いつまでこの茶番が続くのか、コロナの裏側の真実を知り、心身の健康を高めよう。

日本がやっていること、テレビで言っていることは時代遅れであり、真実は時間がたたないと公表されないことを毎日痛感しています。しかも、今朝のニュースを見て、やっぱりなという事が起こっていたと実感。昨年12月に肺炎で亡くなった方の検体を確認したらコロナウイルスがあったことがわかったとヨーロッパの医療機関からの報告が出ていました。

そうです。新型コロナウイルスは昨年9月からジワジワともう出回っていたのです。アメリカで昨年末にインフルエンザで死者数増加、これだって、よく調べたら、コロナ感染者もいるのではないでしょうか、私はずっとこのコロナは今年から始まったことではない気はしていました。昨年は、9月すぎからインフルエンザがすごく増えていました。でも、病、ウイルスは自分が免疫を高め、環境に配慮するしかないので騒ぎ立てませんでした。そして、都内には外国籍の住民が多く、衛生管理がなっていなかったり、文化の違う人が多く、感染しやすいのは環境的にわかっている場所なのだから、もっと早く気を付ければ良かっただけなのに、経済崩壊を招いた、これが本当にマスコミの騒ぎ方がおかしい茶番による経済崩壊と感じます。視聴率が欲しいだけで番組を作るのはもうやめて欲しいです。youtubeにテレビはもう負けているのだから。

ウイルスに対して気を付けなければいけないことは確かです。でも、数字だけ見ているととてもおかしく感じてしまいます。昨年だって、死者数は多かったのです。そして、風邪だと思って風邪薬を飲んで悪化している人も昨年は多かったです。コロナはイブプロフェンをとると悪化してしまうという事を日本でもやっと公表し始めました。ヨーロッパのお医者様は、2月半ばから、イブプロフェン、風邪薬、痛み止めは危険と言っていました。日本の遅れをとても感じます。

口腔衛生が大切なことも、日本ではまだ発言が広がっていません。医療に対して、健康に対して進んでいて、情報がとても良いと思える国は、ドイツです。ドイツ人は小麦粉をあまり食べません、全粒粉だったりです。自然の多い環境でお隣さんとの距離も離れている農家さんが多いです。まぁドイツでも都会は違いますけれど。

4月26日に歯医者さんが報告した報告書では、リステリンが良い事が書かれていました。私も、先月歯医者さんに通院を断られてしまったという一人のお客様にリステリンをお勧めしました。リステリンは刺激がほかの洗口液より強くて少し痛いけれどエタノールが一番多く含まれているし、成分もこだわり、なのに歴史も古いから、利用している歯医者さんもいます。gumをすすめる歯医者さんもいます。

実はリステリンが一番お勧めです。なぜなら、治療が嫌いで通わせるのが嫌いな私の知り合いの歯医者さんがリステリン推しだからです。口の中の汚い人間はやばいと毒舌をはいていました。

身体が弱ると虫歯にはなりやすいです。その流れで行くと、虫歯がある、免疫が弱っている、風邪をひきやすい、ウイルスが身体にはいりやすいという流れになります。だから、口腔衛生が本当に大切。

そして、歯医者さんでも今は患者さんを受け入れてくれない歯医者さんがいるのです。実は、口腔内を清潔に保てれば、虫歯は自分でも治せるのです。

歯医者さんで治療すると、口の中のしぶきが飛び、ウイルスも飛ぶ、虫歯の人を治療すると、コロナを持っている可能性が高い、だから虫歯治療はとても歯医者さんにとっては今はリスキーなのでしょう。

虫歯患者は、虫歯菌がある時点で、口の中にいろいろなウイルスと細菌がいると考えられるからです。歯医者さんって実はお薬大好きな方が結構います。だから、薬の開発がまだなコロナにかかることが怖い、自分がコロナにかかったら、治せる薬がない、コロナになったら風評被害で、コロナ終息後も院の継続が危うくなるかもしれない、今の時点で口を見るってリスクが本当に高いのです。

でも、この情報だって、まだまだ報道されていないようなので、ここで私はブログにすることにしました。口の中も清潔に、起きたらすぐに歯磨き、これは本当にみんなが習慣化してほしい事です。寝る前の歯磨きよりも寝起きの歯磨きの方が本当に大切。だけれどお子様には寝る前に歯磨きはさせるのに、寝起きに歯磨きさせずにすぐに朝食を与えてしまっていませんか?

起きてすぐは口の中にはウイルスやばい菌が潜んでいます。歯磨きをせずに朝食を食べたり、水を飲んだら、かなり大量のウイルスや菌を飲み込むというリスクが高まるのです。

みんなが、口腔衛生にも気を付け、衣食住、身体がこったら放置せずに専門家に頼む、日ごろからの健康管理が出来ていれば、コロナの感染は抑えられたのではないでしょうか。

自粛を進める事よりも、生活の見直しを進める事が大切なのに、本当に茶番です。身体を冷やさない、自粛のし過ぎで運動不足で血流が悪くなり体が冷える、マックのドライブスルーに行く、冷凍食品ばかり食べる、夜更かしする、朝だらだら起きて、歯磨きも顔も洗わずにいる、そういう子供たちが増えて、その子供たちが学校が始まったり、夏の行楽シーズン、支援金10万がでて、旅行やらで郊外に出て行ったら、秋にまたコロナ感染が広がるのではないでしょうか???

真実をちゃんと報道してほしいものです。そして、死亡者数データも、昨年度死亡者数データ、と照らし合わせた解説をちゃんとしてほしいです。

お金をばらまけばすむ、マスクをまけばすむ、それでは本当に国民は救えません。

みんなを救う事は難しいのはわかります。でも、根本解決と、これからの未来をどう生き抜くかの指導を国を挙げてする時代が本当は来ているのではないでしょうか?

今こそ、日本の食文化や衛生週間、口腔ケアの大切さも伝え、日本の高い技術や知恵をつかって広げるときなのではと考えられるのです。オンライン化ばかり進めて、通信速度の速さに人が飛びつき、5Gを進めて、このままでは、中国やアメリカの思うつぼです。

オリンピックイヤーに合わせての事態、外国でのパンデミック、パニックが外国がすごかったのに、外国と比べたら冷静な国民が日本の方が多い事、そういう良いところも伸ばして、政策を行い、日本の文化風習を良い方向に世界に知らせられるチャンスだったのに、茶番に巻き込まれて、そのチャンスを失っている様に感じます。

このままの政策や、マスコミの報道内容だと、今後、私の住んでいるような郊外、田舎町が秋ごろに第3波に負けてしまうのではと予測できるのです。

早く事態や真実に気が付く人が増える事を祈るばかりです。

他県ナンバーの車に嫌がらせをしている場合ではないのです。他県からコロナが運ばれるわけではない、そういう事をする意地悪な心や態度がゆがみを生み、ストレスを生み、免疫を下げて、コロナにかかりやすい身体にして、コロナを運んでしまう。

今回のコロナウイルスは、感染者対致死率が25パーセント以下くらいなのだから、広がりやすいウイルスです。致死率の高いウイルスは、感染は拡大されません。理由は、感染を広めるには、人が必要だから、運んでくれる前に人が死んじゃったら、運べないからです。だから潜伏期間も長い、でも、それだけ潜伏できるってことは、人間が耐えられるって事。耐えきれないほど強いウイルスはすぐに発症。で、普段健康な人でも症状も辛すぎる。

今回のコロナはどうでしょうか?普段から身体が弱くすぐに薬を飲んでしまう人が、風邪と勘違いして風邪薬を飲んで、サイトカインストームを発生で悪化、致死率アップ。

身体に疾患を抱えていた方が致死率アップ。芸能人なら、肺が真っ黒な志村けんさん、がんの闘病中の岡江久美子さんです。

感染したけれど助かった芸能人ですと、忙しすぎて寝ていなくて、免疫の落ちていた宮藤官九郎さん。

普段の自分の健康度がどれだけ大切かを思い知らされるウイルスです。だから、気を付けるべき人は気を付ける、健康なのに、今の自粛で運動不足にならない様に気を付ける、引きこもり癖が付いてしまわない様に、適度に出かける、こういう事を呼び掛けた方が、精神的にも、肉体的にも、経済的にも健康で救われる人が増えるのではないでしょうか?

健康情報も、難しい事をやろうとせずに、当たり前の事を馬鹿にせず、うがい手洗い、起きてすぐの歯磨き習慣といった事を取り入れ、笑いのある生活を忘れずに、そして、怖がらずに出かけた方が良い場所には出かけて、心の免疫も高める。それが大切と私は考えています。

この時代を乗り越え、優しく、健康な人が今より幸せに生きられることを祈っています。

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。