自律神経の乱れと昨今の温暖化現象について南足柄で感じた

今日は、プールに行くのを楽しみに過ごしていたのですが、行かない事に決定 理由は、ゴーグルが見当たらない、水中ウォーキングと平泳ぎと背泳ぎもしくはビート板で乗り切ればよいのですけれどね。ゴーグルがないという一点だけで、テンションが下がり、こんなに暖かなプール日和だけれど、断念しました。 こういう所なんだよね。あと一押しができないヘタレな私です。

今週はとっても温かいという予報、温帯低気圧が停滞しているとの情報です。日暮れまでも明るく感じて、本当に12月なのか、と脳がモヤモヤしているのを実感します。こういう時って自律神経が乱れやすい人が頭痛や背面痛になりやすいのです。脳脊髄液の循環も鈍るから、脳圧が上がって、頭の中からうずくような痛みも出やすい、頭の中にエイリアンでもいるのかって感じでしょうね。

何故、私がどんな痛みかな、とか、それ痛そうとかすごい人の状態を想像できるのか、わかるのかというと、私自身が、自律神経失調症、鬱病、過敏性腸症候群、顔面麻痺、副鼻腔炎、突発性難聴、耳鳴り、心臓発作、ぎっくり腰、歩けないほどの腰痛、偏頭痛、ものもらいが頻繁に出来る、と色々やらかしているからです。中学生の時は、何の前触れなく、突然、廊下で吐いてしまった事があるほど、付き添いで保健室に行っているのに、辛い子の方よりも、私の方に先生が大丈夫?とたずねてくるほどでした。逆に体調が悪い時は、熱が出てほてっているから顔色が良く見えて、保健室に行ったのに、今日は体調良さそうね、なんて言われてしまう事もあったりしたのです。

そんな状態だった私が、何故、こんなに異常気象になり、花粉も飛びまくっている昨今に逆に健康になって行っているのか、それは、食事と睡眠と運動と、少し頭を使う事を学生時代よりも行うようになったからだと推測しました。

私は、ラムネが大好きです。今も好きですが、年に一度か二度しか今は食べていません。それは、何かがあると、ラムネを食べる、ストレスがあるとラムネを食べる、ラムネが私の心のエネルギーだった頃に腹痛、頭痛、副鼻腔炎の悪化がどんどん起きてしまったからです。ひどい目に合うと、人って反省しますよね。それで反省して、白糖の恐ろしさを知り、一度、デトックスのために水素水と野菜と果物だけの食生活を約1週間続け、その後は好転反応で鼻水が出まくり、変な疸も出て、苦しかったけれど薬は一切飲まずに、毒が出来るまでは絶対に体内に不純物を入れないと決めて乗り越えたその、翌月以降からは驚くほどに体調がどんどん良くなっていったのです。

ただ、断食は突然行うと危険ですし、指導を受けたり、自分の体質を見ながら行う方が効果も出て安全なので、やみくもに行わない事をお勧めします。

私が色々と知る事が出来てきて、どうしようもない若いころから、少しはまともな?!40代になれたのは、色々な方のご指導があったからです。そこで、教えていただけた事を記していきます。

 人には必ず必要な4つの磨くべき性質があります。知性を磨く事、理性を養う事、野性を目覚めさせること、霊性を補う事。このバランスをちゃんと取れる人が健康になれると知りました。

知性は、たくさん勉強をしなさいとかそういう事ではなく、知っておくべき最低限は知っておくこと、たまには本を読んだり新しい事に挑戦したり、知っていることを少し増やそうかな、と行動する事が必要で、体調不良だった頃の私はこれを全くせずに、放課後の楽しみは自宅でアニメを見る、学校での楽しみは同級生とのあほな会話、人を笑わせる事ばかりを追求していました。高校受験が危ういから、当時の担任に吉本に行けばと言われていたほどです。でも、今の芸人さんは秀才な方ばかりですね。やはりどの業界も知性は必要という事でしょう。

理性は、何をしたらどうなるのかまでを考えて行動する事、人の迷惑になる行動を取らない様に、先を考える感性が必要って事ですね。ラムネを好きだからと食べ続ければ、体調悪くなると、夜更かししすぎたら、体壊すよね、何をしたらどうなるかだいたいは人って想像がついているのですが、負けてしまうのですよ、快楽に、この世は楽園ですから、色々な誘惑があります。でも、理性があれば、良い方向に持っていけるという事ですね。美味しいものを食べるのは誰にも迷惑をかけません。でも、度を越えて、理性を超えて迄何かを得ようとすれば、誰かに迷惑をかけるのです。私が身体を越して仕事に穴を開けたら、困る人が出るという事ですね。理性があれば、秩序やルールを何故守らなければいけないのかがわかるので、理性が必要なのですね。

野性は、しっかりと身体を鍛える事、病気に打ち勝つ強さを持つことが必要という事です。自然の中で自分が生きている、生かされている事を感じてたくましく生きる事、身体が弱ると、野性が弱ります。私も学生時代は本当に運動が大嫌いで汗恐怖症でした。汗をかくって本当に大切。理性を持て野性もある、これが大切という事です。

霊性は、知性、理性、野性が身に着くと自然と磨かれて行きます。虫の知らせとか何となく感じる違和感とか、そういう感覚です。ご先祖様を大切にしようとか、手を合わせる事で心を洗う事に繋がるんだという感覚がだんだん身体に染み込みます。新興宗教がなぜ煙たがられるのか、それは上層部の人たちが知性、理性、野性が磨かれていないから、特に理性が磨かれていないのでしょうね。宗教は自由です。それで救われるのならとても良いと思います。自分から命を絶たないで、苦しい時に助けて貰えたなら、ただ、数千万単位でめちゃくちゃお金を得ているのに、納税という国を地域を守る行為をしていない点が腑に落ちないのです。人を恐怖に貶めて、自分の宗教こそが一番だとか言っている人についていくのは、心身の健康には繋がりません。私も、とある新興宗教に洗脳された時期はありますから、辛くて所属したくなる気持ちもわかります。でも罰が当たるとか、全人類がこの宗教をやらないと救われないとか脅しを言っている団体は霊性に欠けていると判断し抜ける事が出来ました。

体が整うと、心も整う、心が整うと趣向品を求めにくくなっていきます。自分が良いと思っていることが、実は自分を傷つけていたんだ、と気が付くと、自律神経も整いやすくなります。私は、心に栄養を与えようと思ってとっていたラムネが悪かったことに気が付き、身体のデトックスを始めたら、身体が楽になりました。知性で何が良いか悪いかを知り、理性で衝動を抑え、野性で身体を磨き、霊性で神やご先祖、ご縁などに感謝する。どんな異常気象でも、どんな世の中でも、変わらずに大切にしていく事なのだな、と感じました。身体に良い事をしている人は、きっと良い人です。正しい事を選択できる人は、きっと、どんな困難も乗り越えられて、大難が小難になるのでしょうね。

正しい事を選べる人の、自分とご縁のある人の健康のサポートが出来る仕事につけた事に今日も感謝です。ヘタレな私に学ばせて下さる多くのご縁に  ありがとう どんどん腕を磨き提供させていただきます。

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。