AIに職が奪われる!!テレビ番組もユウチュウブにメディアが奪われてるぞ!!

2020になりました 新年あけましておめでとうございます。

曇り空だったのでTVで初日の出を見た後に久々に二度寝をして正月気分でいます。やはり太陽は生で見ないと起きようって気分になりにくいな、と実感、今は太陽が綺麗に出てシャキっとしました。

二度寝開けに目にしたニュースは、AIに仕事が奪われるぞって内容でした。大体の、仕事はAIがやってくれるとの事でそうなったら人にしか出来ない能力が共感力、コミュニケーション力、統率力だからこの3つを磨く教育が必要との事

で、ニュースってこれが必要とは教えてくれるけれど、どうすれば手に入るかってオチがあまり無いな、と感じるのです。どうすればと検索すると答えてくれるシリさんや、ユウチュウブの知識の多い人が答えてくれるから、それこそネット社会にTV業界も仕事を奪われていますね。

私が最近聞いた話では、日本人が持っている和の文化を大切にする事がこれからの時代に生き抜く知恵になるとの事

日本人は、もともと共感力が高い人種です。季節の移り変わりを虫の声、空気感で感じとる、感じるセンサーを刺激してくれやすい環境で育っています。五感が磨かれる幼少期に日本で育つと、人種は関係なく感性が磨かれやすい環境。

そして、子供時代に読ませると良い本は、日本昔ばなしが良いとの事、何故なら日本語はあいうえおの母音が多く、母音は共感力を磨かれやすい音との事です。焦って英語教育をするより、綺麗な日本語をちゃんと身につける事の方が先、その後に母音を活かしながら英語教育の流れの方が共感力が磨かれます。

虫の音は、日本脳だと季節の訪れだな、と風情を感じられますが、外人脳だとそういう文化がないから、騒音に感じるそうです。そういう繊細な国民だから、皆で協力仕合って戦後ここまで復興できたのでしょうね。

コミュニケーション力は、共感力があればだいたいは磨けます。喜びそうな事をやる、自分のセンサーで相手に共感出来たら行動に移す、おもてなし国家日本です。

統率力、これが難しい、人を惹きつけ導ける力、人を導くには多くの経験が必要です。たくさん失敗をして、その失敗を成功に繋げられた経験、失敗せず成功していると、失敗した人の理解をしてあげられないから、統率ではなく支配になってしまう、人を惹きつける魅力は威張っていないんだけど、馬鹿にもされないというポジション、馬鹿にされない様にしよう、上に立とうとしようとすると話し方が威圧的になったり、上から目線になるから、人が着いてきてくれなくなります。でも、そういう人に魅力を感じる人がいる側面もあります。統率ではなく支配の人に着いていく人の特徴は、依存的、自分の事を自分で決められない、事なかれ主義の人なので、結局、部下が育たず繁栄がないというオチになってしまう…気が付いたら裸の王様国家が出来てしまうのです。嘘でもそこにいれば安心という集団で事件が起きたら対処出来ないという平和ボケ王国。

共感力は日本に産まれ育っていれば、身に付いています。コミュニケーション力は人間が嫌いでなければ大丈夫!個性を活かし、人と関わることに怖じ気付かない事が大切、インドのカレーにご飯を加える事で日本風にした、ビーフシチューのスープの作り方が解らなかったから肉じゃがにした、他国の個性さえも自国流に融和できる、和する文化なので大抵の人は色んな個性の人を受け入れられます。そこに統率力が加われば最強って事

どんな個性の人も受け入れ、長所を伸ばし、共感しながらコミュニケーションをする、循環していくコミュニティを作る事がこれからの時代は必要との事ですね。

争いではなく統合、強制や矯正ではなく共生という時代、競争はしても良いけれど、蹴落とし合うのではなくお互いの個性を伸ばすために目標に向かう事、こういう心持ちでいれば、無理な心や身体の痛みが出にくくなるのでしょう。

私もこれからの時代を生きていくために、自分に出来る事、自分の個性をもう一度見つめて、干支の始まり子年から、また再スタートの精神でいこうと思います。

私が整体師免許を持ってから14年目になる昨年は手技磨き、コミュニティに属さず内観する、自分の学びの見直しのための勉強や他所での修行でお店を休みにする事が多かったのですが、大分殆どの新しい情報が1つにまとまり始めて来たので、学んだ事をもっと経験で深める年にするべく、昨年までの出来事を活かしつつ、内観ばかりではなく、アドバイスを受ける、良いコミュニティがあれば入ってみようという、思考を変える柔軟性も身に着けていけたらな、と考えています。

自分探しより、見つからない自分を楽しみ受け入れる事が出切れば、より柔らかに生きられそうです。

受け入れる🔛手放す、許す、頑張る🔛緩むを繰り返す、そして軸を見つける、完成しない個性をどう受け入れるかがこれからの人のテーマと感じています。

色んな人の身体を見る、個性を感じる、個々の痛みを感じ取り開放する、共感、コミュニケート、統率の必要な流れを自分の仕事の中でどうすれば良い方向で出せるのか、和する精神を大切にという事を今朝のニュースから私は感じ取りました。

出逢う全てが学び、飛び込む情報が学び、出逢い、ご縁に感謝

今年もよろしくお願い申し上げます。

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。