ストレッチって手技、勘違いしてませんか?

引きこもりがちな整体師のさとみです。

1ヶ月のほとんどは南足柄にいます。

月に1度か2度ほど都内に勉強のため出向く

月に1度は大好きな温泉に行く

あと1回は小田原にカラオケに行く

だから、月に4回くらいしか川沿いから離れていない

スーパーも徒歩3分、郵便局も徒歩5分、駅徒歩3分

自然豊かなのに好立地という環境のスナフキン気質の整体師

そんな、交流も少ない私がなぜ知識豊富なのか

めちゃくちゃオタクの様に本を読む、骨や筋肉を見ている

だから、身体の事の情報が周囲より進んじゃっているのでしょうね。

同業者と群れすぎたり、変なセミナーに行くと、情報が古かったり

その場しのぎの流行っている情報だけだったり

営利的に有利な情報で結局お客様には役に立っていなかったり

本当に身体の事で困っている人に当てはまっている情報じゃない

そういうことを今までの体感で感じて来たので

ちゃんと学べることは自分で学ぶのです。

そんな私が今日はストレッチについて言及したくブログに載せると決断

当店独自の手技を売りにしているので、あまりネットに載せたくない

けれど、別にこのブログの閲覧者多くないし

肉ばっかり食べて、飲酒している、周波数や波動の低いセラピストが

私の手技を盗めるわけはないから、(かなり上から目線で失礼しました。)

ストレッチについて言及します。

ストレッチを取り入れているサロンや整体院が増えています。

しか~しほとんどの場所が、静的ストレッチなのですよね・・・

残念です。

何故、貴方たちは静的ストレッチなのですか?

あなたたちは、筋肉の名前もちゃんと言えるでしょう

筋肉につての知識もあるでしょう。

でもね、それは、頭だけで知った知識であり

お客様の身体をちゃんと触って、指先で感じてきた事とは違いますね。

ストレッチをしている時に、感じた事はないですか?

静的ストレッチをすることで、逆に筋肉固まってしまった

どうしよう、ほぐしたくてストレッチしたのに、変化がないと

そういうお客様なり患者様にあった事はないですか?

あるのなら、あなたはちゃんと考えている方ですね。

それがなく、ただただストレッチをやっているセラピストさん

残念・・・

正直言って、タイ古式も残念な手技

タイ古式って健康な人に向けてやる方法で

寝たきりの人や、重症患者さんには出来ません。

あくまで、スポーツクラブに来るような人や

熱いお風呂に長時間入ってものぼせない様な

温浴施設に来るお客様向けの施術です。

ストレッチもしかりです。

身体が凝りすぎている、しかもその凝り方が

動かないでいた事による凝り方の場合は

静的ストレッチは本当に逆効果なのです。

動かないでいた事による伸びきった筋肉を

さらに伸ばしてどうするのですか???

私は、立ちっぱなしの仕事をした後に

静的ストレッチを行いすぎて腰痛を悪化させたこともあります。

で、大手の整体で施術を受けてみたら

躰、ものすごく柔らかいのに、どうしたのでしょうねとの返答

オイ専門家じゃないんか~いって突っ込みたくなりました。

で施術翌日に歩けなくなってしまったので、

自分なりのストレッチを考案し、改善した過去があります。

だから、身体の動かし方や、筋肉の捉え方は

世間で良いと言われていることでも

やり方を間違えたら、逆効果なのです。

では、どういう風にストレッチを取り入れるといいのか

伸ばした後に、伸ばしたストレッチのポーズを止めない

少し振動刺激をしたり、つま先なり動かしたり

筋肉の起点と終点を意識する事なのです。

起点に振動刺激をする事も優位です。

例えば、つま先を伸ばしてあげるストレッチをしたら

伸ばしたところで10秒停止とかするのではなく

ムリに伸ばそうとするのではなく、つま先を微弱に動かす

とか筋肉のらせん構造を意識して、流れを加えるとか

そういう工夫が必要なのです。

私達セラピストは、人の身体のメンテナンスのプロです。

個人的に出来る内容を提供するのなら

セルフストレッチ方法を伝えて、自宅で家族でやってもらうか

友達に手助けしてもらってストレッチしてもらえば良いのです。

情報は今溢れています。

別に、お店や治療院に行かないでも、身体は改善できる事も有る

なのに、情報弱者の人をカモにするようなサービスを続ける。

フェイスブックやインスタ、アメブロでお店の宣伝をしまくって

目についてくれた情報弱者から時間もお金も搾取する

それは本当に間違っています。

綺麗ごとや、うまい言葉でマーケティングはできます。

キャッチコピーが上手で、それを人目にどんどんつければ

購買者は増えていきます。

でも、その購買者の人を実は傷つけていたら・・・

本当にゾッとします。

目についたお店だから、身体をほぐしてほしいから行こう

という人目につきやすいお店なら来客者も増えます。

でも、そういうお店に行って身体が痛くなったと

私のお店に来てくれた人もいます。

大通りに面したお店、宣伝をかなりしているお店は

来客者は増えるでしょう、でも、正しい事をしているお店とは限らない

来客者が勝手に来るお店ほど、正しい事をして欲しいです。

来てくれたお客様が、満足するかしないかも大切ですが、

強いのが好きな人にやみくもに強くもんで身体を痛めつけたり

ストレッチで限界以上に伸ばしすぎたり

そういう事は控えて欲しいと切に望みます。

強いのが好きな人、伸ばされまくるストレッチが好きな人

そういう人にそれをすると、リピートしてくれるかもしれませんが

その行為が、余計その人の身体を傷つけ

疲れやすく、凝りやすい身体にしていることに気が付いて下さい。

だから、たださするだけが安全かって言うとそれなら安全だけれど

別に自分でもできるので、ちゃんと勘所を抑えないと行けません。

人の身体も楽器の様に、一人1人勘所が違います。

その人に合った勘所をその人に合った力加減で施術しないと

その人本来の素敵なメロディーは奏でられないのです

私達セラピストが最終的に目指す局面は

リピート率を下げる事だと最近は思います。

一度の施術で良く出来るのなら、それに越したことはありません。

だから、1度の施術で改善できるのなら、1度に10万頂いても良いのです。

それだけの仕事をしているのだから。

でも、正直な話、一度では難しいから、そこまで頂かないのですよね。

それに、1度で改善できても、生活習慣でまた再発の可能性はあります。

だから、生活の指導をする、経過を見守る、その為にリピートして頂く

そういう事も必要ではあります。

リピートは、お店の売り上げの為ではなく、最終的には

お客様、患者様の身体を良い状態に導くためなのです。

それなのに、間違った施術で、整体中毒、アロマ中毒にしては

本末転倒です。程よい来店頻度は、重症な方で1ヶ月目週3回

で様子を見て、減らしていく、1年間も週3回も通わせる必要はありません。

改善されたら、好きな頻度で来店出来れば良いじゃないですか。

歩いて来てくださったり、仕事ができる時点で、重症ではないですよね。

なのに、通わせまくるって悪徳商法ですよ・・・

正しい施術をする。また来たくなった時に来てもらう

来店頻度の指導をして欲しいという人にはしてあげる

それで良いのではないでしょうか???

売上向上マニュアルでは、来店頻度が多い方が信頼関係が増し

他のお店に浮気をしないので、自分のお店に取り囲むのが手です。

自分がやっている手技が正しいか正しくないかの見直しもせず

ただ、集客ばかりに専念してるセラピストが多く

どうしたもんだろうと思う今日この頃です。

投稿者:

さとみ

整体師歴14年、お客様の身体を考えた施術を心掛けております。 大切しなければいけない筋肉や細胞、組織を傷つけないよう、ポイントをとらえて身体の流れ、氣の流れまでも整えていきます。 そのため、強い施術方法ではありません。 ツボにしっかり入り、捉えどころをとらえるので、痛い場合もありますが、痛いのはその部位が悪い証拠です。良くなると痛くなくなるのでご安心ください。