なぜ過去は医療産業が儲かっていたの?!

年々、同業者が増えているようです。私は、他店の調査とかは全然していないのでわかりませんが、セミナーに行くと、これだけの人たちが資格取得後も私の様に勉強に行くのだな、と実感するのと、中には、無資格やOL、主婦といった、身体に興味があるという方の参加も見受けられます。

ただ、私の様に身体の業界に参入する人の中には、2つのパターンの人に分かれるのです。お金が稼ぎたいだけの人と、本当に人のケアをしたいという人、お金が稼ぎたいだけの人の場合、テクニックに走りすぎて、手に職をつけていれば食べていけるからと方法ばかりを身に着けて行こうとします。ちゃんと人のケアを出来る人になりたいという人は、テクニックの先を超えた世界も見始めます。

最近はIT化が進み、人がいなくても良い仕事が増えました。で、手に職で整体やらアロマを始めようとする人がいます。だから、教える人のほうが稼ぎ始めているのも事実です。誰かがカモになり、誰かが稼ぐそういうピラミッド構造は資本主義には永遠に付きまとうのでしょうね。学ぶのはとても良い事です。私も学び続けています。でも、本当に自分が何をしたいのかを念頭において習い事は始めましょう。ジプシーで終わる人生ですよ…また、儲かっていたの?というタイトルの様に、同業者が増えていく産業はいつか下火を迎えます。整体、アロマ、治療院系はもう昔の様には儲かりませんよ。儲けたいなら、人のやっていないアイデアを浮かべて実践してみましょう。

テクニックを習得すれば、それなりにお店は開けるでしょう、少し結果を出せばよいのだから、結果をだす、でもまた再発して1週間後なりにまた来てくれる、リピートしてくれればずっと稼ぎ続けられる産業です。

だから、医療産業が儲かるのです。

病気にならない人間がいれば医療は必要ないでしょう。体調管理をしっかりできれば、病院に行く必要はないのだから。

ガンだってそう、毎日全人類の身体の中に癌細胞は生まれ、死滅し、それを生きている限り繰り返しているのです。免疫システムや心のシステムが健康に活動していれば、病気にはならないのです。

でも、みんなストレスや痛みや色々な事を抱えるから、病気になる。私も以前は3カ月に1回は必ず風邪をひいていました。今は風邪はめったにひかなくなりました。風邪を頻繁にひいていた頃は、すぐに病院に行く、薬を飲む、毎日健康になれると信じてサプリメントを常用する。ストレスがあればアロマを嗅ぐ、という自分の力を信じずに何かに依存し続ける日々を送っていました。負のスパイラルです。

アロマ依存は危険です。脳のメカニズム的に好きな香りや自分にあう香りを嗅ぐことは心を充実させてくれてとても良いのですが、薬、サプリ、アロマの効能効果は結局は統計学でしかないのです。アロマを嗅いだからリラックスできた。よく眠れた、そういう効果もありますが、その裏には深い呼吸を繰り返し取り入れたから、という呼吸の大切さが隠れています。だから、アロマやお香をたく事で、良い香り~と息を大きく吸い込み吐き出すきっかけづくりには適しています。嫌いな香りを使うと呼吸か浅くなるので、注意です。効果効能よりも好きな香りで選ぶ方が良い場合もあります。

アロマは猫には危険と言われています。猫は嗅覚が優れています。ドッグフードよりもキャットフードの方が味付けや香りづけが凝っています。また、猫はグルメなので、フンもとても匂います…そういう繊細な動物にたいして危険と言われるアロマを使い続ける事に私を疑問視をすることがあります。

ただし、施術でオイルでリンパを流し体内の水のバランスを整えた方が良い方にはアロマの施術はします。そういった手段で取り入れるだけです。私自身アロマには依存していません。

何かに依存させると商売は繁盛します。だから医療産業が儲かるのです。自分で治せない所を治して貰えると依存が始まる事もあるから。

保険適用が出来る事で、安く診て貰えるし、依存しやすいのも大いにあります。アメリカは日本のようにそういう制度がないので、お医者様は外科医や歯科医がメインです。日本の様に内科だらけではありません。ドラッグストアはあっても、調剤薬局はめったに見ないですね。ドラッグストアでも結構強めの薬が医師の処方なしに手に入ったりします。ガンが致命傷だから、アメリカはガン保険が充実していますね。日本だって、ガン保険が入ってきたのは外資系からですし。

だから、日本では医療産業が流行り、アメリカでは保険や弁護士業が流行るのです。

ヨガやパーソナルトレーニングもアメリカで流行ってから日本にブームが来ました。理由は、アメリカ人は、日本のように国民健康保険制度がないから自分の身体を自分でケアする方法を知り、身に着ける事が得策だからです。

また、アメリカでは、メンタル系のクリニックやホメオパシーなどを取り入れる事で、自己免疫力や自然治癒力を高め、問題の改善に努めています。心が病気を招く事をしっかりと知っている国なのですね。値段は高くても、しっかり治れば、ちょこちょこ病院に行くよりも、時間やお金の無駄使いも減りますから。

最近甥っ子に、お医者様って儲かるの???と質問されました。儲かる医者もいれば、儲かっていない医者もいるよ。最近はお医者様も大変だから。と答えたばかりです。国民の何割かが真実に気が付き始めています。通い続けても気休めにしかならない医療に対して、他の方法がないのかと、そして自分で健康法を取り入れて、ちゃんとしたアドバイスやカウンセリングをしてくれる場所に出向くようになってきています。選ぶのは最後は自分なのですね。お医者様へのアンケートで自分がガンになっても抗がん剤や放射線は使いたくないとの結果も出ているのです。お医者様でさえ、薬の怖さに気が付き始めているのです。でも、日本の保険制度の中では、薬を出したり、通院してもらわないと稼げない事を知っているので、完治させることよりも、少しでも楽にさせる事に目を向けています。

病気で居続けたいのか、良い行動を選んでいくのか、人間は変化するのは怖いです。我が強い人ほど、治りたい、治りたいと言いつつも治らない答え探しばかりをするのです。治る答えもあるのに…

この真実に気が付く人がもっと増えて行ったら、医療産業や私のような整体師、アロマセラピストのお仕事はもっと下火を迎えていくのではないでしょうか??? 整体やアロマ、その他身体に良い事は色々あります。ちゃんとした方法と知識があれば、人を改善する事は可能です。でも、儲けたい、稼ぎたいだけでテクニックや方法、マーケティングやトークを身に着けても、心がこもってなければ、嘘の押し売りではないのでしょうか???本当に人を心身ともに改善できる方法が広まる未来を臨みます。

もどりが早いと悩む施術家さんへ

最近、勉強会に参加して周りから耳にする意見で、すごく多いな、と思うのが、戻りが早いという意見です…特に、治療院系や、時短を売りにしている、部位別治療をしている、身体全体を見ていない感じの方にこの戻りへの悩みが多い様に感じます。

では、戻りへの悩みを解消するにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、3つの事を念頭に考えて対処していくことが必要になってきます。

1つ目は、現在の生活様式を読み解く事です。その人の痛みの原因はどういう生活習慣から来るかを知る、よく使う足や手は?職場での座席の位置は?エアコンがどんな位置から身体にあたるか?移動手段は?まだまだ聞き足りないですが、カウンセリングをじっくりとする事。動きを見る事も大切です。カウンセリングをしている最中にも、顔の左右差を見る事、ほとんどの人はどちらかの顔が下がっています。鼻の穴の大きさも微妙に違います。見すぎずに見る訓練も必要です。

2つ目は、子供の頃からの習慣、考え方、努力の仕方、逆に怠け方を聞ければ聞き出す、これにより、プライドの高さや負けず嫌いか、優しすぎる人なのか、自分を責めるタイプか、他人を責めるタイプか、そこまでリーディングできればリーディングします。これで、心から来る痛みを開放できる場合があります。

3つ目は、今後どう過ごせればその人にとって良いのかの方針を決められれば決めていきます。戻りが早い人は、変化に対して怖さを感じる人もいるから、時間をかけて治療してほしい人の場合は、急に良くなった事への身体の拒否反応で、自分で変な動きをして悪くしてしまう人もいるのは事実です。

簡単に言うと、過去、現在、未来を見つめて繋げていく事。これも私達セラピストにとっては必要なツールであります。

この三つをしっかり聞き出すために、初回はカウンセリングだけという先生も最近はいます。初回にしっかり聞きだして、その人にあったセルフケアや生活様式、心のカウンセリングが必要な人にはカウンセリングをして、自助努力も勧めて、身体のメンテナンスをしていく、2回目の来店時にセルフケアでの改善や気持ちの変化を聞きだせば、さらに自然治癒力を自分で発動できる土台をちゃんと作ってあげているので、実際に2回目から治療をするという流れは私的には、治療院にはとても適していると考えます。

リラクゼーションサロンは空間演出やおもてなしで癒してあげつづ、非日常体験での心身解放効果を狙い、全身を見られるという利点を生かして、しっかりと初回ではお客様の身体の情報をキャッチしましょう。

リラクゼーションサロンでは出来ない事が治療院では出来る。逆もありますが、その場所に適したことをやって行く事が世の中にはとても良いと私は考えます。ライバル店なんて存在しないのだから。すべてのお店に全て良さがあるし、個性がある、悪い事をしていなければ、全てよいお店だし良い治療院です。選ぶのはお客様、ただそれだけの事。悪い事をしている治療院はお客様も一緒に悪人にしてしまうので、偽装保険請求はやめましょうね。

1つ目の現在の見立てに対する施術方針ですが、身体の使いかたの癖や顔の左右差をしっかり読み取ったのなら、頭蓋までちゃんとケアするべきか、痛い方側だけを解すのではなく、痛くなる原因を発する身体の使いかたが楽になれる筋肉をほぐしてあげるのか、導きだせます。右ひざが痛くても、左足腰に体重をかける事の積み重ねで、右ひざが痛くなることだってあるのです。

2つ目の過去の習慣にたいする見立てができれば、力加減も対応できます。強くやりすぎない方が良い人、逆にツボにしっかり入れてあげて、刺激で呼び覚ましたほうが良い人までも判断できます。繊細な性格、芸術家タイプの方は、優しい方が効果が出る事もあります。スポーツマンタイプ、痛い思いをするほど効果が出るタイプの人は、ツボ刺激も取り入れるのも手です。ただし、力任せだけの手技は絶対にやめましょう。ツボや凝りがあり流れを邪魔している場所は、力に頼らずに施術しても、痛いのです…骨を操作するのも力任せではなく、骨と繋がる筋・筋膜も同時に操作しながら行います。骨だけをなんとかしようなんて、身体がかわいそうです。

3つ目の未来に対して、人は、変化を恐れる性質の強い生き物です。だから入学式に対してのタイプが3通りに分かれるのです。楽しみになりすぎてハイテンションか、不安になってローテンション、何も感じない様に自分でセーブをかけて通常通りに振る舞う、これらは、変化する事に対して、自分で自分の心を個性にわけて順応させて変化から来るショックを回避しようとするから。だから、効果的な施術でも、その効果を不快に感じる人がいるのです。効果があった事を怖がって、施術を遠ざける人もいます。今までの自分が急にいなくなるのが寂しいから、病気でいる自分を愛しちゃう人もいるから、このタイプの方は、口では治りたいと言いつつも、奥が頑固だったりするので、見極めはとても難しいです。見極められたのなら、急にだと危ないので、少しずつ一緒に変化していきましょうね。との声掛けも必要なのです。見極められなかった場合は、自分を責めすぎずに、本人の意思に委ねましょう。本人が治りたいと決断しない限りは、踏み込んではいけない領域もあります。ハイテンションタイプの人は、良くなると、もっと無理のある動きや運動をしたがることもあります。よっしゃー身体の可動域が上がったから、階段猛ダッシュしてやるーみたいに。たとえ身体が楽になっても、昨日まで痛かった体を急に動かしてはいけません、それも伝えておいてあげましょう。戻りより悪化もあり得ますから…

もどりを防ぎたくて色々なテクニックを習得しようと頑張るのでしょうが、テクニックを習得しても、身体がなぜその痛みを発するのか、どういう生活習慣なのか、性格は?どっちが本当の利き足なのか、利き手なのかを判断しないとずっと戻りに悩み続けないといけないって事です。

勉強会に高額を払って参加すれば、テクニックや評価方法は教えてくれます。そして、それを試すとすぐに効果がでます。でも、痛い場所の評価と痛い場所の治し方を習ったところで、その人がなぜ痛くなるのかまでを見つめ切らないと、すぐに戻るのです。これが、どんなに上のランクまで目指して学んでも、凄腕にはなりきれないというオチなのです。お金を積めば、資格や免許、認定は簡単に手に入りますよ。その先が本当は大切です。習っても、本質が解らなければ、実情は認定書を貰い、自分の承認欲求を満たし自分を安心させてあげただけに過ぎないのです。

信頼関係を築く、心の奥も見る、カルマも見る、そこまで考えて人と接した時、かなり戻りを防げます。だからこそ相性も大切なお仕事なのです。相性や波長が合わないと、心の奥やトラウマ、カルマを私達セラピストに見せて解放させてくれませんから…信頼関係は何よりもすごく大切なお仕事です。

でも、勉強会に参加する方は、意志力高いな、と戻りに悩むことでは感心します。完全自費診療にするために勉強している先生に、私は尊敬の念を浮かべます。だって、うちの近所の治療院は、毎日通ってくれてなんぼって先生がまだまだいますからね。偽装カルテを毎日セコセコ作り、保険でやってはいけない事を保険でやるための、嘘ばかり並べたカルテ、保健所は無駄な仕事は増やしたくないから、田舎のそんな治療院は放置です。別にちゃんと見ていないんですよ。取り締まりが厳しくない時点で、まだまだ、日本にはお金があるらしいって事なんでしょうね。本当に、税金や保険のお金の使いかたが忖度だらけでも世の中動くって日本って平和で安全だなと思うけれど、保険の使い込みにより、保険料上がったらどうしようとか、将来の事を勝手に考えてしまう私もいます。

何より、そんな世の中にいても、セミナーに行って会話をする方は、人を憂い、自分も人も大切に出来る愛のある方とのご縁が強いので、素敵な同業者さんと一緒に学べる事では有り難い場だなと感じています。

藤井省吾先生に会って学べたこと。

昨日はJPR協会主催のサミットという集まりに参加しました。ものすごい数の人が集まっていて、YouTubeの威力や藤井先生のカリスマ性、指導力、テクニックに圧倒される充実した1日を過ごさせていただきました。

そこで、とても感じた事、見立ての大切さ、この人のここを開放してあげれば、可動域があがり、身体が楽になるという事、テクニックよりも深い裏の世界がある、何を当てはめて施術するかで結果も世界も変わる、まだまだだな、もっと磨いていきたいな、と実感しました。

また、勇気をもって、みんなの前に出てみた事で、もっともっとうまくなってたくさんの人の身体をより過ごしやすくできるセラピストになりたいとの意思も強くなってきました。

藤井先生は見立てもできる、エネルギー的にも開放できる、ラポールもできているから、効果が出るのだな、との実感もありました。

藤井先生の事を信じていない人が先生の手技を受けても、そこまで効果がでないか、出てもすぐに戻りがでます。

そもそも、施術事態の値段も高いので、信じていないと受けないと思います。全く信じていない人は、その先生の場所には行かないから、人と人が良くなり、向上していく事って信頼関係の上に成り立っているのだな、という事もとても痛感しました。

今、治療院業界やリラクゼーション、エステなどの産業がどんどん人が増えてきています。技術があればなんとかなる、技術があれば、会社がなくなっても自分の腕で出来ると考える人がいるから、でも、それで学んでいても、結局は最後は自分次第なのだなと痛感しました。どこまで自分が辿り着きたいか、人の痛みや悩みを取り切りたいか、でもそこに捉われすぎずに生きて行けるか、そういう所にも目指す道や見る道はあるんだとも考える1日でした。

経済的に見ていくと、こんなに人が介入してくる産業は時代的流れで長くは続かない場合もあります…

最近知った経済の流れをみてうまく行った人の状態は、はやり始めたものからは手を引き、人がやらないようなこと、周りがえっ何それ、知らない、わけわからないという事にいち早く着目し行動した人がお金を丸っともっていくという流れがあります。

お金が儲けたくて藤井先生の真似をしても、それは違うのです…自分がセラピストとしてどう生きたいか、本当に仕事が好きか、どんなことがあっても落ち込みすぎないメンタルを持てるか、にもセラピストの生き方はかかっているし、変わってくる、だから、心から仕事を愛して、人と向き合える自分でいたいとも思える1日を持つことができました。

セミナーに出る、高額を投資して学ぶ、それも必要だけれどもお客様と信頼関係を築く、でも自分に依存させすぎない、出来る最善をつくす、それを重ねて行く事に効果や人を癒せる力を出していける自分が出て来るのだと感じました。お金があれば、お金をつぎ込めば色々な情報は手に入ります。でも、人から習うばかりではなく、挑戦し続け、失敗も成功も色々な引出しを人生の中でたくさん積み重ねて行く事が本当は何よりも大切な財産だし、人に寄り添えるセラピストとして生きていける道なのではないかと私は考えました。

JPRサミットに参加してとても良かったです。でも、のめりこむかどうかとお客様を良くしていきたいために起こす学び方や動き方は人それぞれなので

捉われない、拘らない、偏らない、水の様な心でこれからもセラピストとして一人でも多くの人と向き合い、自分のメンタルを日々強められたら良いな

誰かにのめりこみすぎたり、依存しすぎると、自分がなくなり、何のために生きているのかわからなくなります・・・人と自分を比べすぎない、あの人みたいになりたいと思いすぎない、出来る事を真面目にコツコツやる、それが生きるコツだと私は思うのです。

でも最後にぶっちゃけ、私は前野先生に会えるのを期待してサミットに行ったのは事実です。ダメですね、のめりこみですね。気を付けます。