コロナが怖い?!南足柄の整体師より言及します。

緊急事態宣言がでました。私は神奈川県在住なので、もろに影響を受けています。昨日からご予約がありません…毎月必ずの様に見えて下さっていたお客様が、2月から減っています。コロナだけのせいではないと思い、何か私に不備があったのでは、店舗の努力が足りないのでは、なんて悩んでいたところ、ありがたい事に、行きたいけれどコロナが大流行で緊急事態宣言中だからいけないというお声を先日見えて下さったお客様が友人がそう言っていたよ、と教えて下さり、お客様の支えに本当に感謝しております。

ですが、このコロナのせいだけにせず、出来る努力は行おうとは考えています。昨年参加のセミナーの復習もしたり、読書をしたり、自分を高めようと目論んでおります。

コロナになったらどうしようと怖がっている人がいます。もちろん、ならないに越したことはありませんが、いつか誰でもコロナにはなりますワクチンを開発されたら、体内に自分の意志でコロナを入れる事になるし、抗体を作る為にウイルスと向き合う事は大切なのです。

インフルエンザ予防接種も体内にウイルスをいれるわけですし、でも、身体が弱っている時に予防接種を受けると、怠くなってお休みしなければいけないので、本当は、病に怯えるよりも、自己免疫や自然治癒力を高めるしかないのです。

このコロナを見ていると、自分で自分を癒したり、健康にする事をせず、薬に頼りすぎているか、自分自身を信じていないかを目の当たりにします。誰だって弱る時はあります。病気になる事もあります。でも、人は恐れに支配されていると成長できなくなるから、時々恐怖を感じた方が良い場合もあるのです。そのために、病が現れる事もあります。

私も過去、このままだと死ぬかもという痛みにあった事や恐怖にあった事もあります。でも、自分の痛みは幼少期に死にかけた経験からの命や病への怖さからくる、お薬依存症の結果だと腹をくくり、周りから薬を飲んだ方が良いと勧められても、痛くても必死に薬を飲むことを拒んだ時期もあります。

おかげで、今は自然治癒力が高く、健康でいられています。結局、何かを人のせいにしたり、自分さえ良ければ、とか損得ばかり考えたりするから、ずっと人に依存したり抜け出せなかったのだと私の場合は感じたので、薬も完全に辞める事もできました。

内海聡先生も、ほぼ9割の病気は医者も薬もいらないとおっしゃっています。薬をやめたら、だんだん良くなっている時に好転反応が出やすいから、その時、不調や痛みがでるけれど、それは薬で閉じ込めていた残りが身体からお別れしようと出ているサインだから、そこを超える事が大切との事です。でも、たいていの人は、周りの事を言い訳にして、薬を飲んでしまい、もう一生治らない身体に自分でしていってしまうとうサイクルを廻しているだけの様です。

温める事、汗をかく、水分を取る、思考を見直す、そういう事が一番大切とおっしゃっていました。平熱が1度あがれば、免疫も代謝も上がる、との事、私もその考えに賛同し、自分の身をもって実感しているので、今の仕事を選んだのです。

コンフォートゾーンと言って、不安にならないために、自分の行動を制限している範囲が人それぞれ違います。満員電車が嫌な人は、そういう空間には行かないです。たとえ満員電車に乗ったほうが収入が倍になるとしても、コンフォートゾーンを守るために今のままの状態を続けるのです。頭痛、生理痛で薬をすぐ飲んでしまう人も、コンフォートゾーンからずっと抜け出せず、進化はないようです。

無理をして不安になる事をする必要はありません、命を粗末にする必要もないからです。ただ、コンフォートゾーンを抜け出さない限り人は成長しにくいのです。

いま、コロナで世間が騒いでいる時の医療従事者さんは本当にヒーローだと思います。怖くて、看護師免許が取れたのに、今はコロナだから、今年は勤務しないといった新規看護師さんもいるようですが、それもそれで間違いではありません。でも、こんな時に行動してでも、普通に生きている人は、本当にコロナ騒動を抜け出した時にすごい大成長を遂げている様に感じます。

都内の感染者数は対策の効果で下がるでしょう、でも、田舎はどうなるかわかりません。田舎は、病床数が少ないので、健康だからかかっても大丈夫とかそういう事で自分の事しか考えずに経営をしたり、行動する事をもう見直さなければいけない時期にはなっています。大きな出来事の流れは、外国→日本の都心部→郊外 どんなものでも流行の流れはこのスタンスです。外国で流行しなければ都内でも流行しない、都内で流行しなければ、郊外にも来ない。

では今回はどうでしょうか?2月の時点では中国と日本だけの問題と思っていましたが、現在はヨーロッパ、アメリカ大陸も大流行→都内で感染者大量増加とこのように流れています。GWに我慢できずに外出した人が田舎にばら撒くか、夏休みに終息したかのように感じた人たちが郊外や観光地に再び出歩き、郊外で再ブレイクしそうな予感もするのです。

コロナのために飲食店を休業にしている方、この方も勇気ある決断だと感じます。やらなければいけない仕事、医療、福祉、今は休んだ方が良い仕事、飲食、対面式セミナー 完全予約制ではないベッド数の多いサロン、と無いと困る仕事と、工夫次第でやるかやらないかを決める仕事とがわかれます。

コロナに恐れて、売り上げが怖いからとお店を開けるのなら、牛丼チェーン店しかり、狭いスペースでのサービス業は人数制限をして、完全予約制にしたほうが良い様に感じます。2月はまだこれほどまでになるとは想像もしていませんでした、でも、3月の半ばからは、行動を考えなければいけなくなっています。ペットを平気で店に入れる、ドアを開けずに数名の人を店舗の中に入れる、自分さえ良ければ良いとの無責任さを感じてしまいます。

1店舗の中には、店員1~2名迄、お客様は家族なら4名程度迄、個人で来るなら、その個人だけの来店制限にして対応したほうが良い状態です。他人同士が接触する事の無い様に気を付けた方が良い状況です。工夫次第で制限は出来るはずです。

しかも、3月にハワイ旅行にいったという訪問マッサージ師が近隣の町に住んでいることを聞きました。仕事や実習などではなく、行楽との事、私なら、そういうことをする人には自分の身体を任せたくはありません。コロナはそれほどまでに恐れなくても良いパターンもありますし、人権侵害するほどの非難をする事もないとは思いますが、こういう時期にする行動次第でその人に愛があるかどうかが見えてしまうのです。

お持ち帰りなら、何時何分に取りに来てください、というシステムの構築、やれること、工夫次第で出来る事もあります。まったく商売を封鎖してしまったら、経済は回らなくなって、困る人が増えるので、私は、完全なロックダウンは望んではいませんが、工夫はしてほしいな、とは考えています。

恐れ方が違う、行動が極端、そういう習慣を身に着けてしまうと、自分のコンフォートゾーンからなかなか離れられず、今後の成長が期待できないようです。

店舗の家賃などの関係でお店を開けておかないともったいないとか、考えがあるのかもしれませんが、自分事の恐れから抜け出して、みんなが良くなる方向性への工夫が必要と考えています。

私の実行している工夫は、店舗は24時間空気清浄機稼働、清浄機の水の中には次亜塩素酸ナトリウムをいれる。シーリングファンを回す。換気をして寒くても大丈夫なように、施術マットには温熱シートを利用、完全予約制のため、他のお客様とブッキングしないように工夫、店舗入り口すぐ施術ルームではない設計、私自身の買い物は2週間に1回と自分の行動も自粛し、無自覚な保菌者にならないよう行動。もちろん、人に会う時はマスクをする。自分がコロナになる事を恐れているわけではありません。しかし、対策をして正しい恐れ方で周りの人の健康をサポートする仕事につくと決意して開業した以上、出来る事はおこなっているだけです。

でも、実は私は昨年から、色々なメッセージが来たので、想像はしていたのです。

昨年あるお客様が、畜産系の仕事から離れなければならず、でも好きな仕事だから離れたくないと悩んでいました。私は、そのかたに、畜産系は、これから色々なウイルスが出たり、トンコロナとかで大変になるビジネスだから、命を扱う生産系、身体を使うのが好きなら、林業、農業の方が安心とのお話をしました。

そして、年明けには、違うお客様との会話で、今年は本厄で、インフルにも年末かかってつらかったとのお声を聴いた時に、ふっと、なぜか口をついて、大丈夫です。今年はみんなが厄年の様な状態になるから、自分だけが厄年なのより気が楽に過ごせますよ、なんてアドバイスもしました。

もう、厄年の人には気が楽どころの騒ぎではありませんが、今年から10年間は色々な事がおこり大変になる予測はだいたいは察しています。でも、私はそこまで賢くも理論的でもなく、直感型の人間なので、マイペースにご縁と命に感謝して、出来る事はやって生活しているだけです。

怖がっても、問題は起こるし仕方ない、でも、一見ネガティブに見えたり、自分の力だけではどうしようも出来ない問題は、コンフォートゾーンから抜ける事の選択をせまられ、成長するきっかけをせまられ、出来る事をやるしかないだけって事なのです。

そして、スピリチュアルやオカルト系が好きな方へ、コロナは悪魔狩りの儀式でも、アセンションへの振り分けの命の采配でもありません。間違った情報で人を騙したり、逆に騙されたりすることのない様にお気を付けください。

冷静にコロナから一番守られているのは、牢獄ですからね、監修がコロナを持ち込まない限り、広まりません。牢獄、精神病院、なんだか不思議なもので、世の中に出ると危険な人たちを閉じ込めている施設程、衣食住が守られ、仕事も廻っているのです。

こんな時だからこそ、焦らず 騒がず コツコツと 未来に向かっての準備を始めましょう。

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。