整形外科さん頑張って下さい。

今日はボランティアな一日でした。

そして今日施術した2名の方から

聞いたお話で共通点があったので

整形外科さん頑張って なタイトルです。

 

1名の方は、転んで腕の骨を折ってから

ずっと腕が動かなくなってしまった方

この方は、整形外科に現在も通っている

との事ですが、もう骨折は治り

異常はないですよと言われているそうです。

しかも

筋肉がないから 筋トレして

と言われたそうです。

筋肉がなかったらそれはそれで

筋肉のない病気の病名診断なのでは?

 

ちゃんとした先生なら

筋肉がないとは言わないですよね…

 

なので、オブラートに

筋肉がないわけでは無いですよ

と伝えました。

 

ただ、老化によって運動不足になり

身体を動かさない事で

筋肉の繊維の細かいところまで

酸素や血液の流れが生きにくくなり

カルシウムが固まって石灰化すると

とっても身体が硬くなり

動きにくくなります。

と伝えて

 

日頃からちゃんとリハビリする大切さ

も伝えました。

 

ただ、固まっていると諦めちゃう

動かさなくなってしまいます。

なので、じっくりと詰まりの原因を

探り、痛くない刺激でほぐしました。

だいぶ腕の動く範囲が広がったので、

せっかく前より柔らかくなったから、

腕を動かす様にしてあげてくださいね。

また 予約が入っていない時で

来られそうなときは遊びに来ますね。

と今日はそこまでにしました。

 

もう1名の方は

父の友人の奥様

東京から曽我梅林

小田原城のプロジェクションマッピング

を見に来たそうです。

この方も、

整形外科でレントゲンを撮っても

異常はないと言われる との事…

 

東京でも骨しか見られない病院が

まだまだあるのですね…

その事に逆に驚きです。

 

首、肩、腕が痛いとの事

そして、

寄り道ついでに父の口添えで

足を運んでくださっただけなので、

15分だけ 腕の詰まりと首の詰まりを

少しでも開放するようにほぐしました。

本当ならアロマオイルを使って

流し、ストレスも流したかったのですが…

肩の位置より高く上がらなかった腕が

肩より上に上がる様になりました。

 

時間があれば治るまで施術したいのですが

遠方の方で、今日は観光次いでで時間がないので

非常に残念ですが少しは楽になって下さり

嬉しい限りです。

 

整形外科って 今でも

レントゲン→シップ→注射→針

それでもだめなら手術

な病院がまだあるのですね・・・

痛みを開放する

患者さんに寄り添う

それがお医者様の役目では???

と思ってしまった今日でした。

 

そういえば私も

腰が痛くて整形外科に行ったとき

理学療法士さんがいたけれど

ちゃんと施術してもらえなかったな…

なんか変な機械をピッピッピで終了

シップはかぶれる

針は逆に痒くなったり吐き気がした

 

今となっては勉強でした。

 

施術者は自分の身体は自分で治せ

そう言っていた先生がいますが

もっともですね。

 

そもそも私は

人の身体を触るのは良いが

触られるのは苦手なので

結局自分で治すしかないのです。

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。