その肌対策ちょっと待った

今年の夏は暑すぎです。

紫外線の強さも半端ない

日焼け止めが欠かせない

そんな方の多い夏だったのでは

 

ただ

少し日焼け止めの塗り方で

気を付けて欲しいところがあります。

えっ 夏そろそろ終わりなんだけど

ってところですが

 

肌に塗るものは何かしら

1年中使っている

という事で

書いてみます。

 

日焼け止めを塗る時

朝はもちろん

しっかりと洗顔をした後

乳液なりを塗った後に塗りますね

でも

化粧直しなり

汗なりで落ちちゃったって時

重ね塗りしちゃってませんか???

これが

後々の肌トラブルになる原因

 

お掃除でも汚れたなって時

凄いごしごし擦ると

それなりに落ちるけれど

傷が出来る事もあったりします。

でも

毎日綺麗にしていると

優しい力でスルっと落ちるし

傷もつかないから

傷の溝に汚れも残りにくい

 

お肌も似てますね。

常に綺麗にしていれば

汚れがスルっと落ちる

毛穴が広がりにくくなる

 

でも

お肌をきれいにしていないのに

重ね塗りするとどうなるか

見えない埃やら

砂埃やら細かい汚れの上に

日焼け止めやファンデを

塗っちゃうから

どんどん汚れを奥に入れて行く

で毛穴も広がっちゃう

という悪循環

夏は特に汗で毛穴が開いている。

毛穴にゴミや汚れが引っ付きやすい

昨今の

スマホやら電気の環境が良い状態

それならなおさら

静電気も発生し

汚れが身体中に着きやすい状態

汚れが付きまくっているところに

蓋をしちゃっているのです…

 

朝晩の洗顔だけでは追い付かない

そういう状態でもあります。

化粧直しや日焼け止め塗りなおし

手間がかかるけれど

しっかりと前の汚れを落としてから

塗りなおしましょう

 

若いうちほどしっかりと

学生時代からメイクをしていた

そういう方ほど

毛穴の開きや肌トラブル

そういったのに悩むのは

このポイントです。

 

若いうちは

代謝が良い状態

汗もかきやすい

毛穴もいつも綺麗にしようと

お肌は活発です。

なのに

ファンデーションなりで

メイク

お昼休みにメイク直し

気が付けば

肌がおばさん…

10代なのにもったいない

そんな状況になりやすいです。

 

年齢を重ねてきたら

嫌でもメイクはしなければいけません。

むしろ

メイクをして

代謝の落ちている肌を守る

そういう状況にも

出くわします…

 

メイクやクリーム

日焼け止め

焼きたい人用のクリーム

等々

肌に何かしらを塗る時は

塗る前のお肌の状態を

ちゃんと整えておきましょう。

 

そんな私は

メイクが苦手で

化粧直しはしないのですが…

気を付けるに越したことは

ありません

お肌はみんなに与えられた

大切な素材

身体を守ってくれている細胞達

大切にしていきたいです。

 

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。