盲点だった、お祓いと浄化の違い

神社ブーム パワースポット

まだまだ流行は続きそうです。

 

不景気だからなのでしょうか?

スピリチュアルが否定されにくくなったから?

 

そして

最近、疲れると

憑かれたと勘違いする人も増えています。

運が悪いと 何か憑いてきたとする人も

 

疲れは日常生活を見直して下さい。

運が悪いのは

自分の毎日の考え 口から出る言葉

行動の結果です 心→口→行為→現象 です。

 

でも なぜか

滅茶苦茶良い人 なのに

運が悪い人も確かにいます。

衣食住にこだわっているのに

疲れや不健康で悩んでいる人もいます。

 

そうするとね

お祓いに行くのですよね。

身から出た錆び以外の不運や不健康は

お祓いを確かに進める場合もあります。

 

なので浄化をしてからお祓いに行くと

効果が高いですよ。

 

浄化は、自分についた 穢れを取る事

お祓いは 自分についているマイナスを払う

 

なので、方法が違うのです。

浄化でしっかりと消す

自分のマイナスを消す

それに必要なアイテムが粗塩なのです。

 

しかも、格安の粗塩

高級塩はエネルギーが高いので効果なし

格安の粗塩に自分のマイナスを吸着

そしてポイするのです。

類は友を呼ぶ法則です。

自分のネガティブは吸ってもらえば良い

高級なお塩や加工してある食卓塩は効果なし

邪気やマイナスを吸ってくれません。

お祓い用のお塩なんて高額なのは

はっきり言ってプラシーボ効果

高いお塩は 食するのが一番!!

 

そして お祓いをして

浄化でマイナスを吸着した部分を

プラスに近づけるのです。

お祓いは高エネルギーで払い出す

 

この人波動高いな、という人と過ごす

この場所波動高いなという場所にいる

それがお祓いです。

 

あなたに憑いているものがいます

あなたはお祓いをした方が良いです。

そうして 金銭を請求してくる

そういう人は 実際お祓いできていません

また、憑いているよ、あの友達も憑いているよ

と見えないものの存在を見えると言って

怖がらせる人にも気をつけましょう。

 

自分の世界が良い守護

だらけなら、悪い物が憑いてるとか

見えなくなるのです。

見えたとしてもすぐに消える

しかも 悪いものは高波動の人は

居心地が悪いから逃げちゃう

だから、悪いものが見えている時点で

低波動になっている証拠

見えると言っているその人自身が

浄化が必要な状態です。

だから、怖がらせる人は偽物です。

同調原理、類友の法則です。

 

闇に満ちていたら 闇しか見えない

それが原理

 

お祓いは 高波動 高エネルギーを要する

本当に光を下せる人か神仏を下せる人にしか

お祓いはできません。

そういう人は、お祓いを生業にしていません。

 

なので、お祓いをしてもらう前に

浄化をして パワースポットに行く

もしくは自分の住環境を

風通し良く、日あたり良く、

マイナスイオンが出やすくする。

 

マイナスイオン発生装置を付けちゃう

その方がお祓いにお金を出すより

堅実的ですよ。

 

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。