正しいお参りとは

新年あけましておめでとうございます。

平成も残り4カ月

元号を大切にしているのは日本だけ

次はどんな元号だろう

今年の12月23日は休みじゃなくなった

そんな事を考えてしまいます。

元号を大切にするのは天皇制の国家

天皇と言えば

神様の子孫と言われています。

神様って空の上のお方じゃないの!!!

どうやって系統だってるの

な不思議な感覚ですが

文献や色々調べると諸説出て来る

深く考えると頭が痛くなるので考えない

イエスキリストも神になったし

no think feel

日本人って初詣する文化がありますね。

私も初詣をしてきました。

本当は実家の氏神様と

今住んでいる場所の氏神様

その二社に行きたかったのですが

甥っ子が誘ってくれたので

二宮神社に行きました。

二宮神社に行って感じた事

初詣って本当に年中行事だから行ってるんだ

神社に行列って…

行列のできる神様相談所だ

神様みんなの願い聴くの大変ね

この並んでいる中に

本当に神様を信じている人って

どれだけいるんだろう

なんて思ってしまいました。

神様信じていないけれど

とりあえず神社いっとこみたいな

それじゃ願い事叶わないよね

16時で神様の定時退社だし

遅くまで並んでても神様いないぞ

な感覚で後ろにまだいる行列に圧倒

ま、信じている人は朝早くちゃんと

身を清めて、16時までには参拝に行くから

年中行事で行っている人には

神様がいなくても良いカモしれませんね。

私は、参拝では願い事をしません

お賽銭を投げてすぐさよなら

なので後ろにいた人が

ビックリしていました。

願い事をしないで何をしているのか

お礼を言って帰るだけです。

去年は無事に過ごせました

神様のおかげで今も生きています

ありがとうございます。

そんな感じ

後ろに並んでいる人がいない時は

その言葉ぷらす

この神社が今年も神様の居心地の良い

素敵な場所であります様に

この土地の人たちが幸せであります様に

そしてさらに誰も人がいなかったら

禊払い祝詞をあげる

これ、だれか見ていたら

すごく怪しい人なので

そっとやっています

深刻な顔はしないで

笑顔で立ち去る

神様は笑顔が好きだから

口がへの字だとダメなのです。

受け口、ニコッと口角を上げる

そうすると神様は

受け皿があると思って

お皿に援助してくれる事もある。

そして自分の願いよりも

神様が喜ぶ願い事をすると

さらに助けたくなってくれちゃう

だから

神社にいったら

初詣にいったら

お賽銭あげたんだから

願い叶えてよ

なんてがめつい事考えちゃダメなのです。

1000円とか入れる人いるけれど

入れる時の考え方は

この1000円で

この神社がよりよくなりますように

より良い神社で訪れた人が

幸せになりますように

って考えじゃなきゃだめ

でこの願い事の良いところは

人の事を願っている様で

実は自分の事も願えているところ

この神社に訪れた人がと言う時点で

自分も訪れているから

自分も幸せになれちゃうってこと

神様はこういう願い方をする人が

好きみたいです。

例えば

商売繁盛したいなら

氏神様に行って

この土地のお店が全て繁盛しますように

これだと自分のお店も含まれるから

神様に好かれちゃう

素敵

自分のお店だけが繁盛する様に願うと

敵意があるから叶わない

神様は愛と調和が好き

出雲の神様

国をつくった神様で

有名なお話に因幡の白兎がある

だから、愛が溢れる人を

神様は助けてくれるのです。

戦わない人、受けいれる人、正しい事が出来る人

初詣 愛をもって神社に行くのが良い

私は今朝7時に家を出発し

徒歩で氏神様の八幡さんに行ってきました。

誰もいない新鮮な空気の中

去年のお礼と今年の感謝

禊払い祝詞 とほかみえみため

これを不審者だと思われない程度に

参拝させて頂きました。

お賽銭は100円

お寺は銅 神社は白に近い色

と聞いたことがあるので

キラキラ銀色の穴の開いていないお金

だから、1円でも大丈夫です。

人はみんな光の属性がある

だから、一人1人

愛と感謝と忍耐を忘れず

生活していれば何とかなるのです。

嫌な事は避けないでもやってこないし

良い事は求めないでもやってくる

どんな事でも良い事だと思えれば

それは可能です。

今年も全人類にとって良い年でありますように。


投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。