私がSNSを大嫌いな理由

インターネットが発達して有り難い恩恵もあります。

私は方向音痴なので、グーグルアースは活用しています。

目的地に行く前の日に、3Dマップでイメージしてから行くと

道に迷いにくいです。

でも、迷ったら地元の人っぽいかたに道を聞いてしまう事も有ります。

正直、ネットよりリアルなコミュニケーションの方が答えが早く出るから。

道に迷ったら人に相談、そうやって進んでいます。

人間の温情を頼りに、ネットが苦手そうだけれど

知識や経験、知恵の在りそうな素敵にお年を重ねている方に相談

だから、フェースブックやインスタは本当に嫌いなのです。

アメブロも本当に嫌い、嘘つきの住処だから

仲間を作って広げましょうって、会社での人間関係や

家族との人間関係、リアルな目の前の人との人間関係を

ちゃんと構築できていないくせに、ネット上のお友達と

友達ごっこしているだけなのに、信じ込んじゃって

会ってみたら騙された、とか言っている人も増えている。

実際に数年前に勤めた場所にいた困ったちゃんの後輩は

フェイスブックの友達は数百人越えをしていたらしい

でも、自分の仕事や、職場の人への向き合い方は疎かで

自分の仕事がちゃんと終わっていないのに、

人に押し付けて、定時なのでかえりますって子がいましたから。

私も残業は嫌いです。だから、帰りたい気持ちはわかります。

でも、それを言っていいのは作業効率の良い人のみ

残業をしないですむようなそういう作業方法を編み出す、

でも自分の責任で残業になった

だったらそれは受け入れて残業をしていました。

今の仕事は残業とかそういうのは自営業なので関係ないですが

無駄な作業は省く、だから、自分をフォローしてほしい

フォロー返ししてもらってなんぼになるFacebook、インスタ

アメブロの同業者のなれ合いの巣窟には陥らない様に

自分のメンタルを強化させて前に進んでいます。

仲間をつくりましょう、仲間を使ったほうが進歩が速いです。

自営業、特に私の様な技も必要な仕事は仲間がいた方が良いです。

それも正しい意見だとは思いますが、

その仲間同士で足の引っ張り合いをもしもしていたら

とても不自由ではないですか?

あなたのお客様とほかの施術家のお客様は同一人物ではありませんよ

人の意見は人の意見、惑わされて悩むのなら、自分の道を作る

正しい事を学ぶ、それが大切です。自分次第で学び方は様々あります。

結局無料情報で仕入れた情報をもとに高額情報に行ったり

安物買いの銭失いをして、ネット集客のプロの餌食になっている

そういう現実を目の当たりにしています。

自分を卑下したり、他人と比べたりして楽しいですか?

誰かをすごいすごいと崇めて楽しいですか?

もっと自分と向き合い、愛ある施術家が増える事で

今救えない患者様やお客様も救えるのではないでしょうか?

見つめる世界、自分を置くべく環境を周りの意見ではなく

自分で決めていきましょう。

惑わされている人に、悩んでいる人を導けるとは私は思えません。

惑わされた過去を超え、自分も他人もまっすぐ見つめられる人が

人を救えるのだと私は考えます。依存しない、依存させない

拘らない、偏らない、捉われない、大きく見つめる。

自分は自分、人は人、でも自分の中にもあの人の要素がある。

あの人の中にも私の要素。それだけの事だから

SNSに惑わされない、そうでないとネット社会に飲み込まれ

ロボット産業時代ではなく、自分自身がロボットになりますよ。

ロボットに感情はありません。だから自主性はありません。

あなたは自主的に動いていますか???

SNSで発信される人の意見に惑わされて、自主性を失っていませんか?

ママ友と仲良くしていないといじめられるとか

そもそもいじめてくるようなママ友と仲良くしてたって

自分の子供にまでそういう大人の世界を見せて子育てに悪影響

陰口や悪口がすきな人と仲良くしていたって、利用されて終わるだけ。

SNSって拡散されるから怖いですよね。

その拡散を上手に使って人を操作している人もいます。

人の心は強くもあり、弱くもある、だから繋がりたがってSNSを使う

でも本当に繋がっているって言えるのでしょうか?

繋がりたいなら、個人アドレスや個人的な連絡先を聞けば良い

ツイッターや何かで つぶやいた、インスタにのせた

心無い言葉でどれだけ他人を傷つけているのか

卑怯者のやり口で自殺してしまった人が実際に後を絶ちません

利己的な人ではなく、愛情的な人達しか使わない

SNSがそういうツールになり、愛ある繋がりが増える事

地球が見た目も中身も本当にまん丸であるよう願います。

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。