身体の不調を感じたら、何を考えるか

今年は気象の変化が激しいですね。

今は10月、秋だというのに

庭にたんぽぽのフワフワのやつ

綿毛ってやつですかね

が咲いていました。

寒くなってくる時期に咲いても

飛んで行っても種は根付くのか疑問です

でも

植物さんでさえも

勘違いしてしまう陽気なのですから

人間が参ってしまうのも仕方ないです。

今年は身体の不調を訴える方が急増

夏の病院は

熱中症患者さんでいっぱいだったようです。

普段ならばやり過ごせていたことが

今年は 重苦しく感じる

それは

気象ともとても関係しています。

私達日本人は

春夏秋冬の四季の中

四季折々の食べ物、風土により

生活してきました。

身体が季節を快適に過ごすため

体温調整をして、身体のセンサーで

防御するため、自然と季節ごとに

食べたいものが変わったり、

肌寒いな、と感じさせてくれたり

準備をして、整えたりしています。

それが

いつでも何でも食べられる風土になり

味覚が鈍感になっていき

さらに

今年のいつが夏だか、秋だか、冬だか

寒くなって急にまた温かくなるから

春何だか秋何だかわからない陽気

これは

身体の温度調整機能がおかしくなってしまいます。

そして

風邪もはやり始めています。

風邪って突然ひくかたってあまりいません

なんとなく

風邪ひきそうって思って

でも 放っておいて 酷くしたり

逆に、ひきそう だけど ひかない

なんてこともあります。

ただし

今年の風邪には注意です。

いつもひきそうだけど大丈夫

なんて油断すると

あれ いつも平気なのになんで

っていう事が起こりかねません…

まず

ひきそう と思ったら

首の後ろあたりを温めて下さい

貼るカイロでも大丈夫です。

風池というツボがあります。

昔の人は、ここから邪気が入るから

風邪をひくと考えていました。

風の邪気で風邪

首を冷やさないに越したことはありません。

この風池と言うツボに

ドライヤーなりで熱風を当てるのもありです。

ただし、ハロゲンランプ、もしくはハロゲンヒーター

で温める方がもっと効果的です。

橙色のお日様に近い感じの熱源です。

今はなかなかハロゲンヒーターはないですが

もしもある方はお試しください。

身体の不調を感じたら

それは身体からのメッセージです。

どうか受け止めて下さい。

最初のメッセージをしっかり受け取る

それだけで

酷い事にはならずにすみます。

メッセージを無視する

自分を誤魔化して進む

それをすると

どんどんひずみがうまれます。

これは

どんな事にも当てはまります

周りに合わせようとしたり

周りに気を使いすぎて

自分らしくない行動をして

最後にはらしくなかったことが

自分になってしまう事もあります。

習慣が人を創ります。

良い習慣で自己変革できるなら

とても良いですが

悪い習慣も自分を作るのです。

不調の時

身体の声を無視しすぎて

誤魔化し続けて酷くなり

最後には薬に頼るしかない

そんな状態にならないように

どうか

常日頃から自分を大切に

酷くなる前にも

身体を解す様にお気を付けください。

ただし、

現代人はこのように

自然治癒力が落ちています。

生活習慣も趣向も昔と違います。

なので

現代人にあった ほぐしの技術を持った

そういう方にほぐしてもらいましょう。

売り込みになってしまいますが

私は、基礎を大切にしつつも

現代人にあった施術も出来るように

勉強も修行も技術習得もしておりますので

当店をご利用のお客様は

どうぞご安心くださいませ。

だからこそ

医師の推薦のある治療院で

長期間かけて取り切れなかった痛みが

当店では 通い始めて数カ月で改善

という結果が出せるのです。

エビデンスも大切です。

でも 過去は過去です

過去の方法や

過去の実績が通用しない症例も

多数 出てきております。

人の身体は全員違います。

自分の身は自分で守る

自然治癒力を高める事

頭でっかちになりすぎて

過去や知名度に踊らされない事

周りに惑わされすぎない事

とっても大切ですよ。

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。