私事ですが、身体の変化報告

昨年の夏の開店準備中のブログで

いぼ痔のボッチーさんのお話をしました

そのボッチーさんなのですが、

そろそろお別れできそうな予感

いぼ痔って手術しても

またなる とか聞くし

食生活や

生活習慣

心の在り方

その全てを改善しないと

治ってもまたなってしまう

本当に厄介な存在です…

 

切れ痔からのいぼ痔

些細なことからの

いぼ痔

 

そして私は

7年程いぼ痔

2011年3月11日を忘れない

あの日の後

とある医療機関で勤務した際

いぼ痔になりました。

切れ痔からのいぼ痔

座るのも辛い日々

人に合うのも嫌な日々

それが約2か月

2011年夏には

伊豆高原のリゾートホテルにて

住み込み整体師

夏休みの繁忙時期に

セレブが来やすい場所での

お仕事 勉強になりました。

その時に毎日

朝晩 温泉に入れるのに

いぼ痔

 

ずっといぼ痔

いぼ痔 しつこい

書きすぎのいぼ痔

いぼ痔で文字数稼いでる感…

 

それはさておき

ほんとうに

女性なのにこんな事が

とアラサー時代からアラフォー

その時代をまたにかける女の

お悩みでした

お尻にかける女なのでしょうか?

 

年齢を重ねると色々な事があります。

腰痛で歩けないとか分からなかった

しかし腰痛で歩けない経験もしました。

 

もちろん腰痛も自分で治しました。

そして いぼ痔

本当は実は悩んでいたのです。

手術

でも そろそろこれも

自分で治せそうです。

 

足首を冷やさない事

よく冷え取り靴下

なんて靴下の重ね履き

流行りましたが、

それよりも

足首を温める

腰周りを温める

そういう首

くびれのある所を

温める事が大切です。

 

靴下の重ね履きは

足を締め付けすぎてしまい

足の関節の可動域を

狭めてしまいます。

あまりお勧めできません…

足の指は

グーチョキパーが

自由にできるくらい

開いていたほうが身体に良い

 

そして、足首を温める

本当に時々になってしまいましたが

よもぎ蒸しを行う

睡眠時は温熱機器を使わない。

 

お風呂にはゆっくりつかる

お尻の穴をキュッパ

閉じたり開いたりする

血流を上げる

玄米菜食

 

そんな事を

少しずつ行いました。

 

朝食の卵かけご飯も

醤油をかけないでも

美味しい食べ方を知り

醤油をかけなくなり

 

飲み物の温度にも注意

身体に対してはそういう

心がけでいました。

 

心に対しては

素直に受け入れる

そういう姿勢でいました。

 

イライラすることもある。

悲しい事もある

クヨクヨ

未来への不安

そういう気持ちの時

いつも 落ちる

自分で何とかしなきゃ

とか 現実逃避したり

そういう癖を私は

持っていました。

 

でも、心の持ち方は

すべて受け入れる。

 

あの人も私

私の中にあの人の要素がある。

あの人は私で私はあの人

そんな考え

否定が愛になる感じ

出来事にも否定から学ぶ

 

でも、否定の感情はあります。

ただし、否定を否定しない

善人である自分

悪人である自分

どちらでもある自分

または

どちらでもない自分

そういうのを

なんとなく

ほんわか受け入れていたら

どんどん

ボッチー君と

お別れが近づいているのです。

 

ずっといぼ痔を否定していました。

でも いぼ痔はいぼ痔

いぼ痔でいたければいればいい

いぼ痔じゃなくても

いぼ痔でもどっちでも良いや

それも自分

なんて思いながらも過ごしていたら

どんどん小さくなるではありませんか

 

どんな事も受け入れないと

解放は始まらない。

そして、状況は変化することも

受け入れ

今はいつか終わるという事も

時の流れ方を

過去の積み重ねから

未来から過去が降ってくるかも

なんて思っていたら

辿り着く未来って決まってるのかも

といぼ痔って私の未来の中に

いてもいなくても良いやになり

いない未来がやってきている感覚

 

これはいぼ痔のお話ですが

他の事にも当てはまりそうです。

 

今、うまく行っていなくても

逆にうまく行っていたとしても

それってずっとではないのです。

 

否定や不安思考があると

うまく行っているのに

うまく行っていないときが来るかも

と思ってします。

 

うまく行っていないと

ずっとうまく行かないのかな

いつ うまく行くの

と焦ってしまう。

 

急いては事を仕損ずる。

焦らなくても未来はやってくる。

どんな未来でも良い

自分に必要な未来が来る

そう思えたとき

全ての未来がギフトに感じる

 

生きてるだけで丸儲けって

こういう事なのかな

といぼ痔を通して思いました。

 

さぁ私はいぼ痔を何回入力した?

と思う今日のブログでした…

 

 

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。