抑え込もうとしている傾向があります。気が付き始めている医師は少しずつ変えているそうですが、薬で鼻水を止めていたり、身体の解毒反応を止めてしまっている場合もあるので微熱が続く風邪や、鼻づまり、喉の痛みを訴える長引きやすい風邪をひかれる人が多い様に感じます。

そこで、内臓のサポートも大切なのです。私は整体をするとき、必ずお腹もアプローチします、慣れない方は、整体でお腹を触ってもらったの初めてです。という方もいました、でも、お腹もしっかりとアプローチしておかないと躰はすぐに、日常習慣にまけて痛みや戻りが出やすくなってしまうのです。

だからこそ、全身や長めのコースを私はお勧めしたいのです。

うつ伏せだけやったり、30分だけやるとかそういうほぐし方でも軽症の人や、リラクゼーション出来れば良い、癒されればそれで満足という方にはそれも良い身体のいたわり方です。ですが、身体が酷い状態すぎる人にはお腹もほぐす、内臓の状態も出来るだけフワフワーあたたかーくしてあげたいのです。愛情で身体を満たす感じです。

お腹が出過ぎちゃう前に、ほぐしてもらう習慣をつけると体が太りにくくなり疲れにくくなり、楽になって行きます。お腹が出過ぎちゃっている人は、日頃の食習慣やアルコールの摂取に気を付けてあげると躰は喜びますよ。

最近は本当に異常気象です、寒暖差による疲労感、食習慣の乱れが顕著です。自分の身は自分で守る、薬漬けになって自然治癒力を悪くしてしまう前に、未病ケアをしていきましょう。近隣に内臓もほぐせる整体師さんがいるのなら、ちゃんと解してもらいましょう。体内環境を良い状態にたもち春ののぼせ感、身体の右ばかりに出る偏った痛みを改善するのも手です。

便秘解消の腸セラピーは少し押圧する事も必要な時もありますが、内臓系の調整手技は、微細な圧で、温かく包み込み動きを調整していく、昨日セミナーで手技を拝見しました。私も、大いに今後も改善と改良を重ね、1人でも多くのお客様をスッキリできれば良いな、と感じています。

内臓を綺麗にするには、食生活が偏りすぎない事、硬い物も柔らかい物も適度に食べる、採食をする、たんぱく質も炭水化物も必要です。アミノ酸の合成が必要なでのアミノ酸の最適化も大切です。だから、お肉の食べすぎには注意、日本人には鶏むね肉が適しています。でも、日本のお肉は購入場所に気を付けないと腐ったものを食べている状態なので、体内が腐敗しエネルギーになるはずのお肉が疲れの原因になりかねません…もしも食べたら、しっかりと運動もして、お白湯なり冷たすぎず糖分の入っていない飲み物で身体を中和させてあげましょう。お茶の飲み過ぎは、鉄分を流してしまうので気をつけましょう。緑茶なら食前に、ウーロン茶なら食後にとお茶でも内容成分により飲むタイミングも別れるのです。

身軽に生活する事をお勧めします。

だいたい、内臓の調整は軽度の人で5回は通う事が必要、改善されたら、食生活も見直しつつ、再発防止に努める事、重度の方は通う頻度がもっと多くなります。お薬に頼らず、自分の力でどんどん身体を改善していけるのならば、とても素敵な事ですよね。メンテナンスのために、お店に行って解すのも現代人にとっては必要な事になってきています。

私も数年前までは病気だらけでした、急性腸炎、副鼻腔炎、蓄膿、突発性難聴、下痢と便秘を繰り返す、痔と色々な悩みで心までもボロボロでも今は完全健康です。ありがたやー、でも先日、痔の名残がないか気になるので、一応恥ずかしながら、肛門を医師に診て貰いました。すると、もう痔ではないから気にする事はないよ と言ってもらえて、健康に感謝しています。

内臓のセルフケアとして、自分で自分のお腹をマッサージしたり、食事にも気を付けていたからというのもあるのだと思います。少しの力加減や力の向け方で結果が変わります。だから、あまり良いセラピストに巡り合えず、学校でも基礎しか学べなかった以前は独学で今まで自分の身体の人体実験を通して改善策を見つけ結果も出してきました。最近では同業他社が増えた事で、探せばスゴイ先生を見つけやすくなりましたので、学ぶことも必要だろうと現在はセミナーにも行っているのです。とても勉強になります。

セミナーにも行き、朝のウォーキングもして、豆乳大好きな、内臓綺麗なセラピストを継続し、自分も健康に人も健康に美しく導くお仕事をこれからも続けさせていただきます。

膝の痛みに悩むあなたへ

5月らしい陽気を通り越して夏の様です

今日は朝日の美しさに感動

久々に5時前に気持ち良く起きられました。

膝の痛みに悩む方、本当に多いですね。

で、ほとんどの人が変形性膝関節症と診断される

その裏側には実は他の因子もあるのですが

膝が痛くなった原因を知らないと

膝が痛い原因も治りにくい原因も自分次第なのに

ちゃんと治そうとしない人もいます。

頼られれば私達セラピストは出来る限りでお応えします。

その為に、悩み、困っている人たちを癒すために存在し

治す方法を勉強し、臨床を重ねて、仕事をしているのだから。

むこうから離れて行かない限り、私はずっと応じます。

本当は、ちゃんと通ってもらったほうが改善しやすいです。

でも、人を依存させて金儲けする気はありません。

なので、次回予約の声掛けはこちらからはあまりしません。

ただ、一人でも多くの人が、快適な暮らしを送って欲しいそれだけ

もちろん、ちゃんとした生活をして

膝を改善する事につとめて欲しいので、ここに情報をのせます。

大柄でもないのに膝が痛い人もいます。

まず、膝が痛くなる原因は

筋肉の弱さに問題があります。

大柄なのに、膝が痛くならない人は

臀部、モモ、ふくらはぎの筋肉がしっかりしています。

なので、普段から自分の身体を膝以外でも支えている

負担がかかりやすい膝を普段から守れている

そこにその人の膝の強さがうかがえます

でも、普段から臀部、もも、ふくらはぎの筋肉

こういう箇所を意識していない大柄な人は痛めやすい

最近の方たちは、同じ姿勢で長時間いる

狭い範囲を動くそういう仕事の方が増えています。

だから、あちこち痛くなり、詰まりやすいです。

女性は、窮屈な靴や踵の高い靴を無理してはくからさらに悪化

だからこそ、普段からの運動は大切です。

なのに、膝が痛くなってから運動を始める

膝の痛みには運動がきくから、と

まずは運動の仕方を見直してください

本やインターネットにはそれこそ色々な情報がのっています。

膝の痛みに運動療法で改善と

動かさないよりは、動かしたほうが筋肉は固まらないので

それは得策ですが

自分の膝の状態に応じた運動を心掛けないと

さらに悪化したり、治りにくくなることがあります。

体型の大きい人は特に、運動をすることで

自分の重力の荷重がどこかにかかり、負担箇所が増える

だから、重力の置き場を考慮して運動をすることも大切です。

モモの筋肉をつけるために、座った状態でモモ上げ

これは身体の大きい人の場合、少し低めのオットマン(足置き)

これを用意しましょう。

腰痛になってしまいかねません。

そもそもお尻の状態の悪さからも膝痛の原因が大柄な人にはあるのに

間違った運動療法で腰痛迄起こしては、体中を痛めます。

膝が痛いのに、一生懸命足を上げようとして腰に負担をかける

そういう体勢になりやすいのがモモ上げ運動の特徴

モモ上げ運動は、椅子に座ってやるより

仰向けで寝る前や起床時に行ったほうが、まだ良いです。

そして、お昼のモモ上げは、少し足をオットマンであげて

そこからスタート、踵を付けた足からモモを水平にして

ももあげをしようとすると、重症の場合は、痛みがさらに走ります。

運動療法も、人それぞれ合う方法とやり方があるのです。

また、身体は適度な振動を加えると循環がよくなるので、

高めの椅子に座り、足を浮かせてプラプラ簡単に揺する

こうれも楽に血流を流し、滞りを流す方法です。

食事は、9時過ぎか寝る3時間前には食べないでください。

膝の痛みがある人は、浮腫みやすいです。

寝る前に食べると、翌日ふくらはぎが痛くなります。

普段の自分の生活を見直す事は大切です。

太っちゃったから膝が痛くなるの

という場合、太っちゃっただけではなく、

膝が痛くなる前の日常生活のひずみが起きているのです。

ムリのし過ぎ、何もしなさすぎ、どちらかでもなります。

身体が大きすぎるのに、日頃対処をせず

腰痛を抱えていたり肩こりも抱えていたにもかかわらず

その体の状態を無視しすぎて、

変な歩き方の癖や偏りがおきて膝に負担をかけて

膝の関節軟骨や半月板をすり減らし、

すり減ってできたかけらが骨膜を刺激(骨と細胞の間の膜)

刺激されたことで炎症が起きると痛みが出ます。

そして、炎症がおきると、骨膜が身体を守るために

関節液を分泌し始めて軟骨がすりへらないように

自己防御反応をおこします。

そして、分泌液の過剰で身体が分泌液を吸収できなくなると

関節液がたまるのです。この関節液のことを水と表現

水がたまるという事は、そうとう重度という事です。

水がたまるのは自己防御反応であり、膝の使いかた

躰の使いかたを見直さなければいけない状態の身体のメッセージ。

痩せていても、膝に水がたまる人もいます。

水を抜いたほうが治りやすくなる人もいます。

でも、水があることで身体を守る人もいます。

躰の大きい人ほど、水をぬくと、膝に負担がまたかかります。

躰の大きい人は、体重を減らす事で、痛みが軽くなる事は多いです。

身体が大きい、食事のカロリーが高い、麺類やパンなど、炭水化物中心

これは、膝の痛みを取り除けても、また再発しやすいです。

腰も柔らかくしてあげる必要もあります。

むくみにくい身体にして、膝以外の場所の痛みも緩和する必要もあります。

薬を飲むことで、痛みは一時的にやわらぎます。

でも、腰のはりを取り除くこと、筋肉を適度に強化する事

これを行わないと、再発します。

躰に色々貯まりやすい人は、脂肪も、菌も貯まりやすいのです。

菌がたまると、関節が痛くなります。

でも、流れれば痛みは消える、股関節やわきの痛みは風邪や菌が原因

そういった場合もあります。

だから、マッサージや整体で関節の痛みが消えたわけではない

という事もあります。風邪が治る段階や、薬の影響で

関節の痛みが消えた場合が大きいのです。

でも、これは根本解決ではありません。

関節をもめば、流れる事はあります。

しかし、揉んだことで関節が楽になっても

腹痛になったり、膝が痛くなったりすることもあります。

揉むという行為は、力加減を考慮しないと他との繋がりで再発します。

揉むことで、傷つけてしまったら、傷つけられた箇所は一生懸命に

自分で修復しようとします。血液が修復する箇所に集まります。

その作用で一時的に良くなることが起こります。

ですが、逆に長引く不調の原因になりかねない事もあります。

この先生、一生懸命に力かけてるな、ふーふー言ってるな

そういう先生の場合は、再発したり、毎週一生行かないと治りません。

普段から流れやすい身体に導き、関節可動域を広げ、血流を良くすれば

そもそも、風邪もひきにくいし、菌も貯まりにくくなります。

貯まりにくい循環の良い身体づくりが健康には必要です。

薬やサプリで身体を良い状態に持っていこうとすると

肝臓に負担をかける事があります。

サプリメントの常用のしすぎは、肝臓に負担がかかります。

しかし、肝臓は眠れる臓器といわれているように

あまり異常が起きていてもお医者様でさえ気が付きにくいです。

膝が痛い人は、サプリメントを常用したがる傾向も見えます。

躰の痛みは、自分の自然治癒力を高めてね、というサインです。

また、メンタル的な面では

旦那様や、周囲への依存や甘えが強すぎるか

逆に、自分で何でも決めて、周囲と調和できていないか

その偏りの現れの場合もあります。

膝が痛くなった人のデータを照合して

旦那への不満が強いという人が結果として多かった例もあります。

躰の使いかたや、体型に膝が痛くなる原因がない

そういった方は、旦那様か、旦那様的存在の周囲の方との

人間関係も見なすのも良いかと思います。

膝が痛い方は、心の流れやリンパ液の流れも考慮しましょう。

人間関係に、偏りがあると、痛みとして教えてくれることもあります。

躰も心も調和が保たれていると、身体は痛みを出しようがないのです。

最近は平屋がへり、階段をよく使うようになりました。

階段の上り下りは、膝の痛くない方の足から上る

降りる時は、痛い方の足から下りる、身体の使いかたも日常で意識。

心も身体もしっかりほぐして、温めて、素敵な日々をお送りください。

足首、鼠径部、腰のはりの改善も膝の痛みには見るポイントです。

ずっと針治療で良くならなかった膝のお客様ですが

アロマの施術で、膝裏を柔らかく、足首や脛の硬さも柔らかく

徒手で対応したら、改善された方もいます。

改善する手技は、学校で習っただけの方法ではもう追い付かない

そういう時代になってきました。

躰の大きい人は、食事に気を付けるか、筋肉を鍛えるか

アドバイスも必要です。でも、他の人に有効な膝の運動は

躰の大きい人には、他の部位を痛くする可能性もあるので

間違った運動指導には気を付けたいものですね。

ストレッチって手技、勘違いしてませんか?

引きこもりがちな整体師のさとみです。

1ヶ月のほとんどは南足柄にいます。

月に1度か2度ほど都内に勉強のため出向く

月に1度は大好きな温泉に行く

あと1回は小田原にカラオケに行く

だから、月に4回くらいしか川沿いから離れていない

スーパーも徒歩3分、郵便局も徒歩5分、駅徒歩3分

自然豊かなのに好立地という環境のスナフキン気質の整体師

そんな、交流も少ない私がなぜ知識豊富なのか

めちゃくちゃオタクの様に本を読む、骨や筋肉を見ている

だから、身体の事の情報が周囲より進んじゃっているのでしょうね。

同業者と群れすぎたり、変なセミナーに行くと、情報が古かったり

その場しのぎの流行っている情報だけだったり

営利的に有利な情報で結局お客様には役に立っていなかったり

本当に身体の事で困っている人に当てはまっている情報じゃない

そういうことを今までの体感で感じて来たので

ちゃんと学べることは自分で学ぶのです。

そんな私が今日はストレッチについて言及したくブログに載せると決断

当店独自の手技を売りにしているので、あまりネットに載せたくない

けれど、別にこのブログの閲覧者多くないし

肉ばっかり食べて、飲酒している、周波数や波動の低いセラピストが

私の手技を盗めるわけはないから、(かなり上から目線で失礼しました。)

ストレッチについて言及します。

ストレッチを取り入れているサロンや整体院が増えています。

しか~しほとんどの場所が、静的ストレッチなのですよね・・・

残念です。

何故、貴方たちは静的ストレッチなのですか?

あなたたちは、筋肉の名前もちゃんと言えるでしょう

筋肉につての知識もあるでしょう。

でもね、それは、頭だけで知った知識であり

お客様の身体をちゃんと触って、指先で感じてきた事とは違いますね。

ストレッチをしている時に、感じた事はないですか?

静的ストレッチをすることで、逆に筋肉固まってしまった

どうしよう、ほぐしたくてストレッチしたのに、変化がないと

そういうお客様なり患者様にあった事はないですか?

あるのなら、あなたはちゃんと考えている方ですね。

それがなく、ただただストレッチをやっているセラピストさん

残念・・・

正直言って、タイ古式も残念な手技

タイ古式って健康な人に向けてやる方法で

寝たきりの人や、重症患者さんには出来ません。

あくまで、スポーツクラブに来るような人や

熱いお風呂に長時間入ってものぼせない様な

温浴施設に来るお客様向けの施術です。

ストレッチもしかりです。

身体が凝りすぎている、しかもその凝り方が

動かないでいた事による凝り方の場合は

静的ストレッチは本当に逆効果なのです。

動かないでいた事による伸びきった筋肉を

さらに伸ばしてどうするのですか???

私は、立ちっぱなしの仕事をした後に

静的ストレッチを行いすぎて腰痛を悪化させたこともあります。

で、大手の整体で施術を受けてみたら

躰、ものすごく柔らかいのに、どうしたのでしょうねとの返答

オイ専門家じゃないんか~いって突っ込みたくなりました。

で施術翌日に歩けなくなってしまったので、

自分なりのストレッチを考案し、改善した過去があります。

だから、身体の動かし方や、筋肉の捉え方は

世間で良いと言われていることでも

やり方を間違えたら、逆効果なのです。

では、どういう風にストレッチを取り入れるといいのか

伸ばした後に、伸ばしたストレッチのポーズを止めない

少し振動刺激をしたり、つま先なり動かしたり

筋肉の起点と終点を意識する事なのです。

起点に振動刺激をする事も優位です。

例えば、つま先を伸ばしてあげるストレッチをしたら

伸ばしたところで10秒停止とかするのではなく

ムリに伸ばそうとするのではなく、つま先を微弱に動かす

とか筋肉のらせん構造を意識して、流れを加えるとか

そういう工夫が必要なのです。

私達セラピストは、人の身体のメンテナンスのプロです。

個人的に出来る内容を提供するのなら

セルフストレッチ方法を伝えて、自宅で家族でやってもらうか

友達に手助けしてもらってストレッチしてもらえば良いのです。

情報は今溢れています。

別に、お店や治療院に行かないでも、身体は改善できる事も有る

なのに、情報弱者の人をカモにするようなサービスを続ける。

フェイスブックやインスタ、アメブロでお店の宣伝をしまくって

目についてくれた情報弱者から時間もお金も搾取する

それは本当に間違っています。

綺麗ごとや、うまい言葉でマーケティングはできます。

キャッチコピーが上手で、それを人目にどんどんつければ

購買者は増えていきます。

でも、その購買者の人を実は傷つけていたら・・・

本当にゾッとします。

目についたお店だから、身体をほぐしてほしいから行こう

という人目につきやすいお店なら来客者も増えます。

でも、そういうお店に行って身体が痛くなったと

私のお店に来てくれた人もいます。

大通りに面したお店、宣伝をかなりしているお店は

来客者は増えるでしょう、でも、正しい事をしているお店とは限らない

来客者が勝手に来るお店ほど、正しい事をして欲しいです。

来てくれたお客様が、満足するかしないかも大切ですが、

強いのが好きな人にやみくもに強くもんで身体を痛めつけたり

ストレッチで限界以上に伸ばしすぎたり

そういう事は控えて欲しいと切に望みます。

強いのが好きな人、伸ばされまくるストレッチが好きな人

そういう人にそれをすると、リピートしてくれるかもしれませんが

その行為が、余計その人の身体を傷つけ

疲れやすく、凝りやすい身体にしていることに気が付いて下さい。

だから、たださするだけが安全かって言うとそれなら安全だけれど

別に自分でもできるので、ちゃんと勘所を抑えないと行けません。

人の身体も楽器の様に、一人1人勘所が違います。

その人に合った勘所をその人に合った力加減で施術しないと

その人本来の素敵なメロディーは奏でられないのです

私達セラピストが最終的に目指す局面は

リピート率を下げる事だと最近は思います。

一度の施術で良く出来るのなら、それに越したことはありません。

だから、1度の施術で改善できるのなら、1度に10万頂いても良いのです。

それだけの仕事をしているのだから。

でも、正直な話、一度では難しいから、そこまで頂かないのですよね。

それに、1度で改善できても、生活習慣でまた再発の可能性はあります。

だから、生活の指導をする、経過を見守る、その為にリピートして頂く

そういう事も必要ではあります。

リピートは、お店の売り上げの為ではなく、最終的には

お客様、患者様の身体を良い状態に導くためなのです。

それなのに、間違った施術で、整体中毒、アロマ中毒にしては

本末転倒です。程よい来店頻度は、重症な方で1ヶ月目週3回

で様子を見て、減らしていく、1年間も週3回も通わせる必要はありません。

改善されたら、好きな頻度で来店出来れば良いじゃないですか。

歩いて来てくださったり、仕事ができる時点で、重症ではないですよね。

なのに、通わせまくるって悪徳商法ですよ・・・

正しい施術をする。また来たくなった時に来てもらう

来店頻度の指導をして欲しいという人にはしてあげる

それで良いのではないでしょうか???

売上向上マニュアルでは、来店頻度が多い方が信頼関係が増し

他のお店に浮気をしないので、自分のお店に取り囲むのが手です。

自分がやっている手技が正しいか正しくないかの見直しもせず

ただ、集客ばかりに専念してるセラピストが多く

どうしたもんだろうと思う今日この頃です。

あなたは気が付いていますか?霊能力者が危険な理由

久しぶりにまたまた不思議世界のお話です。

身体に触る仕事をしていると

色々な情報を勉強する機会や色々な先生の話を聞きます。

で、私がだからか~なるほど~と思う事を

ここのブログに載せているのです。

そして、霊能力の危険性を知りました。

私自身、元々霊感は強い方だったので納得しました。

霊能力って実は、すごく次元が低いのです。

そして、波動や周波数が雑なのです

だから、気功やレイキの先生が短命だったり、

病気がちだったり、入退院を繰り返しながら施術してる

そういう治療家の先生がいるのです。

超能力者と霊能力者は違います。

霊能力は、霊の能力なので自分を磨いていません。

超能力者は良い周波数帯です。

なぜか、超能力者は霊の力を使わず、自分を磨く

自分の波動を高めて、その波動を人に伝播し

人も世界も良くすることができるから

あと、良く勘違いされているのですが

スプーン曲げや、未来予知は超能力ではありません。

霊能力です。

しかも、質の悪い低次元な霊能力です。

私が特に不可解なのは、未来予知の人って

たいてい良い未来ではなく、危険な未来を予知する

ダークな世界を人に告げます。

これ、完全に低次元な証拠

交通事故で悲惨な未来を見せたり

地震被害を予知する霊能力者っています

でも、すごくも何ともありません

低次元にその人が偏りやすいからそういう世界が見える

それだけ、超能力者はもっと先の世界が高波動な世界が

見える事があるから、地震の復興後や、良くなった世界で

あまり、ダークな未来は言わなかったりするのです。

寿命や運命で、地震で亡くなってしまう人もいるのが実情だから

それに、高次元な人に出会えたり、良いエネルギーと接触

すると、良くない未来も良い未来に傾きます。

だから、占い師さんが高次元な人だと良い未来しか見えない

それに、良い未来に導かれちゃうだけなのです。

でも、高次元な人ってそもそもスピリチュアルで商売しません。

新興宗教をしたり、開運グッズを持ったりすれば

地震を避けられるわけではありません・・・

そういう霊的なものに依存させるのは低次元な証拠

一過性の不幸しか見ないでいるとその先の幸せが見えません。

不幸を避ける事で幸せになるのではなく

色々な経験を通し、自分がどのように受け止め

器が大きくなったかによって、未来が変わるのです。

だから、高次元に自分を高める事が大切です。

また、身体の状態をスキャンしたり、内臓まで読み取れる

過去生リーディングやなんちゃらリーディングこれも

低次元、低級霊の声を聴いている結果です。

わたしも昔は、人の身体の状態が触らないでも

解ってしまう。触ると過去生まで見えてしまう

その人の悩みは周囲の背景までもなんとなく

見えてしまうそういう時期がありました。

でも、そういう時期って、何か私は不愉快でした。

子供の頃は特に、自分の事が嫌いでした

周りの子と違うものが見えていたり

金縛りにあったり、死にそうになったり

変な夢を見たり、見た夢と同じことが起きたり

すごく、すごく嫌でした。

で、小学生の頃は学校が大嫌いでした。

担任と一部の男子から嫌がらせを受けていたので

でも、ちゃんと学校には行きました。

親のしつけがしっかりしていたので救われました。

集団生活や団体生活は学ばせて頂ける自分を磨ける場です。

どんなに辛い事があっても、学校に行く事で

他人の気持ちの解る人になれる事も学べました。

しかも、最近のようにスピリチュアルとかで片付かないから

私みたいに霊能力が変にあると貞子扱いになってしまいます。

だから、親が霊能力に否定的でとても助かりました。

もしも、親が面白おかしくそういう世界にも興味があったら

私で実験をしたり、見えるんだーじゃああそこにも見える?

教えて、なんて、もっと変な霊を引き寄せてさらに

自分も親も変なカルマを積んでいたと今では思うので救われました。

スピリチュアルブームが始まったころは、

自分の能力はおかしくないと思ったり、無理解な周囲を見下した

そういう時期もありましたが

今は本当に私が子供の頃スピリチュアルブームじゃなくて良かった

そう真実を知ってからは思うのです。

お肉も食べていたし、月に一度はファーストフードのご褒美

すると、もともと霊感が強いと、低級霊も引き寄せられやすい

だから、金縛りや集中力の低下もあったのかなと振り返れます。

霊能力は本当に不愉快です。

それで商売をしたり、お金を取れる人は低次元と解りました。

見えない事を告げる事で人を救っているからお金を頂くらしいです。

ですが、勘違い甚だしいです。自分の生活も自分も救えていない

家庭生活もだらしない、子育てもちゃんとしていない、

人に正しい助言ができていない、そういう霊能力者がいるからです。

類友の法則で似ている霊能力者たちで集まり、悪いものを伝播し

良いものが伝わらない、真実を隠す様に妨害波動を出している

だから、ここまでスピリチュアルブームになり

その裏側で不可解な交通事故や、事件、異常な出来事がある。

波動の高い人が増えて行けば、変な霊能力者がいなくなれば

昔の日本の様に一人1人の霊性が高まり、変な霊ではなく

個人的な超能力、ホリスティック的な波動も高まり

神様、仏様、ご先祖様への感謝と愛で良くなるのですが

自分を高める、霊能力で霊のお世話になるのではなく

日々に感謝する事、そうしないと本当に良い守護霊ではなく

低波動な守護霊に憑かれて、何も学べずにまたカルマをつみます。

神様は、明るい事、楽しい事、笑顔、努力、勤勉が好き。

低級霊は、暗い事、いざこざ、悲壮感、怠ける事、楽ちんが好き

だから、悩みごとの解決策がスピリチュアル商法なのですもの。

辛い事は嫌、とにかく守護が欲しいすると低級霊たちは助けてくれる

でも何か不愉快、自分の霊感が不愉快それが事実でした。

その自分の能力の不愉快さの原因を解っていなかった

でも、やっと分かりました。

時期がきたのでしょうね。

波動や、周波数、科学的な事も学び

昨日やっとわかりました。

時期が来た事に感謝します。

そして、これでやっと腑に落ちなかったレイキを

卒業する事ができます。

レイキティーチャーなんて肩書きどうでも良いや

あーーースッキリした

本当に私は変な霊能力で低次元になっていたんだな

と、気が付けてよかったです。

身体の状態も、昔みたいに見ないでも解るって無くなったし

肩の高さや、顔の左右差、膝の高さとかでちゃんと見る

経験から培った現実的な見解が今はシッカリできてきました。

日々成長している事に感謝です。

高次元なら、周波数を高めていけば

リーディングやら本当に必要ない

思い込みの世界は必要ない

低級霊の声も聞こえない高次元にいれば

霊能力は使う事もなくなるのです。

そもそも、高次元の存在って助言しない。

導いてくれるだけって感じです。

人の性格を言い当てるとか無意味

リーディングはとっても低次元

まったくもってそんなの無意味だから。

人の身体の状態をスキャニングできたって

その人を改善できなかったら意味がない

病院に行ったほうが良いと勧めたって

行った病院によっては悪化することもある・・・

その人の治癒力を呼び起こさないと状態は

良い方向には傾かない

また、その人が自分の身体を大切にできない

ネガティブ、自分さえ良ければ良い

周りの人が煙くて嫌なのに平気でタバコを吸うとか

そいう人だと、身体は良い方向に一時的になっても

すぐに悪い方に戻ってしまう。

そういう人を黙認できるのも同じ次元にいる仲間

人は高次元に傾くのが一番の波動療法だと知れました。

自分の間違いに全然気が付けていなかった

ただ単に、変な能力がある自分が嫌い

人と違う自分が嫌い、そんな自分に開き直っている時も

なんか違和感、だったのですが、

やっと自分が低次元なだけだったんだと気が付けてよかったです。

霊能力なんて必要ないです

私は綺麗な世界にいたい。日々の衣食住を見直す

そういう事をさらに続けて、周波数を高める。

超能力者はそばにいるだけで人が癒えていくのです。

だから、リーディングなんてしません。

見えない世界なんて見えません。良い波長を流すだけ

波長や波動はそもそも感じにくい存在

だから、良い波長を流していれば悪いのは避けられる

同調原理で良い波長や愛のある人が集まる。

チャネラー、リーディング、これらは霊能力ってわかって

すごくスッキリしました。

霊能力の強い人ってアップダウンが激しいのです

機嫌の良い日と悪い日の差が激しい

淡々としていない感じ・・・

集まってくるクライアントも同調原理でそういう感じ

だから、本人もだんだん疲れちゃうし憑かれちゃう…

超能力の高い人は 毎日機嫌が良いし、平坦。

そりゃそうですよね、高波動で包まれているのだから

で、超能力の人のそばにいると機嫌は良くなります。

眠くもなります。その人の出している周波数が良いから

機嫌が良くて、眠くなるくらいリラックス

そんな環境や波長をばらまけたら、そりゃそばにいるだけで

身体が癒えていきますよね。

霊能力者特有の威圧感や変なカリスマ感もないし

超能力な人が増えると、地球も平和

レイキでお金儲けとか嫌だな…

霊能力でお金儲けとか嫌だな…

と思っていた自分の気持ちの正体や考え方の正体が

強い自分の信念や親の良い教育からあったのか

霊能力ってなんだ、別にあっても良いけどなくても良いじゃん

高波動を意識していけば、消えていくし、どうでも良いやって

そんな結論に達せられて滅茶苦茶スッキリしました。

この世界で一番高い波動は紫外線なので

それはそれでシミに注意ですので、波動どうこう言うのも

現実的にはおかしな話ですけれどね。

ただ、霊能力はいらないんだって気が付く人が増えます様に。

霊の力に頼りすぎず、お陰様や神様ご先祖様、仏様に感謝

霊能力が超能力に進化して素敵になる人が増えます様に。

霊能力的な変な奇跡よりも、ずっと持続できる超能力で

素敵な人が増えるとますます楽しく輝いた未来が来る。

そう確信出来て、すごくスッキリしました。