膝痛が楽になれる驚きの声

膝が痛いのって辛いですよね

いつから始まったのだろう

この痛み

ってな感じで

気が付くと痛かったり

歩き始めいきなり痛いって事

あったり

とても

歩く事が億劫になってしまいます。

 

膝痛は骨にヒビや異常がない限り

施術で治すことは可能なのです

膝周辺の痛みの出る部位を

しっかりと把握する事で

痛みの出る部位の原因を

探ります。

そして

膝の動きを柔らかくしてあげます。

 

当店は

膝痛がその日で楽になった方

そういった結果も出始めています。

1年間 毎回1万円もかけて治療院へ

それでも 翌日痛みがぶり返す

といった方も

当店に3回ほど通ったところで

膝痛の再発が数カ月なかった方も

いらっしゃいます。

 

無理な動作や無理な歩行で

痛みが数か月後に出て

相談された事はあります。

日常生活での戻りは

日常生活までみっちり

つききる事はできないので

避けられないのは事実です…

 

リハビリに毎週通い

リハビリ後にも膝裏に違和感

そういった方も

しっかりとした整体を

行った事で

その日の内に

あれっ

今までのリハビリ何だったのって

お客様もいらっしゃいます。

 

アロマオイルで全身の調整をした

そういったお客様も

10年来悩んでいた膝痛の

再発がないとの事

身体のメンテナンスで

痛くなったら来れば良いだけに変化

 

当店は治療院ではありません

リラクゼーションサロンです。

それなのに

なぜ結果が続々と出ているのか

 

施術者が身体のしくみを

しっかりと勉強している事

指先の感覚で

身体に詰まっている違和感

老廃物を見つける事を

得意としているから

そこに結果の現れがあります。

 

痛い場所と全く違う所を

触る事もあります。

なぜか

そこにしこりや違和感を感じるから

すると

お客様はなんだかそこ

響きます

だったり

普段痛くないのに

押された事で今痛い

との声が出ます。

 

そういった

見つけた個所をほぐすと

痛みが徐々に和らぎ

問題やお悩みの箇所も

解れていくといった事に

繋がっているのです。

 

私の願いは

多くの人が楽になってほしい

事ではありますが

 

女性オーナーの個室店舗

なので

防犯や他のお客様をお守りする

そういった対策

安心、安全なお店でありたいので

女性専用サロンにしております。

 

男性は

私と面識がしっかりとある

もしくは紹介者様からの

信用と信頼のある

誠実、真面目な方のみ

受け付けておりますので

恐れ入りますが

ご了承願います。

 

最近は男性のお問い合わせも

来るようになりました…

しかし

誰でも良いよー

安いよ安いよー

といったお店ではないので

お断りしております。

 

誰でも良いよー

安いよ安いよー

で受け入れた方が

売り上げは上がります。

生活も

今より楽にはなります。

 

しかし

私自身

しっかりと勉強もしている

技術のレベルを上げるため

努力もしている

だからこそ

本当に

気に入って下さる

相性も合うお客様を

大切にしたい思いがあります。

 

どこに行ってもダメ

お医者様から

これ以上どうもできない

原因が解らないから

なにも出来ない

と言われた方も

当店に足を運んで下さり

しっかりと

施術ベッドで施術をし

改善や効果を実感し

通って下さっている方が

おりますので

 

安いから行こうという考え

とりあえず行こうという

お店にして

本当に自分の身体を考え

当店を見つけて下さった方の

予約が取れなくなるのを避けたいです。

 

色々な場所を周り

やっと当店に辿り着いて下さった

そういう方ほど

リピーターになって下さっています。

 

開店より約10カ月が経とうとしています

来店データを照合した所

新規割引で見えたお客様

短い施術メニューのお客様は

正直、リピーター率は低いです。

 

ちゃんと全身を施術する

そういった方や

他店を知っている方ほど

当店の良さ

他店との違いを実感し

通って下さっております。

 

今後も

当店を見つけて下さった方を

大切にしていきたく

色々な面で

他店と違いすぎるお店ですが

ご愛顧のほど

何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。