アロマでもアレルギー反応はある

女性ってアロマが好きな方

本当に多いです。

香りに癒される

至福感を味わえる

でも最近身をもって体験

アロマも気を付けなければいけない…

なので、当店では

2019年1月22日、一部メニューのアロマを

現在のボディケア用アロマから

食べられるアロマに変更します。

植物の力は偉大

ですが

植物で手がかぶれた

植物で鼻水がとまらなくなった

植物で喘息がひどくなった

という方がいらっしゃいます。

アロマセラピストで

アロマのアレルギーで

辞職された方もいらっしゃいます。

お花屋さんで

花のアレルギーで

辞職された方もいます。

蕎麦屋が

蕎麦アレルギーになり閉業

本当に毎日使う

積み重ねには注意です。

なので

植物の力って偉大

ですが

気をつけねばいけません…

私は

おかげさまで

現在毎日のように

アロマを使用させて頂いています。

最近身体に反応が出始めました…

毎日使うものは蓄積されやすいので

敏感な身体の場合は注意なのです…

お客様は、毎日はアロマケアをしない

と思います。

毎日アロマを使用するとしても

香りをかぐ

少し足を揉む

お風呂上りに身体に塗る

それくらいでしょう

ですが

仕事でアロマを使うと

長時間アロマに触れる

1日中アロマの環境にいる

そんな事が当たり前になります。

慣れちゃう人

センサーが弱まった人は

何も感じないでしょう

でも敏感だと

感じるところがあるのです。

アロマを購入しようと

○○〇木に出向き

手に取らせていただき

以前使用していたのと

同じアロマだけれど

念のためと思い

香りの確認をさせて頂きました。

でも

香りの違いを感じ

調合師さん変わりました???

と質問しました

開業当初から

変わっていないですよ

と言われましたが

腑に落ちず…

アロマ購入を断念

私の鼻がおかしくなったのか

日によって臭気反応は変わるので

違って感じても仕方ないか

と自分を納得させました。

それか調合師さんが

毎日アロマに触れすぎて

感度が変わったのか…

ずっと変わらない味を提供

と謳っているお店でも

味が変わる事ってあります。

人間のする事ですから

完璧は難しいです。

機械で測定は

数値的に見るので

前回データとの

違いの照合で

振れ幅何パーセント以内なら

測定データとして

前回と同じです

という測定結果です。

DNA検査で

何パーセントで親子

とかありますが

あんな感じ

全く同じものって出来ない

それが現実です。

だからアロマも

全く同じって

出来ないんだな

とはわかっています

でも

身体を通しても

変更したいと感じたので

2019年1月22日から

当店で扱うアロマを

フルボディの施術は

変更します。

足つぼ

背面アロマに関しては

現在の在庫が

まだ使用期限内なので

使用期限内分が

終了するまでは

現行のアロマで行いますが

全身アロマ

スペシャルエステに関しては

食べられるアロマに変更

口に近い場所にアロマを使う

なのに

飲んではいけません

なアロマを使うのは

いかがな物かな

とは以前から感じていました

私自身がずっと

勤めていた時も

最近までも反応が

それほどでなかったので

使用しておりました。

ただし

勤めていた時よりも

年齢を重ね、生活も変わり

体質が変わっている。

開業してから

そして

ここ最近

お客様が増え始めてから

アロマを頻繁に使用し始め

手に反応が少しできたので

アロマを見直すことにしました。

利用頻度がそこまで高くない

1日120分くらい

それだけのアロマトリートメント

ただ香りを嗅ぐだけ

お風呂に数滴たらす

お洗濯に少し垂らす

その程度の使い方なら

問題は出なかったでしょう

しかし

私の施術は

お身体の凝っている方には

長い事もある

調合の時に原液が付く事も多い

普段の食生活から

刺激物をとっていないので

敏感なのです。

お酒は飲まない

昨年の結婚式の参加での

お付き合いの飲酒以来飲んでいません

アルコールを取るとしたら

調理酒、酒風呂、バッチフラワーレメディ

それくらいです。

お肉はめったに食べない

そんな生活の私は

体内に異物が混入すると

敏感に反応するのです。

アロマにも

もっと拘ろうと思いました。

口に出来るアロマの種類は

少ないです

なので、今までと少し変わります。

柑橘系、フローラル系、エキゾチック系

そんな感じのアロマの施術になります。

今まで通り3種類から選べる仕組みです。

アロマ専門店ではないし

何より、お客様のお身体を良くし

身体の流れを良くする事

私の手技を売りにしているので

安全性を考慮し

アロマの品質を向上させます。

ベースオイルも

食用のグレープシード

食用のヤシ油

をベースオイルに使用して

施術をしようと考案しました。

自分の身も

お客様の身も守る

ただの癒しだけでなく

しっかりとした

技術を提供したい

チェーン店や

雇われていた時には

出来なかったサービスが

個人店ならば出来る

だから

自分の考えをしっかり持って

他店が何をしているかではなく

自分がどうしたいか

で動かせていただきます。

共鳴、共振して下さる

健康や自分の身体を大切にする

素敵なお客様達との出会い

日々施術できる環境にある

そのことを忘れない様に

本当に小さな小さな肌荒れで

気が付かせてくれました。

敏感な身体に感謝

アロマオイルの

クオリティーを

下げておけば

安いサービス提供も可能です。

リーズナブルにアロマが出来るお店

って事も可能です。

ですが、私のお店は

私が雇われセラピストだった時

よりは安い価格設定ですが

実は安さを売りにするお店

ではないのです。

旦那がいたり

子供がいたり

将来の目処が立っていれば

老後の心配をする事なく

遺族年金も期待

子供が介護してくれる事も期待

それもできるので

価格を下げる事も出来ます。

今の状態では

個人店なので

1日に出来る人数に限りがあります。

1日の売り上げが1万を超えないと

お店の存続は危険です。

出稼ぎも必須になるかもしれません…

予約状況では1日3人までが限度なので

一番安いメニューでも7000円にしないと

本来ならば経営が成り立ちません。

ですが、一番安いメニューだと

キッズケアで1000円です。

いくら子供が好きでも

経営者目線に立ったら

何を考えているんだ!!

1人でしかやっていないお店で

回転率で取り返せないのに

お店潰す気かと怒られます。

が、子供は子供、大人は大人です。

今は、両親が健在なので

両親の支えで生活出来ています。

なので、値段設定に対する考えが甘い

それは自分でもわかっています。

食費を抑え、浪費をせず

じっくりどっしり構えるそれしかないです。

いつか私が両親を

支えなければいけない時がくるでしょう

このまま御縁がなければ

微々たる年金で

自分で生きていく時がくるでしょう

自分の生活もかかっているので

貯金を切り崩している場合ではなく

貯金をすることも大切です。

国の税金を使う、生活保護者にはなりたくない。

頑張れるうちはちゃんと頑張りたいです。

本来ならば値段を考慮しなければいけません。

地域性も考慮

そして自分の身体も守りたいので

アロマにもこだわりたいし

ヨモギにもこだわりたい

こだわりつつも

出来る限りの限界価格で

提供を今後も続けます。

私腹を肥やさなければ

現状では何とかなるかと思います。

ただし、増税後は材料単価があがります。

その時は価格変更させていただきます。

未来は変わる可能性もあるので

何卒、ご理解、ご了承のほど

よろしくお願いいたします。

リンパの手技を見直そう

今週は暖かい

日差しがとても気持ちが良いです。

なので、身体がポカポカして

すぐに眠くなります…

 

リンパドレナージュや

アロマリンパ

リンパケアサロンとかってありますよね。

リンパを流すことは本当にとっても大切

血流が良く成れば体質改善にも繋がります。

 

でもね

気を付けないといけない事もあります。

リンパはたった1回の施術で効果が出た

という事は起こりえないのです。

本当に効果的なリンパケアは

その場での効果もさることながら

翌朝の便通や、水分代謝を良くするため

帰宅後に、ご自身でも生活態度を見直す

それが一番大切なのです。

その場での効果は出ても

生活習慣で体質が戻りやすい手技

ではあります。

 

リンパでしっかり流れた後は

塩分、糖分はその日は控えて下さい。

流れている分

吸収も良いです。

人間の身体はたくさんの繊維や

繊細な編み目で出来ています。

栄養を取り込むために

体内が鉄や金属の様に

つるっつるなんて事はないのです。

 

なので

水道管は綺麗にした後は

しばらく綺麗なお水が出ますが

人の身体は、一度綺麗にすると

吸着力も高まり、

取り入れたものが身体に定着しやすいです。

 

だから

断食の後すぐに重いものを

食べてはいけないのです。

 

リンパケアもそう

ちゃんとその日で効果を感じたなら

その後に口から取り入れる物は

身体に吸収されやすいです。

 

塩分、糖分、脂分

身体に取り入れる量を控えましょう。

そして、水分を取る事も必要ですが

リンパケアの後は実は

水分の取りすぎにも注意です。

本当に効果的なリンパケアだと

すっごい代謝があがるので

マラソンをしたのと同じくらい

血流を良くして身体が反応し

体力が少し落ちる事もあります。

内臓が水分を取りすぎると疲れるので

適度にコップ1杯ずつに分けて

500のペットボトル

がぶ飲みみたいな取り方をしないで

少しずつ1日合計1~2Lくらい取る

なるべくぬるめの水分を取る

緑茶、コーヒー、といった

カフェインのあるものは少なめに

カモミールティーや麦茶

トウモロコシ茶、ナタマメ茶

ごぼう茶、ルイボスティーといった

やさしめ だけれど

繊維も取れるお茶がお勧めです。

お白湯がお勧めですが

あきてしまう人もいるし

リンパケアのあとは流れやすいので

お白湯と緑茶は流す力も強いので

流しすぎにならない様にすることも

大切です。

 

それと

リンパの手技ですが

リンパは上へ上へと

習っている方も多いと思います。

上へ上へプッシュポン

叩いて叩いて 血流アップ

みたいな

その手技はちょっと待ってください

 

肘下、ひざ下は上へ上げっぱなしは

特にダメ、下にもしっかり流してあげる

鼠径リンパ節は、プッシュだけではダメ

強く押すのではなく

しっかり流してあげるのです。

お腹周りも流していますか???

ねじりもみするような主義が

リンパでも痩身でも主流ですが

揉み出したところで

しっかり流せていないと

意味がありません

逆に揉み出したことで

繊維を傷つけ、流れにくくします。

流してあげるのです。

お腹も、腸の形や流れに沿って

流してあげる

便秘の方や

便秘や下痢を交互に繰り返す

生理痛がある

そういうお腹は

小腸を刺激するとすごく

痛がります。

最初より痛くない

と感じるくらいに

お腹を解してあげないと

結局その日だけ

その場だけのケアになります。

 

しっかりと流すところは流す

流し方を人それぞれ変える

むくんでいる所

張りがある所

左右で差がある時

同じ人でも

行う日によっても

身体に合わせて力加減や

流し方を考慮する

それが

リンパを流す時に大切です。

 

本当に効果的な手技は

気持ち良いだけではダメなのです。

気持ち悪いのはもっとダメですが

 

そして

リンパケアするセラピストさん

絶対にお酒は飲まないでください。

もしもお付き合いでお酒を飲むなら

お酒を飲んだ翌日は

お客様の身体に触らないでください。

 

お客様に対して本当に失礼です。

お酒を飲みたいなら

人の身体を触る仕事

辞めちまえって

言いたくなります。

 

そんなにアロマが好きなら

お客様側に回るか

お話しできるアロマ販売店を

開けば良い

本当に身体には触らないでください。

 

酒は百薬の長と言いますが

健康な人にはお酒は特に必要ありません。

だから百薬の長と言う

健康な人は薬いりませんから

 

お酒を飲みたくなるというのは

何かが欲しいのでしょう。

何か足りないものを補いたいのでしょう。

足るを知る事

自分が満足している事

満足している人が

人に与えられるのではないでしょうか

お酒はストレス発散といって

お酒を飲む社会人

とても大切な事です。

 

でも

私達セラピスト

リンパケアや色々な手技をするセラピストは

お酒は調理や清め以外に必要ないのです。

お酒は飲むのではなく

食材を柔らかくする、風味をだす道具

口をゆすぐ、酒風呂にする

セラピストにとっては清めの道具です。

ただし、それもコメだけで出来た純米酒

 

しっかりとしたサービスを提供

それならばセラピストにアルコールはいらない

 

もうそんなの

東京や京都の凄腕の先生たちは

ほとんど知っていますよ。

 

私がここで

こんなに閲覧者の少ないブログで

言う事ではないでしょうが

 

本当に

自分の欲しか考えていない

酒好きな

セラピストがいるので

少し言いたくなってしまいました。

 

どうか

酒飲みのセラピストがいたら

酒におぼれて変な世界を見ないで

リンパを流す手技を見直し

お酒を飲む生活も見直してください。