暑い夏に気を付けた方が良い事

地方によってお盆って

7月の地域と

8月の地域があるのですね

あまり分かっていなかったです。

まあどちらにせよ

お盆って暑くてたまりません…

 

こう暑いと涼しさを求めますね。

暑さ対策に皆さんは何をしていますか???

意外とこの暑さ対策にも気を付けるところが

あるのです

 

暑いから、頭が蒸れるのが嫌だから

と 帽子をかぶらない方がいますが

外に出るときは帽子 かぶりましょうね

 

帽子をかぶる事で、刺激を避けられます。

日影が出来るので、涼しく感じます。

頭が適度に守られるので、

身体への刺激が減ります。

 

頭って本当は冷やしすぎちゃいけないのです。

帽子をかぶらないで夏のカンカン照りに

さらされると

頭から汗が出て、汗が頭や身体を

急激に冷やそうとして身体に良くないです。

 

頭が冷えると、鼻水がでやすくなります。

なので、暑い夏でもしっかりと

シャンプー後は髪を乾かしましょう。

 

暑いと冷たいものを体内に取り入れたくなりますね

これは、取りすぎると秋口の胃の不調に繋がります。

みぞおちのあたりがとても硬くなります。

横隔膜も硬くなるので、気をつけましょう。

 

冷たいものをいきなり飲んだり

飲みすぎた後に

シャックリが止まらなくなった方

これは、横隔膜が冷たさで痙攣したから

お腹周りはいつでも

温かく、やわらかいのが健康の証です。

 

お腹 お尻 頬 といった

身体の中でとても柔らかいところが

冷たい状態というのは

内臓の弱っている証拠です。

 

右の奥歯が膿んでいて悩んでいる方

そういう方の施術をしたら

内臓が硬かったことがあります。

右の奥歯周辺と肝臓は関係しています。

ゾーンセラピーでも繋がりがあります。

 

身体は弱った部位だけに問題がある

そういうわけではありません。

日頃の生活のつながりから

良かったところが弱る事もあります。

 

暑い夏、暑さ対策で行っていたことが

自分の身体を傷つけていた

なんてこともあるのでお気をつけください。

身体の表面は冷ましても

くれぐれも身体の奥までは冷まさないよう

 

そして

暑いと汗が勝手にでるから

汗が嫌ですよね…

だから、汗を抑えようとしてします。

 

これって

痒い汗が出やすくなるので注意です。

しっかりと汗を出してあげて

質の良い水分補給をすれば

サラサラの綺麗な汗がでやすくなるのです。

 

私の望みはブドウ糖の少ない

スポーツドリンクの開発です。

スポーツドリンクって甘すぎる

ブドウ糖って病原菌の大好物

だから、ブドウ糖のないものを取りたいです。

でも

糖質も人間にはひつようなので

三温糖や黒糖ですこし糖分を取るのも必要

 

レモン水を飲んで出た汗と

ジュースや甘い飲み物後の汗

これって汗のべたつき方が違います。

 

夏のべたべたの不快な汗

正体は かき氷の甘いシロップ

ジュース、アイスの糖分

だったりするのです…

 

暑さ対策も大切

夏の暑い時だからこそ

美味しく味わえる冷たい物

そういう楽しみもありますが

気持ち良く夏を楽しむためにも

距離感を大切にお付き合いが

本当にお勧めです。

 

夏のベタベタは

さよならしたいものですから。

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。