整骨院に対して真面目に腹立たしさを覚えています。

世の中に素敵な先生や素敵な治療家はいます。

でも、人を食い物にしている治療家もいます。

後者にたいして

最近、私は腹立たしさを覚え始めているほどです。

接骨院に行って、肋骨おられちゃったよ、

接骨院に行って、膝を余計に悪くされちゃったよ

何をされたのか聞くと

関節を無理に伸ばされたらしいです・・・

しかも、いきなりとの事

施術時間が短いから、早く結果を出さなきゃと

焦る気持ちもわかります。

学校でその方法を習ったからやっている

ただそれだけで悪気はないのかもしれません

でもね、身体が痛くて、治療してほしくて行ったのに

身体をさらに痛くされたら本当にしんどいですよ。

そして、治療院系って

最初に可動域検査をしますよね。

どれだけ動くか確認しますねって

あと、どいう風にすると痛みがでるか

これってちゃんと身体を見てきている先生なら

こんなことしなくても、その人の身体を

触らないでもどこが悪いかだいたい解るのですよ。

なのに、検査して変な時間つぶしして

検査ってしかもほとんどが患者様のためじゃないのが実情

じゃ何のためかって、

ずばり リピート獲得のためです!!

検査やると本当にリピートつきますよ

最初の状態と後の状態が違うって納得するから

たとえ、少し不快感が身体に残っていてもね

先生結果出してくれてるじゃん 

最初と変わってるじゃんって

心理的効果を出せます。

そして、初回はこんな感じで信じ込ませることがメイン

だからちゃんと治そうとしていなかったりする。

だって、初回でかなり楽になったら

2回目に来るまでの間が空くし

初回で良くしちゃうと

2回目で良くしても、初回程の感動が減るから

だから、実はだんだん良くなっているのに

初回程の感動が薄れてしまうと

なんか毎回変化がない気がするからどうしようかなってなる

だから、初回でバシッと結果を出さなかったりする先生も実はいる

もちろん、じわじわ治る患者様もいるから、

初回で少しの改善の場合もあります。

ただし、患者様の事を本当に考えているのか?

という先生が多くて私は腹立たしさを最近覚えているのです。

検査や痛みの出る動きの確認は大切な場合もある。

でもさ、それが患者様の負担になっているって

気が付いていないから質が悪いんだよね・・・

保険がきくから良いやって行く人いますけれど

本当に保険で対応して良い症状には制限があるのですよ。

健康な人から搾取している健康保険で賄っているのですよ。

数分で数百円出している人からは解らない裏の世界は

その数分が健康保険の負担者から7割も徴収しているのです・・・

保険適用できるようにするための嘘の原因をカルテに書いて

そういう事をしている先生がまだいます・・・

電気治療で治るなら、家庭用電気治療器を買えば良いじゃん

テーピングだって、今は自分でやる方法とか

ユーチューブを検索すれば出て来るじゃん

結局、情報弱者からお金徴収しているだけじゃんか

駅前や大通り、人目の付くところにお店を構えれば

予約なしで診て貰える治療院は人が入ってくるでしょう。

でも、人が入る事で、国民の負担している健康保険から

お金が引き出されているのです。

健康な人のおかげ様なのです。

そこんとこ本当に指導厳しくもっとして欲しいなと感じています。

セラピストの仕事は技術力がなんぼ、AI社会になっても

腕を磨き続ければずっと人と関われる共存していけるお仕事です。

そういう素敵なお仕事についている、だから考えを改めて欲しいです。

痛い人は痛いなりの原因がある

原因をちゃんと突き止めたうえで検査と治療をして下さい。

痛い場所をいきなりまた痛くしないでください。

もう、接骨院に行って痛くなったという人を聞きたくはありません。

どうかよろしくお願い致します。

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。